INSTALL REPORT 導入事例

公開日:
更新日:

ミクサライブ東京 Club Mixa様 d&b audiotechnik Y8を採用

d&bのスピーカーは「オーディエンスに超プレミア体験を」というClub Mixaのコンセプトにうってつけの音質

ミクサライブ東京 Club Mixaに関するビジネス窓口やIT先端技術を活用したVRやARコンテンツの制作を担当されている、キングレコード株式会社 0クリエイティブ事業部 柏田圭一さんにお話を伺いました。

キングレコード株式会社 0クリエイティブ事業部 柏田圭一 氏  


ミクサライブ東京
ー 「Mixalive(ミクサライブ)」は「ライブコンテンツをMIXする」という意味の造語
ー LIVEエンターテインメントが渾然一体となった新しいカルチャーの発信拠点として、2020年、東京・池袋に誕生
ー 地下2階から地上9階まで、4つのホールとグッズショップ、ライブカフェが集合したLIVEエンターテインメイントの複合施設ビル
ー それぞれの施設の特徴を生かし、多彩なライブコンテンツを発信

Club Mixa(クラブミクサ)
ーキングレコード株式会社直営。キングレコードが発信するアーティストの音楽を、超至近距離で体験してもらうプロジェクトとしてスタート
ー 旧映画館をリノベーションした施設

ー Club Mixaは、2020年春にオープンしました

2020年3月19日から利用を開始しましたが、感染症が流行しはじめた時期だったため、オープニングはオンラインで行いました。また感染症に関する情報が少なかったために、ライブハウスがやり玉にあげられてしまったため、オープン1週間後にいったんクローズすることに。2020年の夏ごろまでは、閉鎖をしていました

ー あの時期は全国のライブハウス、ホールが緊急の対応をされていましたね。夏に再開された後はいかがでしたか

再開した後は安心安全をモットーに、都の感染症拡大予防対策にのっとった感染症対策を講じました。無観客を基本に、新人からドームクラスのビッグアーティストまで、自社アーティストのオンラインライブの会場として、また、アニメ作品の定期ネット番組の収録や、ファンとのオンラインイベントを行う場として、このClub Mixaを活用しています

ー 配信に力を入れられたのですね

Club Mixa当初のコンセプトは「キングレコードが発信するアーティストの音楽を、超至近距離で体験していただく場」でしたが、感染症流行下での変化を「ピンチはチャンス」と捉えました。今後は「会場でのライブと配信の、ハイブリッドな公演が増える」と見込んで、配信の機能を強化しました。配信に力を入れ、世界へ日本のコンテンツを発信しています

ー Club Mixaでは、d&b audiotechnikのスピーカーを導入いただきました

d&bのスピーカーは「オーディエンスに超プレミア体験を」というClub Mixaのコンセプトに、うってつけの音質だと思います。特注で作ってもらったメインモニターのスタンドは低音の締まりに関して非常に効果的ですし、また返しのフロアモニターも、ミュージシャンの皆さんに「なか音(ステージ上の音)が良いね!」と評判が良いですよ

(左)Main SPにY8 LineArray SpeakerとY-Sub  Cardioid Subwooferを3/2。客席前方をカバーする10S Point Source Speaker。
カーディオイドサブウーファーは、スピーカー1本からカーディオイドが機能し、アンプ1chでスピーカーをパラまでできるすぐれもの。ステージの低域の回り込みを大幅に低減することで、抜群に演奏しやすい環境を提供する。
(右)SideFillにはMAX2 Monitor Speaker。足元のモニターと揃えることで、一貫して安定した音質をステージ上の演者にも提供することができる。

ー それは、とても嬉しいご感想です

d&bを入れて正解でした!この広さですとごまかしが効きませんが、d&bのスピーカーは演者も観客も、安心して演奏・パフォーマンスそのものに集中できる。また、世界に向けて発信するのに、クオリティの高い音響は必須条件。d&bスピーカーで、それが実現できていると感じています

ーClub Mixaの今後の展望、ご予定をお聞かせください

収録と配信は引き続き行いますが、「プレミアムな体験」を提供する有観客ライブの開催に向けて、現在準備を進めている最中です。音楽は現場がすべて。録音スタジオとは違う、ライブハウスならではの特別な体験を皆さんにお届けしたい。また新人発掘、VR空間、Vライブ、キャラクターライブなども引き続き力を入れて、世界に日本のコンテンツを発信していきます

(左)転がしのモニターにはMAX2 Monitor Speaker。同軸のモニターで、ニアかつ自然な音質を提供する。
(右)Main Speaker用の30Dと、Monitor Speaker用の10D 4ch Amplifier。音声伝送はDANTEで構築され、ミキサーから出た信号はDS10 Audio network bridge interfaceを通り、DANTEからAES/EBUに変換されアンプに入力される。

キングレコード株式会社 0クリエイティブ事業部 柏田 圭一 氏 
老舗レコード会社の新規事業担当部署に所属、ミクサライブ東京(クラブミクサ)に関するIT先端技術を活用したVRやARコンテンツ制作の窓口から、ファンクラブやガチャくじなどのWEBベースのD2Cサービスの開発まで担当。

機材
d&b audiotechnik製品
Main Speaker : Y8 Line Array Speaker
Sub woofer : Y-Sub Cardioid Sub woofer
InFill : 10S Loud Speaker
Side/Foot : MAX2 Monitor Speaker
Follow Rear : 5S Loud Speaker
Follow Guestroom : 5S Loud Speaker
Audio Network interface : DS10
Power Amplifier : 30D/10D 4ch DSP Power Amp
DSP Controller : R1 Controller w/PC

ミクサライブ東京 Club Mixa
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-14-3
https://clubmixa.jp/about/
https://www.mixalivetokyo.com

関連導入事例

INSTALL REPORT 導入事例

オタリテックは映像機器、音声機器から
IP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。
また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

本 社:03-6457-6021 取り扱い製品に関するお問い合わせ
技術部:03-6457-6022 修理に関するお問い合わせ
受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ