SOLUTION ソリューション

LAWO VSMリリース2020-2 : ライブブロードキャストプロダクションにおける機能強化

タグ:
更新日:
投稿日:

IPベースのブロードキャストテクノロジーにおいて世界をリードするLAWOは、リリース2020-2でVSM IPブロードキャストコントロールシステムの機能をさらに強化しました。

新しいFlow State Master機能は、VSMを実際のflow routing statusのマスターとして定義します。この機能により、LawoのIPブロードキャストコントロールシステムは、IPインフラが常に確定されたルーティング状態であることを保証します。さらに、ネットワークインフラが部分的または完全な停止状態になった場合、自動的にリストアされ、新しいレベルの運用セキュリティをIPプロダクションに提供します。

Wallboxing機能はスタジオのフロア設定を頻繁に変更するマルチスタジオ施設向けの優れたアドオンサービスで、API制御のIPインフラ全体でデバイスを移動しその接続を維持できます。大規模なプロダクションファシリティーでは、ステージボックス、モニター、プロンプターなどのデバイスが頻繁に移動します。 Wallboxingによりデバイスが新しい場所のスイッチポートに接続されたときに、既存のIPリンクが確実に再確立されます。

Network Bridgingを使用すると、VSMが制御する2つ以上の独立したIPシステムで、関連性のあるソースを共有できます。1つのネットワークインフラが別のネットワークインフラで選択されたソースにアクセスする必要があるとき、VSMは運用ワークフローのほとんどの機能を維持しながら、最小限のコンフィグレーション作業で実現します。
回線室で作業するオペレーターは、ソースを「共有」としてマークし、回線リソースシステムからこれらの信号にアクセスしてローカルで使用できるようにします。システム間のタイラインは、接続された実際の回線消費量に基づいて、VSMによって自動的に管理されます。典型的なアプリケーションは、全国的なファシリティー間の接続、中継車から本社への接続、そして中継車から中継車間への接続です。

新しいVSMリリース2020-2は、2020年夏から利用可能になる予定です。

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

TEL03-6457-6021 受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ