Q-SUB

ドイツ

生産終了

「Q-SUB」はロング・エクスカーション18インチ・ドライバー1本を用いたアクティブ駆動の低コンプレッション・バスレフ・ラウドスピーカーです。

「D12」アンプで駆動する場合はd&b 社の「SenseDrive」テクノロジーを利用できます。「Q-SUB」は「Q1」と「Q7」との機械的な互換性を持っています。フロント・グリルと側板にある「Q-Series」のリギング器具用ソケット10個によって,フライングであってもグランドスタックであっても様々な組み合わせでの使用が可能になります。

「Q-SUB」のキャビネットは船舶合板製で耐衝撃塗装仕上げです。把手2個、頑丈なキャスター4個が取り付けられてあり、天板にはスピーカー・スタンドを受けるためのM20雌ねじフランジ1個があります。

キャビネット前面は交換可能な音響的に影響のないフォーム材で覆われた頑丈な金属製グリルで保護されており、背面には並列に配線されたEP5(またはNL4)コネクター2個があります。2本のランナーはキャビネット底面を引っかき傷から守ります。天板にはこれと似た形状をした窪みが設けてあり、スタックした際にずれを防止するようになっています。オプションの木製リッドを固定するための金具も設けてあります。

アンプ

「Q-SUB」をドライブするにはd&b社の「D20」または「30D」アンプを推奨します。スピーカー構成を適切に選択すればd&b社の「D80」「10D」「D6」「D12」の各アンプも使用できます。

仕様・定格

コンポーネント18インチ・ドライバー
最大音圧レベル(フリーフィールド内1 m,
クレスト・ファクター4のピンクノイズ使用)
D6使用時:129 dB
D12/D20使用時:133 dB
D80使用時:133 dB
パワー・ハンドリング能力(RMS/peak 10 ms)400/1,600 W
周波数特性(-5 dB,標準モード)40 Hz〜130 Hz
周波数特性(-5 dB,100 Hzモード)40 Hz〜100 Hz
D6/D12/D20/D80アンプ・チャンネル毎の駆動キャビネット数2
寸法(H×W×D)493×580×668(キャスターなし)mm
重量42 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。

ダウンロード

カタログ、仕様書、マニュアルなどをこちらからダウンロードいただけます。

その他の Q-Series

導入事例

イベント情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

サポート情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

更新情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

TEL03-6457-6021 受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ