HOME

ドイツ

WHAT IS HOME?

HOMEは、IPベースのメディアインフラのための管理プラットフォーム。ライブプロダクション環境のすべてのアスペクトとインスタンスを接続し、管理し、保護するために設計されています。HOMEは、エンジニアとそのツールを迅速かつ効果的に連携させるためのツールと一元化のサービスを提供します。

HOMEはクラウドネイティブな設計で、システムの規模に関わらず、どこでも実行できるようになっています。HOMEを使えばクラウドはあなたのキャンパスで始まり、プライベートでローカルなものであり、様々なデバイス、セットアップ、サイト、ハブ、データセンターをパワフルで俊敏なネットワークへと、迅速かつ完璧に安全な方法で変えることができます。

HOMEではデバイスの発見は自動的に行われ、ネットワークへの登録と許可はボタンを押すだけで完了します。

IP化の進展に伴い、オペレーターの関心はIPを導入するかどうかではなく、IPのポテンシャルについていかに最小の労力で最大の効果を得るかに移っています。このような状況の中で、HOMEはオペレーターが今日、そして明日に直面するすべての緊急課題を解決します。プラットフォームを問わず、直感的なユーザーインターフェースで、すべての問題を解決することができるのです。

WHAT HOME ADDS TO YOUR LAWO SETUP

  • デバイスの発見と登録
  • デバイス管理
  • 操作性
  • システムセキュリティ
  • 俊敏性
  • スケーラビリティ

DISCOVERY & REGISTRATION

熟練したシステムアーキテクトやオペレーターであれば、今日(そして明日)の最も差し迫った課題は、パブリッククラウドで可能な限り多くのリソースを活用することではないことを確認できるでしょう。既存のソリューションの登録や発見、セットアップの展開の簡素化などが、はるかに重要な課題となっています。時は金なり、俊敏なマネジメントが鍵となります。

HOMEは、互換性のあるデバイスを自動的に検出することで、このIPの複雑さを解決します。これらのデバイスは、名前、場所、ステータス、タイプを含めて1つのセントラルロケーションに登録されます。これは、Lawo社とサードパーティのソリューションの両方に適用され、後者はNMOS IS-04*を介して適用されます。

HOMEに登録されていないデバイスは、ネットワーク上に現れた時点で隔離され、ネットワークに好ましくない影響を与えないようにしています。以下の「セキュリティ」の項目も参照してください。登録されたリソースはすべてインベントリ・リストに表示され、デバイス固有の設定への入り口となります。

DEVICE MANAGEMENT

生放送の現場では、機器の汎用的なパラメータ設定や送受信機の設定など、機器の設定をスピーディーに統一することが求められています。また、設定内容を保存したり、呼び出したりできることも歓迎されています。

HOMEは、クラウドネイティブなアーキテクチャを採用しており、これらのプロセスのミッションコントロールとなります。クラウドネイティブなアーキテクチャを採用したHOMEは、これらのプロセスのミッションコントロールとなり、制御対象のエンドポイントに関わらず、簡単に調整できる統一されたユーザーインターフェースを介して、デバイスのパラメータに素早くアクセスできます。

OPERABILITY

必要なストリームの接続が完了していれば、オペレーターはHOMEの直感的なユーザーインターフェースを使って機器のパラメータを直接制御することができ、別途コントローラを用意する必要はありません。これにより、オペレーションのスピードアップと効率化を図ることができます。

HOMEは放送局のコントローラーを置き換えるものではなく、それを補完するものであり、設定や操作のスピードアップに貢献しています。

HOMEで編集できる項目は、ルーティングページでの設定、オーディオパラメーターのコントロール、バーチャルミキサーとフィジカルサーフェスの接続、チャンネルマッピングとストリームパラメーターの設定、ラベリング、ライセンス管理など、多岐にわたります。 スナップショットの作成やマルチビューワーのコントロールなど、HOMEの機能が進化していけば、他のアプリケーションも増えていくでしょう。

SECURITY

制作スタッフが作成し、ネットワークを介して転送されるコンテンツは、オペレーションにとって最も貴重な資産であり、その発生源や経路が何であれ、適切な保護が必要です。堅牢なセキュリティシステムは、メディアインフラとコンテンツ制作のすべての側面をカバーする必要がありますが、重要なのは、そのシンプルさ、初期設計と展開、そして継続的なメンテナンスとサポートにあります。

HOMEでは、以下の重点分野に基づいた3層のセキュリティ戦略を提供しています。

ネットワーク保護

オンプレミスで運用されているネットワークを、望ましくない巻き添え被害から守ることで、セキュリティを開始します。未知のデバイスは、オンラインになると隔離されます。手動で許可された後、ホームネットワークと信号を交換することができます。IEEE802.1Xに準拠したネットワークセグメンテーション方式を採用しています。

ユーザー認証

ユーザーの役割、グループ、権限を一元管理するユーザー管理システム*をベースに、システム全体での認証を行っています。LDAPベースのサービスにより、ユーザーはHOME内でも、Microsoft® Active Directoryなどの企業のITインフラを経由しても認証を受けることができます。

トランスポートセキュリティ

HOMEのアーキテクチャは、ユーザーインターフェース、制御データ、メディアエッセンスのためのトランスポートレイヤーセキュリティのようなサービスを管理するために準備されています。HTTPS、RADIUS、MACsec、IPsecなどの確立されたITセキュリティメカニズムを利用しています。

*2021年末までに導入

UI DESIGN

HOMEは、LUX(Lawo Unified Experience)を用いてゼロから設計・構築されています。LUXとは、お客様を第一に考えたソリューションを構想、設計、構築するためのフレームワークで、Lawoのポートフォリオ全体のユーザーエクスペリエンスとデザインの基準を定義しています。

徐々に複雑さを見せる

HOMEが提供する機能は、独立した一つのUIに限定されるものではありません。ワークフローは、最も一般的な目的に合わせて最適化されており、技術的な専門家でなくても、可能な限りシンプルで効率的なものになっています。しかし、複雑な技術的詳細や強力な低レベルの機能が必要な場合は、すぐに手が届くようになっています。

シームレスな統合

HOMEが提供する機能は、一つの独立したUIに限定されるものではありません。例えばmc²のコントロール・サーフェスでは、必要な場所にHOMEの機能が統合されており、LUXデザイン・ランゲージを活用しています。おなじみのシグナル・リストは、新しいインタラクション・パターンを反映して更新されました。一目でわかるデザインはそのままに、よりパワフルでフレキシブルになりました。

コンテクストがすべて

コンテクストの切り替えは生産性を低下させます。HOMEでは、異なるコンテクスト間で共通の情報やアクションを提示することで、特定のタスクを達成するために異なる画面を行ったり来たりする必要がありません。

ARCHITECTURE

ラインマネージャーやCFOにとって朗報です。クラウドベースの機能を使っても、24時間365日稼働している外部サービスプロバイダーにサービスを委託しなければならないわけではありません。

HOMEでは、クラウドはあなたのキャンパスで始まり、プライベートでローカルなものであり、あなたが望むときに拡張することができます。

HOMEプラットフォームは、マイクロサービスという機能ブロックを管理するように設計されています。マイクロサービスは自己完結型で、オペレーターや他のサービスに機能を提供します。このアーキテクチャの上に、HOMEは、V_matrixの設定やA_lineエンドノードのパラメータ設定など、インフラを管理するためのコーポレートユーザーインターフェースを提供します。

システムの規模や地理的に拡張する必要がある場合、HOMEは自動的にシステムに合わせて拡張します。インストールの規模が大きくなって、より大きなディスカバリーや登録機能が必要になった場合、必要なリソースのインスタンスを簡単に追加することができます。また、新しい拠点が増えた場合には、より多くのHOMEインスタンスを追加し、互いにネットワーク化することで、どこからでもすべてのリソースにアクセスできるようになります。

この仕組みは、システムの耐障害性を高める場合も同様です。HOMEがホストするサービスは、ロードバランシングモードで動作し、他のサービスが突然オフラインになっても、いつでも引き継ぐことができます。

HOMEのクラウド・ネイティブ・アーキテクチャは、ハードウェアの制約を受けません。そのため、自社のサイトや拠点だけでなく、データセンターやサードパーティのサービスプロバイダにも自由に拡張することができます。これは、オンプレミスやリモートのプライベートクラウドでホストされているサービスの運用を橋渡しするための最適な方法となります。

HOMEの基本方針のひとつは、可能な限りオープンスタンダードを採用し、幅広い互換性を確保することです。これにより、HOMEはIPベースのメディア制作環境のための、柔軟性とリソース利用を最大化する将来性のある管理ソリューションとなっています。

  • クラウドネイティブ、スケーラビリティの追求
  • 堅牢な冗長化戦略
  • VSMのような放送制御システムを補完するHOME
  • コンテナ化されたアーキテクチャー、完全なクラウドベースですぐにスピンアップ可能

SPECIFICATIONS

デバイスディスカバリーとアドミッション
  • デバイスディスカバリーとアドミッション
  • 内蔵DHCPサーバー
  • 内蔵DNS
  • 機器のIPアドレスのアドレスレンジの定義と自動割り当て
  • ポート機能に応じたVLANポートの自動割り当て
ネットワーク管理
  • OpenConfigへの対応
  • ネットワーク設定情報の取得
ユーザー認証
  • LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)*に対応し、Microsoft ADなどのディレクトリサービスに接続可能
デバイス認証
  • RADIUS機能を搭載
  • IEEE802.1X
  • 認証されていないデバイスをメディアネットワークから排除するための自動隔離機能を搭載
WebUIフロントエンド
  • プラットフォームに依存しない(モバイル機器でも動作可能)
  • HTTPSによるセキュアな通信が可能
デバイスディスカバリー*
  • NATSによるファーストクラスの市民権を持つデバイス(Lawoデバイスなど)への対応
  • NMOS IS-04/IS-05に準拠したサードパーティ製デバイスの検出が可能*
対応ストリーミング規格
  • SMPTE 2110、RAVENNA、AES67
初期デバイス互換性(V1.0)
  • Power Core (Audio Production)
  • A_stage
  • A_UHD Core
  • mc² consoles
  • Nova73 RAVENNA cards
拡張デバイス対応*
  • V__matrix (C100)
  • Power Core (Radio)
  • R3LAY
アーキテクチャ/冗長性
  • マイクロサービス・アーキテクチャーとして構築されたターンキー・ソリューション
  • クラスタ化を前提とした設計(アクティブインスタンスの同時使用、マスター/スレーブの冗長性なし)

*Availability: H2.2021

資料ダウンロード

  • LAWOビデオ製品 ブロッシャー(2.4MB)

    DOWNLOAD

その他の IPインフラストラクチャ・マネジメント

導入事例

イベント情報

サポート情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

更新情報

オタリテックは映像機器、音声機器から
IP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。
また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

本 社:03-6457-6021 取り扱い製品に関するお問い合わせ
技術部:03-6457-6022 修理に関するお問い合わせ
受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ