V-Series

ドイツ

Vシリーズ

ラインアレー・システムとポイントソース・ソリューションのどちらにもなる「V-Series」は中規模〜大規模SR用途に対する最適の回答です。同シリーズの3ウェイ・パッシブ・ラウドスピーカーは同一の双極ドライバー配置を共有し、サブウーファーはd&bのカーディオイド・テクノロジーを体現しています。

「V7P」と「V10P」はポイントソース・ラウドスピーカーの新種となるものです。先進のホーンロード式ミッドレンジ・セクションは優れたMF感度を持ち、特にボーカル帯域でのパフォーマンスには卓越したものがあります。

これこそこのコンパクトなラウドスピーカーの長所であり、ワンボックスで全帯域をカバーして高い音圧レベルも要求する用途に最適です。「V-GSUB」は駆動するのに1アンプ・チャンネルしか必要としないカーディオイド・サブウーファーで「V-SUB」と同じ音響および視覚的デザインを共有しますが、グラウンドスタック専用です。3ウェイ・パッシブの「V8」および「V12」ラインアレー・ラウドスピーカーは250 Hzまで保たれる80度と120度の水平ディスパージョンをそれぞれ有します。

「V-Series」のアレーの一番上にフライングできる「V-SUB」はキャビネット背後へのエネルギー回り込みを大幅に低減します。このシリーズはコンパクトであるだけではなく3点リギング・システムも備えており、極めて効率よく配置が行えます。

「V-Series」を際立たせているのは単に指向性制御の良さや軽さだけではなく、優れたヘッドルームや並外れたパワー容量、ダイナミックなバンド幅、そして広範なアクセサリーなどから来る様々な利点です。「V-Series」ラウドスピーカーはモバイルSR用途に最適なソリューションです。固定設備専用の「Vi-Series」ラウドスピーカーはモバイル用の「V-Series」と同じですが、組み込みに適したキャビネット設計になっている点が異なります。特別色や耐候オプションも用意された「Vi-Series」はどんな環境にもシームレスに融け込みます。

その他の V-Series

導入事例

イベント情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

サポート情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

更新情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

TEL03-6457-6021 受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ