ArrayProcessing

ドイツ

シミュレーション・ソフトウェア「ArrayCalc V8」内のオプション機能「ArrayProcessing」にはリスニング・エリア全体上のd&bラインアレーの音響性能を演算して最適化する強力なフィルター・アルゴリズムが組み込まれています。

「ArrayProcessing」はスペクトルの一貫性を高め、また明確なレベル分配で一貫性のある音色バランスを各リスナーに実現し、オーディエンスの一人ひとりが等しく優れた音質の恩恵を受けられるようにします。この最適化は「J-Series」や「V-Series」や「Y-Series」のラインアレー・ソリューションのクリアな音と音色バランスをさらに改善し、既存のd&bシステムを別次元へと高めます。

「ArrayProcessing」は異なるラウドスピーカー・コラムにターゲット周波数レスポンスも適用して、製品シリーズやコラム長やスプレー設定とは無関係に各アレーに同じ音質と一貫性を実現します。

ArrayProcessingはどのように機能するか

「ArrayProcessing」機能はオーディエンス・エリア上のラインアレー・コラムの機械的な垂直カバレッジ角度で決まるトーナル(スペクトラル)そしてレベル(スペイシャル)パフォーマンスを最適化すべく強力なフィルター・アルゴリズムを適用します。

d&bのシミュレーション・ソフトウェア「ArrayCalc」内では、リスニング・エリアに対するスペクトラルおよびレベル・パフォーマンスの目標を設定でき、またレベル下落やオフセットを特定のエリアに適用してレベルを低減したゾーンを作ることができます。

「ArrayProcessing」はFIRフィルターとIIRフィルターの組み合わせをアレー内の個々のキャビネットに適用して、わずか5.9 msのレイテンシーが追加されるだけで目標とした性能を達成します。これは距離に対するレスポンスの線形性を大幅に改善し,空気吸収をシームレスに補正します。

さらに「ArrayProcessing」は全システムが同じトーナリティを共有するようにd&bの全ラインアレーに同じ周波数レスポンス・ターゲットを用います。これによってアレーの長さやスプレー設定とは関わりなく一貫性のあるサウンドが提供されます。そのカバレッジの質はスペクトルの一貫性と明確なレベル分配によって高められ、長距離や狭隘なリスニング・エリアを効率よくカバーする、リニアなディスパージョンとシステム全体の指向性が実現されます。

システム要件

1.5 GHz Intel/AMDプロセッサー搭載のPC,Microsoft Windows 7/Windows 8,RAM 2 GB,ディスク空きスペース100 MB
または
Intel Coreプロセッサー搭載のMac,OS X 10.6/10.7/10.8/10.9,RAM 2 GB,ディスク空きスペース160 MB
スクリーン解像度1,024×768またはこれ以上

仕様は予告なく変更されることがあります。

その他の ソフトウェア

導入事例

イベント情報

サポート情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

更新情報

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

本 社:03-6457-6021 取り扱い製品に関するお問い合わせ
技術部:03-6457-6022 修理に関するお問い合わせ
受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ