V_matrix

ドイツ

Software-defined IP-Routing & Processing Platform.

Flexible – forceful – future-proof

ある人はクラウドと呼び,またある人はバーチャライゼーションと呼びますが、私たちはこれを「V_matrix」と呼びます。この新しいIP放送ビデオ・コア・インフラストラクチャー製品は、放送施設を将来に備えた柔軟な制作施設へと素早く変え、幅広いワークフローに対応し、完全にIPベースの環境への移行をサポートします。

V_matrix はこの種の最初のものです。旧来のハードウェア・プラットフォームの制約から解放されてV_matrix は完全にバーチャル化されたリアルタイム・ルーティング/プロセシング・インフラストラクチャーを提供します。

複雑な制作チェーンの中に単機能のモジュラー製品をはめ込むのではなく、V_matrix は柔軟性というデータセンターの原理やファブリック・コンピューティングとCOTSエコノミクスに基づいており、ライブ制作放送環境で上記のことを利用できるようにします。OBトラックやテレビ・スタジオや放送運営センターのいずれであれV_matrix は完全にバーチャル化されたコア・インフラストラクチャーを作ります。

V_matrix エコシステムは汎用の大容量FPGAベースのコア・プロセシング・モジュールに基づいており、そこにバーチャル・モジュール(VM)がロードされて、必要とされる機能を作り出します。

複数のコアがリダンダントな10GEおよび40GE接続によってIPネットワークにつながれて分散化IPルーティング/プロセシング・マトリクスを形成し、旧来のベースバンド・マトリクスのようなフレーム精度のクリーンなスイッチングを提供します。

V_matrix エコシステムは数十から数千の入出力と処理機能へと文字通り拡張され、どのような規模の生放送設備にも最適になっています。能力も同様に簡単に拡大されます。制作ワークフロー全体は制作毎に要求が異なる場合に短時間で再マッピングできます。コア・プロセシング・モジュールの機能は交換できますので、つねに変化するビジネス要件を対処できるようにシステムの能力を簡単に変更したりアップグレード可能です。

汎用コア・プロセシング・モジュールの集合体であるV_matrix は究極の柔軟性をお届けします。機能はソフトウェア定義なので設定と呼び出しを活用して、季節的な制作需要のピークや谷をこなすことができます。

LAWOの独創的なライセンシング・モデルを採用していますので、VMは特定のコア・プロセシング・モジュールに割り当てたり、オンサイトのライセンス・サーバー内に保存でき、高い柔軟性が得られます。

NEW:V_matrix用バーチャル・マルチビューワー・モジュール

V_matrix のバーチャル・モジュール(VM)である「vm_mv24-4」と「vm_mv16-4」は、c100コア・プロセシング・モジュールにロードされると、高品質のマルチビューワー機能をV_matrix エコシステムにもたらします。

IPとSDIの両ソースを扱えるV_matrix マルチビューワーのバーチャル・モジュールは、ピクセルまで完璧なモザイクを超低レイテンシーで生成しながら、非圧縮の4K/UHD、3G、HD、SDビデオ、エンベデッド・オーディオとディスクリート・オーディオの両方をモニターできます。

「vm_mv24-4」は24個までのソースあるいは最高36 GbpsのIPもしくはSDIビデオをモニターでき「vm_mv16-4」は16個までのソースあるいは最高24 Gbpsを扱えます。

両方のマルチビューワーVMは4個までの出力ヘッド(モザイク)を生成し、任意のソースを任意の出力ヘッド上に制約なしに表示して拡大縮小することができます。同じソースを複数の出力ヘッド上に異なる解像度で表示できます。出力ヘッドはHD、3G、4Kのいずれかに設定でき、IPインターフェイスを介して、またはモジュールのリア・パネルのI/Oを用いて、SDIとして出力できます。

また両VMはオプションでSMPTE2042 VC-2圧縮済み映像をサポートし、それぞれの処理能力の上限に達することなくより多くの3Gおよび4K/UHD信号のモニタリングを可能にすることで、モニタリング能力をさらに高めます。例えば「vm_mv24-4」および「+vc2」オプションがあれば12個までの4K/UHD 信号を1つのモザイク内で監視/表示できます。

VC-2オプションはIP出力ヘッドを圧縮できる能力も持ち、これによって4K/UHDモザイクを10GbpsのIPネットワークで転送することが可能になります。

V_matrix マルチビューワーVMはLAWOの画期的なタッチ操作式のコンフィギュレーション・システム「theWALL」によって制御されるように設計されました。このユニークなHTML5ベースのGUIはボーダーやカラー、UMD、タリー等のあるモザイク・コンフィギュレーションをドラッグ&ドロップによるシンプルなものにします。

V_matrix の主な特徴

  • 機能がソフトウェアによって定義される、大容量汎用演算モジュールを用いた世界初のバーチャル化放送エコシステム
  • 統一化されたルーティング/プロセシング・コア・インフラ
  • ソース/デスティネーションで時間設定されたフレーム精度のクリーンなスイッチングをサポート
  • 複数のネットワーク化プロセシング・モジュールにわたる分散化プロセシング
  • 統一化された制御システム(VSM)を用いてのシームレスなSDIからIPへの移行
  • 従来のSDI機材の高密度IPへの変換(3RU内に最高160入出力)
  • リソースを最適活用:専有面積、消費電力、スペア保管とケーブル配線を大幅に低減
  • 信号、ネットワーク、制御、ハードウェアに対する洗練されたマルチレイヤー・リダンダンシー
  • 分散化運用とデータセンター・スタイルの集中化運用の両方に合わせた設計
  • AIMSロードマップに則したオープン・スタンダードに準拠:SMPTE 2110-10/20/30/40,2022-6/-7,2042 (VC-2),VSF TR-01,AES67,Ember+

仕様

V_matrixフレーム

集中ビデオ基準入力:

アナログ・ゲンロック高精細3レベル同期SMPTE-274M/296M)またはアナログ・ゲンロックSD 1V BB SMPTE-170M/318MあるいはSDI×1,リファレンス・ループバック×1

集中管理ポート:

RJ45 100/1000Base-T×1,SFPスロット×1

フレーム機構:
  • 寸法(H×W×D):44/88/132 mm(1/2/3RU)×481 mm(19″)×458 mm
  • 重量:5 kg(V__matrix2),7 kg(V__matrix5),8 kg(V__matrix8)
  • インジケーター:PSU毎に電源ステータス×2
  • 電源:コネクター:リダンダントIEC×2,入力電圧:AC 100 V±10%(50/60Hz),ホットスワップ可能
  • 最大消費電力:V__matrix2 < 400 W,V__matrix5 < 1,000 W,V__matrix8 < 1,000 W

C100コア・プロセッシング・モジュール

インターフェイス:
  • QSFP+×2:それぞれが40GEイーサネットまたは10GEイーサネット×4として構成可能、RJ45 100/1000Base-T専用管理ポート×1,USBコンソール・ポート×1,PPS(pulse per second)出力×1 ビデオ・リファレンス:
  • IEEE1588 PTPv2 / SDI /アナログ・ビデオ・リファレンス(Tri-Level,BB) / IPビデオ・ストリーム
管理:

プロトコル:HTTP,SNMPv1,Ember+,Syslog,ユーザー・インターフェイス:Embedded HTML5ユーザー・インターフェイス、管理インターフェイス:帯域内管理および制御のために保証された最小帯域幅を持つ帯域外および帯域内管理

インジケーター:

ステータスLED×1,ステータスLED×4:QSFP+ポート毎,OLEDステータス表示×1:タッチポイント付きのモノクローム表示

環境仕様:

使用環境温度:0〜+35˚C、必須エアフロー:C100ブレード毎に> 26 qbm/h、最大320 qbm/h、保存環境温度:-20〜+70˚C.相対湿度:< 90%、結露なきこと、換気/空気の流れ:前面から背面への通風で冷却、ノイズ放射:C100コア・プロセシング・モジュール毎に< 58 dBA、電磁環境:E2 (EN55103-1,-2)

入出力リア・プレート

io_bnc_10+10 入出力リア・プレート

12G* /6G* /3G/HD/SD-SDI入力(マイクロBNCコネクター)×10,12G* /6G* /3G/HD/SD-SDI出力(マイクロBNCコネクター)×10,マイクロBNCアナログ・ビデオ基準入力(マイクロBNCループバック付き)×1

io_bnc_18+2 入出力リア・プレート

12G* /6G* /3G/HD/SD-SDI入力(マイクロBNCコネクター)×18,12G* /6G* /3G/HD/SD-SDI出力(マイクロBNCコネクター)×2,マイクロBNCアナログ・ビデオ基準入力(マイクロBNCループバック付き)×1

io_bnc_2+18 入出力リア・プレート

12G* /6G* /3G/HD/SD-SDI入力(マイクロBNCコネクター)×2,12G* /6G* /3G/HD/SD-SDI出力(マイクロBNCコネクター)×18,マイクロBNCアナログ・ビデオ基準入力(マイクロBNCループバック付き)×1

リターン・ロス

SD:> 15 dB,HD:> 15dB,3G-HD: >15 dB 5 MHz〜1.485 GHz,>10 dB 1.485 GHz〜2.97 GHz

ケーブル長(Belden1694A 使用):
  • SD:>350 m,HD:>180 m,3G-HD:>120 m

*)12Gと6Gはコネクターの半分でのみ利用可能

vm_streaming バーチャル・モジュール

映像規格

2.97Gbps映像規格(1080p)
 1080p 60Hz SMPTE-424M,425M Level A & Level B
 1080p 59.94Hz SMPTE-424M,425M Level A & Level B
 1080p 50Hz SMPTE-424M,425M Level A & Level B
1.485Gbps映像規格(HD)
 1080i 60Hz SMPTE-274M(4),-292M(D)
 1080i 59.94Hz SMPTE-274M(5),-292M(E)
 1080i 50Hz SMPTE-274M(6),-292M(F)
 1080p 30/29.97/25/24/23.976sf
 1080p 30Hz SMPTE-274M(7)-292M(G)
 1080p 29.97Hz SMPTE-274M(8)-292M(H)
 1080p 25Hz SMPTE-274M(9)-292M(I)
 1080p 24Hz SMPTE-274M(10)-292M(J)
 1080p 23.976Hz SMPTE-274M(11)-292M(K)
 720p 60Hz SMPTE-296M(1),-292M(L)
 720p 59.94Hz SMPTE-296M(2),-292M(M)
 720p 50Hz SMPTE-296M(2),-292M(M)
270Mbps映像規格(SD)
 576i 16:9 and 4:3 SMPTE-259M(C)
 480i 16:9 and 4:3 SMPTE-259M(C)

カラー・スペース

REC 601,REC 709,REC 2020

映像解像度
  • 10ビット4:2:2,12ビット/4:4:4:4*
    *)将来リリース
ビデオのカプセル化

SMPTE2022-6を用いたロー/非圧縮3G-SDI 10ビット4:2:2カプセル化および復カプセル化インスタンス.レイテンシー< 1ライン

IP/イーサネット・プロトコル

IPv4/IPv6,IEEE1588 PTPv2(通常のクロック),IGMP v2&v3/MLD,タグ付きVLANのサポート(4096)マルチキャストおよびユニキャスト

音声規格

マイクロBNCコネクター(オプションのリア・プレート)を介するSDIエンベデッド・オーディオ、SMPTE 299/48

音声解像度

24ビット48 kHz,24ビット96 kHz*
*)将来リリース

映像/音声出力同期

外部基準クロックへのゲンロック,IP PTPマスター・クロック・ベースのリファレンスまたはSDI/IP入力へのゲンロック、Autophaserインスタンス×20(@3G-SDI)

シームレスな保護切替(ヒットレス・マージ)

SMPTE2022-7準拠

サムネイルとPPMモニタリング

JPEGサムネイルおよびPPMデータの入出力ストリーミング

タイミング・モニター

12(18)個の信号の同時タイミング・オーバービュー,ピクセル/µs単位でオフセットを表示

フレーム精度の切替

2022-6によるソース側で時間設定されたフレーム精度切替,デスティネーション側で時間設定されたフレーム精度のブレークからのメイク切替、デスティネーション側で時間設定されたフレーム精度のメイクからのブレーク切替(フリーズ・フレーム使用)

vm_streaming+smpte2110 オプション

vm_streamingバーチャル・モジュールの仕様に加えて、+smpte2110オプションは次のものを提供します。

映像規格

12 Gbps映像規格(4k)
2160p 23.976;24;25;29.97;50;59.94;60Hz SMPTE ST-2081,2082

映像のカプセル化
  • SMPTE2110-20**を用いたロー/非圧縮10ビット4:2:2カプセル化および復カプセル化
    **)基本リファレンス映像:3G-Level A.基本リファレンス音声:48 kHzサンプル・レート、2017年1月のドラフトに則した2110の最終状態
音声規格
  • RAVENNA/AES67,SMPTE2110-30**
    **)基本リファレンス映像:3G-Level A.基本リファレンス音声:48 kHzサンプル・レート、2017年1月のドラフトに則した2110の最終状態
音声のカプセル化
  • AES67/RAVENNA/SMPTE2110-30*オーディオ・ストリーム(エンコーディング/デコーディングL16,L24,AM824)ペイロード:ストリーム毎に最大80モノ・チャンネル,同期動作時の遅延 < 2ms
    *)将来のリリース、2017年1月のドラフトに則した2110の最終状態
AV同期(AUDIO/VIDEO)

同期動作中かつSRC停止時 < 2ms

音声のディエンベディング:

各SDI入力から最高16(32)チャンネル

FPGA音声DSP

SRC,512チャンネル(@ 10秒の遅延)レベル調節、クロスフェード、Dolby® Eアライメント、ラウドネス・モニタリング

フレーム精度の切替

SMPTE 2022-6および2110-20を用いたソース側時間設定によるフレーム精度切替

vm_streaming+proc_ccオプション

vm_streamingバーチャル・モジュールの仕様に加えて、+proc_ccオプションは次のものを提供します。

メタデータ

ATC(LTC.VITC1,VITC2)SMPTE12M-2,Binary group data SMPTE309,AFD SMPTE2016,Audio Meta Data SMPTE2020,Closed-Caption SMPTE334,VBI data services /DTV descr. SMPTE334,Source-ID OBS-special,User App Id DID C1/C4(Sony HDC cam)DVB/SCTE VBI dta SMPTE2031,ANSI/SCTE104 SMPTE2010,OP47 OP47

RGBおよびYUVカラー補正:

プール済み×8(@ 3G-SDI.12G UHD信号は1つで4インスタンスを使います)

テストパターン・ジェネレーター/インサーター:

100%カラー・バー/V-line AV同期パターン、TC、時刻、日付け、ソース名、自由なテキスト挿入

タイムコード・ジェネレーター/インサーター

フリーラン,SDI,NTP/PTP

試験信号音ジェネレーター

1 kHz/400 kHz(-18 dBまたは-20 dB)

FPGA音声DSP

SRC,512チャンネル(@ 10秒の遅延)レベル調節、クロスフェード、Dolby® Eアライメント、ラウドネス・モニタリング

vm_streaming+vc2オプション

vm_streamingバーチャル・モジュールの仕様に加えて、+vc2オプションは次のものを提供します。

VC-2(DIRACPRO)エンコーディングとデコーディング

エンコード/デコードのプールされたインスタンス×20(@ 3G-SDI.12G UHD信号は1つで4インスタンスを使います)ビデオ・エンコーディング・レシオ:typ. 2.5:1(非VC-2動作モードは4:1)レイテンシー:< 20ライン

vm_streaming+fsオプション

vm_streamingバーチャル・モジュールの仕様に加えて、+fsオプションは次のものを提供します。

フレーム同期、フレーム・フェイザー

プール済み×20(@ 3G-SDI、12G UHD信号は1つで4インスタンスを使います)

可変ディレイ

チャンネル毎に最大10フレーム(1フレーム刻み@ 3G-SDI)

FPGA音声DSP

SRC、512チャンネル(@ 10秒の遅延)レベル調節、クロスフェード、Dolby® Eアライメント、ラウドネス・モニタリング

vm_mv24-4

入力

24入力のプール(@ 1.5G HD-SDI IPまたはベースバンド)最大処理容量36 Gbps

出力

最大4出力(@ 最大12G UHD)

映像規格

IPビデオ:SMPTE2022-6あるいは2110-20*を用いたロー/非圧縮10ビット4:2:2カプセル化および復カプセル化
2.97Gbps映像規格(1080p):
 1080p 60Hz SMPTE-424M,425M Level A & Level B
 1080p 59.94Hz SMPTE-424M,425M Level A & Level B
 1080p 50Hz SMPTE-424M,425M Level A & Level B
1.485Gbps映像規格(HD):
 1080i 60Hz SMPTE-274M(4),-292M(D)
 1080i 59.94Hz SMPTE-274M(5),-292M(E)
 1080i 50Hz SMPTE-274M(6),-292M(F)
 1080p 30/29.97/25/24/23.976sf
 1080p 30Hz SMPTE-274M(7)-292M(G)
 1080p 29.97Hz SMPTE-274M(8)-292M(H)
 1080p 25Hz SMPTE-274M(9)-292M(I)
 1080p 24Hz SMPTE-274M(10)-292M(J)
 1080p 23.976Hz SMPTE-274M(11)-292M(K)
 720p 60Hz SMPTE-296M(1),-292M(L)
 720p 59.94Hz SMPTE-296M(2),-292M(M)
 720p 50Hz SMPTE-296M(2),-292M(M)
270Mbps映像規格(SD):
 576i 16:9 and 4:3 SMPTE-259M(C)
 480i 16:9 and 4:3 SMPTE-259M(C)

カラー・スペース

REC 601,REC 709,REC 2020

映像解像度

10ビット4:2:2,12ビット/ 4:4:4:4**

音声規格

RAVENNA/AES67,SMPTE2110-30の最大80 RXインスタンス*

音声のディエンベディング

各SDI入力から最高16(32)チャンネル

シームレスな保護切替(ヒットレス・マージ)

SMPTE2022-7準拠

サムネイルおよびPPMモニタリング

JPEGサムネイルとPPMデータの入出力ストリーミング

vm_mv24-4+vc2オプション

vm_mv24-4バーチャル・モジュールの仕様に加えて、+vc2オプションは次のものを提供します。

VC-2(DIRACPRO)エンコーディングとデコーディング

エンコード/デコードのプールされたインスタンス×28(@ 3G-SDI.12G UHD信号は1つで4インスタンスを使います)ビデオ・エンコーディング・レシオ typ. 2.5:1(非VC-2動作モードは4:1)レイテンシー < 20ライン

vm_mv16-4

入力

16入力のプール(@ 1.5G HD-SDI IPまたはベースバンド)最大処理容量 24 Gbps

出力

最高4出力(@ 最高12G UHD)

他のデータについてはvm_mv24-4を参照してください。

vm_mv16+vc2オプション

vm_mv16-4バーチャル・モジュールの仕様に加えて,+vc2オプションは次のものを提供します。

VC-2(DIRACPRO)エンコーディングとデコーディング

エンコード/デコードのプールされたインスタンス×20(@ 3G-SDI.12G UHD信号は1つで4インスタンスを使います)ビデオ・エンコーディング・レシオ typ. 2.5:1(非VC-2動作モードは4:1)レイテンシー < 20ライン

仕様は予告なく変更されることがあります。

資料ダウンロード

  • LAWOビデオ製品 ブロッシャー(2.4MB)

    DOWNLOAD

その他の IP コア インフラストラクチャ

導入事例

イベント情報

サポート情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

更新情報

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

本 社:03-6457-6021 取り扱い製品に関するお問い合わせ
技術部:03-6457-6022 修理に関するお問い合わせ
受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ