NEWS RELEASE ニュース&リリース

LAWO Power Core MAX – 1台のPower Coreを複数のコンソールのエンジンにすることが可能に

タグ:
更新日:
投稿日:

LAWOが2020年に発表したPower Core MAXは、多用途のPower Core AoIPミキシングエンジンとI/Oノード用のソフトウェア・ライセンス・パッケージ。”MAX “は Multiple Accessの略で、1台のPower Coreを、複数のコンソールのエンジンにすることを可能にします。

「LAWOユーザーの多くは大規模な公共放送局で、そのワークフローは大きなミキシングサーフェスを必要とします。そのためPower Coreは、大量のDSPとモジュラーI/Oをわずか1RUに収めて設計されました。おそらく、平均的なコンソールには多すぎるかもしれません」
LAWO Radioマーケティングスペシャリストのクラーク・ノヴァクは言います。
「PowerCoreMAXはこれらすべてのリソースを解放して、2つ、3つ、または4つの小型ミキシング・サーフェスに電力を供給することができます。これは機器の予算を最大限に活用したい人なら、誰でもすぐに理解できる機能です」

PowerCoreは真のAoIPワークホース。フロントパネルのAES67ポートをデュアルリダンダントにすることで、最大128のストリーム、合計256のオーディオチャネルを扱うことができます。フロントパネルに配置された4つのMADIポートは、それぞれ64のMADIチャネルを扱うことができ、合計256チャネル、またはデュアルリダンダントモードで128のMADIチャネルを扱うことができます。またリアパネルの8つの拡張スロットは、アナログライン、AES3、マイク、サンプルレート変換を備えたMADI、およびDanteインターフェイスカードを混在させることができ、ほぼすべての運用要件に対応したカスタムI/Oを実現します。Studio I/Oカードはマイク入力に加え、ヘッドフォンとモニター出力を1枚で提供することができる独自のカードです。

PowerCoreは処理能力にも優れています。96個のDSPチャネルにより、大量のオーディオ信号を処理することができます。約2,000のルーティングクロスポイントを持つPower Coreは、多くのラジオ局やテレビ局がレガシーオーディオフォーマットを標準ベースのIPメディアネットワークとのブリッジングに理想的なゲートウェイとなる自己完結型のAoIPルーターです。ST2022-7シームレス保護スイッチングにより、ネットワークリンクの中断を防ぐために、デュアルリダンダントAoIPネットワーク接続を提供します。

アップグレード可能な4つのライセンスパッケージ

  • 新しいPowerCoreMAXパッケージは、最大254の物理/バーチャルフェーダー、96チャネルのDSP(EQ、ダイナミクス、圧縮、リミッタ)、32チャネルのバスDSPプロセス、VisTool StandardタッチスクリーンGUIコントロール、1920×1920ルーティングマトリックス、78ステーションインカムマトリックス、最大4台の独立して接続されたミキシングサーフェスに対応しています。PowerCoreMAXは、中小規模のコンソールで複数のスタジオを装備する際に最適です。
  • Power Core XLは、MAXの全機能を1台のパワフルなコンソールで実現したものです。ネットワーク運用やマスターコントロールルーム、複数の入力ソースを持つ大規模で多忙なメインスタジオに最適なパッケージです。
  • Power Core Lは、中小規模の単一コンソールスタジオの要件に適合し、最大64のAES67ストリームと128のMADIストリーム、128の物理/バーチャルフェーダー(ユーティリティソフトウェアミニミキサー含む)、48チャンネルのDSPオーディオシェーピング、16チャンネルのバス処理、1728 x 1728ルーティングマトリックスを収容することが可能です。
  • Core SANは、 PowerCoreのDSP処理機能を制限した大容量ネットワークオーディオI/Oゲートウェイとして構成されています。

Power Coreはその柔軟性、I/O容量、標準ベースのアーキテクチャにより、世界中の放送局から非常に高い人気があります。AES67に100%準拠していることに加えて、フロントパネルのデュアルアクティブSFPポートによるST2022-7ネットワーク冗長性も特徴的です。Power Coreは、ST2110-30に準拠した最初のラジオコンソールエンジンでもあり、テレビとラジオを組み合わせた放送でのシームレスな相互運用性を保証します。5.1ミキシングに対応し、最大60フェーダーのコンソールも可能です。

Power Coreは驚くほど拡張性が高く、様々な構成が可能。 複数のライセンスパッケージ、膨大な数の標準AES67とMADI I/ Oに加えて、リアパネルの8つのカードスロットに、アナログ、AES3、MADI、およびDanteインターフェイスをアラカルトで追加することが可能です。Studio I/ Oカードはマイク入力とヘッドフォン出力、モニターチャンネル出力を備えたパッケージです。

オタリテックは映像機器、音声機器から
IP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。
また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

本 社:03-6457-6021 取り扱い製品に関するお問い合わせ
技術部:03-6457-6022 修理に関するお問い合わせ
受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ