CONTACT お問い合わせはこちら

mc²36 xp

mc²36 xp

mc²36xp SMALL FOOTPRINT WELL CONNECTED

LAWOのオーディオプロダクションコンソール mc² (エムシースクエア)シリーズに、このたび新たに加わったmc²36 xp。サーフェイスデザインは mc²36 mkIIと変わりませんが、 mc²36 xpはA__UHD COREを使用することによって最大256DSPチャンネルをサポートし、IPネットワークシステムにおける冗長性と、マルチスライスコンソールアレイを提供します。オーディオクオリティに定評のある mc²シリーズ、もちろん mc²36 xp もシリーズの他の製品と同様の音質を提供します。

mc²36 xp は、スペースに制限のあるベニューや中継車、プロダクションハブ内のオーディオスウィートにおいて、LAWOの一貫したコンソールデザイン・ユーザーエクスペリエンスの恩恵を得たいと考える皆様の期待にお応えします。

mc²36 xp は 1台のA__UHD CoreのDSPを、最大7台のバーチャルまたは物理コンソールサーフェイスと共有することが可能で、費用対効果に優れた高品位なオーディオプロセッシングを実現することができます。
※オプションの Pooling 8ライセンスが必要

mc²36 xp は mc²シリーズ共通の人間工学に基づいてデザインされており、 mc² 56やmc² 96と同じグレードのコントロールとタッチスクリーンを装備しています。 サーフェイス もmc²36 mkIIと同様に16、32、48フェーダーの3種類が用意され、ローカルI/Oも MIC/Line入力x16、Line出力x16、AES入出力x8、GPI/O x8、MADIポート(SFPタイプ)x1がバックパネルに装備されています。

mc²36 xp は、最先端のイマーシブ・オーディオ・ミキシング、関連するすべてのIP規格(ST2110、AES67/RAVENNA、ST2022-7)に対応しています。LAWOのHOMEにネイティブに対応しており、HOMEでマネージメントされる他のmc²コンソールとの間に、シームレスなプロダクションファイルの互換性を提供します。

SMALL FOOTPRINT — WELL CONNECTED

mc²36 xp ブローシャー
(英語版)

ダウンロードはこちら

mc²36 xp OVERVIEW

  • mc²36 mkIIと物理的に同一、
    オンボード・プロセッシング
    なし

  • 48kHz & 96kHz
    オペレーション

  • 16/32/48フェーダー
    搭載フレーム

  • 256 DSPチャンネル

  • A__UHD Coreと構成に応じた
    インプット/バス

  • I/O内蔵、LQWOグレードの
    マイクプリアンプ搭載

  • HOMEネイティブ -
    アナログのように簡単なIP設定

  • 関連するすべてのIP規格に
    ネイティブ対応

直感的なカラーコーディング

TFTは、Button Blowとタッチセンサー式カラーエンコーダーに加え、チャンネルストリップの色分けを可能にし、暗い場所でも可視性が向上し、迅速なアクセスが可能です

HIGH PERFORMANCE FADERS

mc²36 xp はmc²56と同様に防塵型の長寿命高性能フェーダーを備え、スムーズで正確なフェーダーを、長期にわたって提供します。

THE POWER OF DENSITY

mc²36 xpは、同シリーズが誇るクオリティを一切妥協することなく追求しています。卓越したオーディオ品質と、高い評価を得ているLAWOの信頼性と使いやすさを、狭い場所にも対応できるよう小さな設置面積で組み合わせられています。16フェーダーのOBトラック・バージョンの幅はわずか765mmというこのコンソールは、限られたスペースで高いパフォーマンスが求められる、あらゆる設備に最適です。48フェーダーのOBトラック・バージョンでも、デュアルフェーダー設計により、わずか幅1275mmのサイズとなっています。

OVERBRIDGE

CUSTOMIZABLE OVERBRIDGE VIEWS

本コンソールのオーバーブリッジは、チャンネル表示を適宜調整することで、お客様のご要望に対応することができます。重要なパラメータを選択して表示し、不要なパラメータは非表示にするだけです。メータリングは、すべてのフェーダーレベルをHDディスプレイに永続的に表示します。また、マルチローメーターを使えば、他のレイヤーやバンクからの信号も永続的にメーター表示することができます。

INTEGRATED LOUDNESS METERING

もともと放送用途に開発されたこの機能は、LAWOは内蔵のラウドネス・メータリングをライブや劇場等の用途にも役立つツールへと発展させました。これはITU1770(EBU/R128またはATSC/A85)に準拠したラウドネスコントロールを提供するもので、ピーク/ラウドネスを個別にまたは組み合わせて使用できるのが特徴です。またこのラウドネス・メータリング はSUM以外に個別チャンネルも計測することができ、これによってバックグラウンド・シンガーやブラス・セクションやストリングスやコーラス用マルチ・マイク・セットアップなどで、素早く便利な「視覚的」ミキシングを行うことができます。

REMOTE DESKTOP

LAWOのインテグレーションされたリモートデスクトップ機能は、サードパーティー製のソリューションを実行する複数の外部PCやオーサリングツールの設定を、コンソールのユーザーインターフェースにシームレスに統合することができます。ボタンを押すだけで、外部PC(またはプロセッサ)とそのソフトウェア・アプリケーションがコンソールの画面に表示され、コンソールのキーボード、タッチパッド、タッチスクリーンが包括的なコントロールを提供します。外部レコーディングシステム、エフェクトエンジン、その他のユーザーインターフェイーをシームレスに統合することで、より少ない機材で、エンジニアは中央のスイートスポッユーザーインターフェイス全体をコントロールすることができます。

CONNECTIVITY

LOW-NOISE DESIGN

このコンソールは低消費電力を最適化しており、低回転のファンを使用して冷却を行います。これは特に、ファンの騒音が気になる静かな制御室などの環境において重要です。

COMPREHENSIVE ONBOARD I/O

mc²36は、LAWOグレードのマイク/ライン入力 x16系、ライン出力 x16、AES3入出力 x8系統、GPI/O x8系統、およびSEPをローカルMADIアウトを備えた包括的なローカルI/Oを提供しています。

HOME

IPネイティブデバイスであるmc²36には、LAWOのHOME機能が搭載されており、IPセットアップをアナログと同じくらい簡単に行うことができます。このコンソールは自動的にデバイスを検出し、ボタンを押すだけで利用できるようにします。デバイス管理には、アクセス制御や不明なデバイスの隔離など、必要とされるセキュリティ機能が含まれています。HOMEは、ライブ制作環境のあらゆる側面とインスタンスを接続、管理、保護、処理するために設計されたIPベースのメディアインフラストラクチャの管理プラットフォームです。

MODELS

FEATURES

LISTEN SENSE

LAWO独自のListen Sense機能により、EQやダイナミクスなどのチャンネルパラメーターをオフラインで変更することができます。サウンド・エンジニアは観客に気づかれることなく、設定を調整して結果のPFLを聴くことが可能なのです。すべての設定が完了したら、エンジニアがオンラインで設定を変更することによってライブのセットアップが変わります。事前にチャンネルのEQを調整する時間がない場合など、気づかれないようにサウンドを調整することができます。

AUTOMATED MIXING ASSISTANTS

mc²36 xpの自動ミキシング機能には、自然なアンビエントレベルを一定に保ちながら、アクティブ・マイクとインアクティブ・マイクのレベルを自動で調整できるオートミックス機能があります。この機能は、特に複数のプレゼンターやパフォーマーが参加するライブプロダクションでユニークな機能を提供します。オートミックスは、モノラル、ステレオ、マルチサラウンドチャンネルなど、あらゆる信号に対して使用でき、サウンドのカラーレーションを低減してバックグラウンドノイズやクロストークを最小限に抑えます。トランケートセンテンス(truncated sentence)や、フェードインが遅れたりすることがなくなり、サウンド・エンジニアは全体のバランスと音質に集中することができます。また、このコンソールには、イマーシブオーディオからサラウンド、ステレオ、モノラルへのダウンミックス機能を搭載しています。 さらに、mc²36 xpは、サッカーやホッケーなどのスポーツ向けの LAWO の自動クロースボール・ミキシング・ソリューションである KICK 2.0にも設定されています。

Waves® プラグインインテグレーション

LAWO mc²36 xpは、Waves SuperRack SoundGrid® とのインテグレーションを提供しており、A__UHD Coreのプロセシングエンジンに加えて広範なリアルタイム信号処理用のソリューションを提供します。
このシステムによりオペレーターはWavesの豊富なプラグインセレクションにアクセスでき、コンソールのキーボード、タッチスクリーン、ロータリーエンコーダーを介してリバーブ、マルチタップディレイ、グラフィックイコライザー、マルチバンドコンプレッサーなどのプラグインを簡単にコントロールすることができます。画面やコントロール機器を追加する必要がないため、外部ハードウェアを最小限に抑え、すっきりとした作業空間を実現します。すべてのプラグイン設定は、コンソールのスナップショットやプロダクションファイルで保存・リコールが可能です。

SPECIFICATIONS

  • コントロールパネル
    • 16、32、48フェーダー付きフレーム
    • それぞれが2つのレイヤーを持つ6つのバンク
    • 100mmフェーダー+割り当て式ロータリーノブ x1個+タッチセンスでモジュール表示が変わる各フェーダー用のチャンネルディスプレイ
      (48フェーダーバージョン:上記x 32、60mmフェーダー x 16、Input Gainエンコーダー、チャンネルディスプレイ、左上半分に表示)
    • TFTメーター表示:バス割り当て、ダイナミクス用ゲイン・リダクション、AfVステータス、VCA割り当て、ミックス・マイナス、信号パッチング、メーター選択、Automixステータスを含むモノ/ステレオ/最大7.1
    • 外部モニターへのGUIページ出力(メータリングなど)
    • セントラルユーザーボタン x10個、セントラルユーザーエンコーダー x2個、トークバックボタンx1個、フェーダーユーザーボタンx2個(各8機能搭載)
    • オプション:スクリプトトレイ、ダイナミックTCオートメーション
  • シグナルプロセシング
    • 40-bitフローティングポイント
    • 256 DSPチャンネル(入力とバスの数は A__UHD Core構成により異なる)、9.1.6 までのイマーシブオーディオに対応
    • A/B入力付きの最大240入力、最大128個のAUバス、最大96個のグループ、最大96個のメインSUM、仮想ミキサーごとに最大32個のAutomixグループ、最大128VCAグループ(メータリング付き)、256個のGPチャンネル
    • すべてのイマーシブチャンネル数の3Dマルチチャンネル・ダウンミックス
    • チャンネルとバスをモノラル/ステレオ/サラウンドに高速で切り替え可能
    • AFL x2:イマーシブ24チャンネル×1、ステレオ×1
    • PFLステレオ x2
    • 255個のイベント、Ember+やGPI、マトリックス接続による制御、最大10秒のフェードタイムエンベロープを備えるAudio-follow-video
    • 5つの独立したダイナミクスモジュール:エクスパンダー、ゲート、コンプレッサー(パラレルコンプレッションを含む)、リミッター、ディエッサー;イメージ、メーター、ダイレクトアウト;マルチチャンネル・プロセッシング
    • チャンネルディスプレイのINPUT、PF、AF、DIROUT、TRACKメーターポイントの調整可能
    • EBU R128およびATSC A/85に準拠したラウドネス測定機能(各チャンネルでモーメンタリまたはショートターム、サムチャンネルで統合測定、ヘッドラインに統合LUFS値を表示可能
    • モジュール: MSデコーダー付INMIX、デジタルアンプ、2バンドフルパラメトリックフィルター、4バンド・フルパラメトリックEQ、2バンド・フルパラメトリックサイドチェーンフィルター、インサート、最大1800msのディレイ - 切り替え単位:メーター、ミリ秒、フレーム
  • オーディオ・ハンドリング
    • HOME - ネットワークリソースをダイナミックにサポートするルーティング
    • RX及びTX音声用内部マトリクス
    • 最大512のRX及びTXストリームに対応
    • ストリームサイズ:1~128音声チャンネル
    • 最大96 kHz、24-bit
    • イマーシブオーディオからステレオへのダウンミックス
    • 遠隔地用のインテグレートされたモニタリングデバイス(ディレクタールーム等)
    • 1016個の内部ループバックを搭載
    • マトリクスやDSPサイズに依存しないフルスナップショットおよびプロダクションの可搬性
  • Waves®プラグインインテグレーション
    • Waves SuperRack® SoundGridインテグレーション、プラグインパラメーターをスナップショトやプロダクションデータに保存可能
  • インターフェイス
    • MIC/Line In、Line Out、AES3、MADI、ST2110-30/-31/AES67//RAVENNA、GPI/O、MIDI
    • ヘッドフォン
  • 同期
    • Blackburst*、Wordclock、PTP Slave、Grandmasterに対応
      (*) Blackburstは将来のハードウェアリビジョンで対応予定
  • 冗長性
    • 電源ユニット、ネットワークインターフェース(SMPTE ST2022-7 Class C)
  • コントロールユニット
    • グローバルなA/B/C入力切替
    • 独立したoff-airカンファレンスを持つ強化されたミックス・マイナス制御
    • 全レベルパラメーターのフェーダーコントロール
    • 多彩なタリーモードとフェーダースタートモード
    • プログラム切替
    • DAWマシンコントロール
    • Audio-follow-Video、最大128個のカメラタリー、イーサネットまたはGPI制御
    • GPIまたは電圧制御によるカメラマイクリモート
  • リモートメンテナンス
    • リモート・ソフトウェアmxGUIによる接続
    • ソフトウェアアップデート、エラー診断、リモートアシスタンス
  • 外部制御システム
    • Ember+コントロール・プロトコル経由ですべてのルーティング、マトリックス監視ユニット、チャンネルパラメーターをリモート制御
    • mxGUI:Windows®/AndroidまたはmacOS/iOSのラップトップやタブレットを使ったリモート制御
    • 外部マトリクス・コントローラー:Lawo VSM、EVS Cerebrum、Broadcast Solutions Hi、GV Ignite、Ross Overdrive & Acuity、Vizrt Viz Mosart、その他
  • 寸法&重量

    16フェーダー STUDIO / LIVE バージョン

    • 寸法:833 x 820 x 380 mm / 32.8" x 32.3" x 15.0"
    • 重量:38kg / 83.4 lbs

    32フェーダーSTUDIO / LIVE バージョン

    • 寸法:1343 x 820 x 380 mm / 52.9" x 32.3" x 15.0"
    • 重量: 54 kg / 119.1 lbs

    48フェーダーSTUDIO / LIVE バージョン

    • 寸法:1343 x 820 x 380 mm / 52.9" x 32.3" x 15.0"
    • 重量: 56 kg / 123.5 lbs

    16フェーダーOBトラック・バージョン

    • 寸法:765 x 821 x 362 mm / 30.1" x 32.3" x 14.3"
    • 重量: 37 kg / 81.6 lbs

    32フェーダーOBトラック・バージョン

    • 寸法: 1275 x 821 x 362 mm / 50.2" x 32.3" x 14.3"
    • 重量: 53 kg / 116.9 lbs

    48フェーダーOBトラック・バージョン

    • 寸法:1275 x 821 x 362 mm / 50.2" x 32.3" x 14.3"
    • 重量: 55 kg / 121.3 lbs

その他のオーディオ・プロダクション・コンソール

CONTACT US お問い合わせはこちら

本 社:03-6457-6021 取り扱い製品に関するお問い合わせ
技術部:03-6457-6022 修理に関するお問い合わせ
受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ