NEWS RELEASE ニュース&リリース

LAWO WAN対応の新たなAoIPステージボックス・シリーズ「A__stage」を発表

タグ:
更新日:
投稿日:
LAWO Aステージボックス

LAWO社はBVE 2019において、定評のあるAoIPデバイスA__lineファミリーの一員として、AoIPステージボックスの新シリーズを発表しました。

このWAN対応のライブ・パフォーマンス用インターフェイス「A__stage」シリーズはA級マイク・プリアンプ、進化したデジタルA/D FIRフィルタリングを搭載。

SMPTE 2022-7シームレス・プロテクション・スイッチング(SPS)2系統のリダンダント・ネットワーク・リンクを提供します。

全モデルとも、バランスまたはアンバランスの信号を扱うことができるマイク/ライン入力、ブロードキャスト・クオリティのサンプル・レート変換を備えたAES3入出力、PTP/ワードクロック同期および変換機能、そしてデュアル・リダンダント電源を備えます。

この「A__stage」ファミリーには3つのラインナップが用意されます。

3RUサイズの多入力AoIPステージボックス「A__stage 80」はマイク/ライン入力×32、アナログ・ライン出力×32、AES3入力×8、AES3出力×8、SFPを用いたデュアル・リダンダントMADIポート、8基のオプトアイソレート式GPIOポート、SFP/RJ45を用いたデュアル1000BTストリーミングおよびコントロール・ポートも備えています。

「A__stage 64」はXLRコネクタを用いてマイク/ライン入力×32、アナログ・ライン出力×16、AES3入力×8、AES3出力×8を提供します。4RUサイズの本機は、他の A__stage 製品と同様に、SFPを用いたデュアル・リダンダントMADIポート、8基のオプトアイソレート式GPIOポート、デュアル1000BTストリーミングおよびコントロール・ポートを備えています。

3RUサイズの「A__stage 48」はマイク/ライン入力×16、アナログ・ライン出力×16、AES3入力×8、AES3出力×8 on標準D-SUBコネクター、SFPを用いたデュアル・リダンダントMADIポート、8基のオプトアイソレート式GPIOポート、SFP/RJ45を用いたデュアル1000BTストリーミングおよびコントロール・ポートを備えています。コネクターはD-Sub仕様となります。

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

TEL03-6457-6021 受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ