mc²96 Grand Production Console

ドイツ

lawo_mc2_96_Collage

PURE, PRECISE, PEERLESS.

「mc²96」によって「mc²」シリーズ・コンソールはその可能性を高め、放送・劇場・録音のどの分野においても優れた音声制作ツールとなりました。「mc²96」はSMPTE2110を標準でサポートすることにより、IPビデオ制作の環境に最適化された性能を提供します。

各チャンネルやテキスト・ラベルなど標準的なチャンネル・ラベル表示に加えて「mc²96」はさらに直感的なチャンネル識別を可能にするビデオ・サムネイル「LiveView™」を備えています。フェーダーに触れるだけでビデオ・サムネイル「LiveView™」がフルスクリーン・モードに変わり、カメラや再生機等そのチャンネルのビデオ・ソースの情報をより詳細に表示します。

「mc²96」コンソールは単なる独立したソリューションではなく、新たにIP(SMPTE2110,RAVENNA/AES67,DANTE)あるいは MADI を介する複雑なシステム環境下におけるネットワーキング用に設計されています。   

LAWO 独自のネットワーク・ゲイン補正機能「IP-Share™」は、ネットワーク接続した8台までのコンソールにおいて「DALLIS」の入出力を共有して使用する際に、各ユーザーがそれぞれ同一の入出力ゲインを調節していても、他のユーザーの入出力ゲインが変化することを防止します。

ネットワーク接続した「DALLIS」の入出力を共有する全コンソールと通信し、LAWO独自の「IP-Share™」アルゴリズムが各ユーザーの要求に合わせて最適なアナログ・ゲインを設定します。さらに「IP-Share™」は各ユーザーがプリアンプのアナログ・ゲインを調節している際、全コンソールのデジタル・ゲインにゲイン補正が確実に適用されるように機能します。

主な特徴

  • LAWO「mc²90」と同じ高品質フェーダーを採用
  • 21.5 インチのフル HD タッチスクリーン、チャンネル・ストリップ内のカラー TFT ディスプレイとカラーコードが施されたタッチセンス式エンコーダー
  • ゲイン以外に6つのパラメーターに直接アクセスできるフリー・コントロール
  • マルチユーザー操作向けに設計
  • ビデオ・ラベル機能「LiveView™」
  • ゲイン補正機能「IP-Share™」
  • パラレル・コンプレッション(ニューヨーク・コンプレッション)
  • サラウンドおよび 3D ミキシング用の優れたツール群
  • 「AutoMix」Audio-follow-Video,Downmix「AMBIT」Upmix「KICK 2.0」を含む自動ミキシング・アシスタント
  • ラウドネス・メータリング搭載
  • RTW 社 TM9 ゴニオメーターの統合
  • 包括的なローカル入出力
  • 冷却ファンを排したコンソール・デザイン

用途

HIGHLIGHTS FOR PERFORMING ARTS APPLICATIONS

  • 選択的リコール
  • オーバースナップ(相対トリムセット)
  • 複数トリガーを含む劇場オートメーション用の広範なキュー・リスト(MIDI,GPIO,LTC 等)
  • Waves Soundgrid® の統合
  • Neumann DMI-8® デジタル・マイクロフォンの統合
  • ワークフロー独自の機能のカスタマイゼーション
  • クリック・ノイズの出ないディレイ調整
  • ミラーコンソール動作
  • A/B 入力切替
  • カスケード接続/入れ子式接続の VCA
  • 「IP-Share™」ネットワーク・ゲイン補正
  • iPad/Windows タブレット用リモート・コントロール・ソフトウェア
  • 視覚的ミキシングを可能にする内蔵ラウドネス・メータリング

HIGHLIGHTS FOR RECORDING APPLICATIONS

  • ダイナミック・タイムコード・オートメーション
  • LAWO グレードのマイクロフォン・プリアンプと処理アルゴリズム
  • 録再機/DAW のリモート・コントロール
  • 独立した4つのダイナミック・モジュールを持つカスタマイズ可能な信号経路
  • クリック・ノイズの出ないディレイ調整
  • パラレル・コンプレッション
  • ファンレス・コンソール・デザイン

HIGHLIGHTS FOR BROADCAST APPLICATIONS

  • 関連する全 IP 規格(SMPTE2110,AES67/RAVENNA,DANTE®)をネイティブ・サポートする IP ベースのインフラストラクチャー
  • マルチユーザー操作用に最適化
  • 先進的なミックス・アシスト・システム(AutoMix,UpMix,DownMix,KICK 対応)
  • 最高 8,192 × 8,192 のクロスポイント、888 の DSP チャンネル,144 のサミング・バス、128 の AUX バスを持つネットワーキング/プロセシング容量
  • 44.1〜96 kHz 動作
  • 包括的な Audio-Follow-Video 機能
  • 「LiveView™」ビデオ・サムネイル
  • 「IP-Share™」ネットワーク・ゲイン補正
  • 3D ミキシング・エンジンを実装
  • パラレル・コンプレッション
  • ラウドネス・メータリング搭載

仕様

コントロール・パネル
  • 24〜200 フェーダー(デュアル・フェーダー・バージョンは 2017 年第4四半期を予定)
  • 16 フェーダーのリモート・フレーム
  • それぞれが2つのレイヤーを持つ6つのバンク
  • 各フェーダー・ストリップに 100 mm フェーダー+6個のフリー・コントロール・ロータリー・ノブ+入力ゲイン・コントローラー+タッチセンスで切り替わるモジュール表示付きのチャンネル・ディスプレイ
  • TFT メーター表示:モノ/ステレオあるいは 7.1 まで、バス割り当て、ダイナミクスのゲイン・リダクション,AfV ステータス、VCA 割り当て、ミックスマイナス、信号のパッチング、メーター選択、AutoMix ステータスを含む
  • 外付けモニターへの GUI ページ出力(例えばメーター表示)
  • それぞれ 16 個の機能を持つフェーダー毎に 12 個のユーザー・ボタン、4個のトークバック・ボタン、4個のユーザー・ボタン
  • RTW 社 TM9 ゴニオメーターの統合
  • オプション:ユーザー・パネル(TC オートメーション・パネル、40 個のユーザー・ボタンを持つパネル、Reveal Fader パネル)を2基まで統合、台本トレー
信号処理
  • 40 ビット浮動小数点
  • 888 チャンネルと 144 サミング・バス
  • A/B 入力切替可能な最高 760 入力、64 までのサブグループ、128 までの AUX バス,96 までのトラック・バス、48 までのメイン・サム
  • チャンネルとバスをモノ/ステレオ/サラウンドに素早く切替
  • 96 までのサラウンド・チャンネル、メーター表示付きの VCA グループ×128、GP チャンネル×256
  • サラウンド・フォーマット:DTS & Dolby® Digital 5.1、Dolby® Prologic 4.0、DTS ES & Dolby® EX 6.1、SDDS 7.1、DTS-HD 7.1、多様なパンニング特性、サラウンド AUX バス
  • 2系統の AFL:サラウンドの8チャンネル×1、ステレオ×1
  • 2系統のステレオ PFL
  • 128 個のイベントが使える Audio-follow-Video「Remote MNOPL」を介する制御、GPI またはマトリクス接続、最長 10 秒のフェード・タイムのエンベロープ
  • Solo-In-Place
  • フェーダー部に入力メーターを常設、チャンネル・ディスプレイ内で INPUT,PF,AF,DIROUT,TRACK の各メーター・ポイントを選択可能
  • EBU R128 & ATSC A/85 準拠のラウドネス・メータリング、全チャンネルでモメンタリーまたはショートターム動作、ヘッドライン内で平均 LUFS 値表示が可能なサム・チャンネルの統合測定
  • モジュール:MS デコーダー機能付きの INMIX、デジタル・アンプ、2バンド・フルパラメトリック・フィルター、4バンド・フルパラメトリック EQ、2バンド・フルパラメトリック・サイドチェーン・フィルター、インサート、1,800 ms までのディレイ(単位切替可:m,ms,fr)4つの独立したダイナミック・モジュール(Expander/Gate/Compressor(パラレル・コンプレッションを含む)/Limter)イメージ、メーター、ダイレクト・アウト
  • 5.1 チャンネル毎に利用可能な「AMBIT」アップミックス、ダウンミックスと完全互換
  • モノ/ステレオ/サラウンド・チャンネルに8つの「AutoMix」グループを使用可能,それぞれ参加チャンネル数に制限なし
  • チャンネル毎のまたはグローバルなセンド/リターン切替が可能なインライン・コンフィギュレーション
  • 全チャンネル・パラメーターやハイパーパンニングのカップリングが可能なフル装備のサラウンド・チャンネル
ルーティング・マトリクス
  • 最高 8,192 × 8,192 のクロスポイント、ノンブロッキング方式
  • 96 kHz、24 ビット
  • フルリダンダントな信号経路
  • 全入出力のレベル調整
  • サラウンド(7.1 まで)からステレオへのダウンミキシング
  • 離れた場所、例えばディレクター・ルーム用のモニタリング・デバイスを統合
  • 1,016 個の内部ループバック
  • 14 台までの「Nova73」コアとのネットワーク化、ソースとデスティネーションの共有と取り込み、スタジオへの割り込み
  • マトリクスや DSP の大きさに依存しないスナップショットとプロダクションの可搬性
Waves SoundGrid® の統合

プラグインのパラメーターをスナップショットと制作データに保存できる Waves SoundGrid® の統合

インターフェイス
  • Mic/Line,Line Out,AES3,3G SDI,HD-SDI,MADI,ATM,GPIO,Serial,MIDI,ADAT®,RAVENNA/AES67/SMPTE2110,DANTE ® Audio-over-IP(詳しくは「DALLIS」の製品情報を参照してください)
  • ステレオおよびサラウンド・モニタリング・システム
同期

Blackburst,Wordclock,PTP,AES3,MADI,自動検出付きの2つのリダンダント入力

リダンダンシー
  • 電源ユニット、DSP ボード、ルーター・ボード
  • フルリダンダントな信号経路
  • 使用中でも交換可能なリダンダント制御システム、データのフルリダンダンシー
コントロール・ユニット
  • 個別レイヤー/バンク切替と第2 PFL/AFL バスを備えたベイ・アイソレーション機能
  • グローバルな A/B 入力切替
  • 独立したオフエア・カンファレンスを持つ強化されたミックスマイナス制御
  • 全レベル・パラメーターのフェーダー制御
  • 多様なタリーとフェーダー・スタート・モード
  • プログラム切替
  • マシン・コントロール
  • Audio-follow-Video、128 個までのカメラ・タリー、イーサネット/GPI 制御
  • GPI または電圧によるカメラ・マイクのリモート・コントロール
外部制御システム
  • ネットワークを介した全ルーティング・パラメーターのリモート・コントロール
  • Ember+ 制御プロトコルの統合
  • 統合されたマトリクス・モニタリング・ユニットのリモート・コントロール
  • 「AdminHD」を用いたオンライン・コンフィギュレーション,「Nova73」コンポーネントのグラフィカルなコンフィギュレーション
  • 外部マトリクス・コントローラー:LAWO「VSM」Evertz Magnum,GV Ignite,Ross Overdrive,Vizrt Viz Mosart,Imagine Magellan,BFE KSC,Pharos 他
リモート・メンテナンス
  • インターネット・リモート・ソフトウェアを介した接続
  • ソフトウェアのアップデート、エラー診断、リモート・アシスタンス

資料ダウンロード

  • LAWOオーディオ製品 ブロッシャー(1.8MB)

    DOWNLOAD

  • LAWO mc²96 ブロッシャー(1.1MB)

    DOWNLOAD

その他の IP オーディオ・プロダクション・コンソール

導入事例

イベント情報

サポート情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

更新情報

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

TEL03-6457-6021 受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ