LWB Installations

日本

Lightwinderの歴史

オタリ株式会社が1996年に発表したLightwinder「LW-10」「Stage Master」と「Console Master」は光ファイバー・ケーブルを用いるPoint-to-Point接続のデジタル・マルチチャンネル・ワイヤリング・システムで、スキーのワールドカップなど大規模なスポーツ競技会の中継放送やコンサート・ツアーのPA用途に適したものでした。

LW-10(1996年)

LW-10:長野県白馬でのスキー競技会(1996年)
LW-10:沖縄県でのレゲエ・コンサート(1996年)
LW-10(1996年)
LW-10(1996年)

LW-50/LW-10(1997年)

1997年にデビューし、その翌年、長野県で開催された世界的な冬季スポーツ競技会で活躍した「LW-50」「Colosseum」と2004年リリースの「LW-55」は、Multipoint接続とPCによるGUIを採用するなど、スタジアムや劇場やホールや博覧会などの大規模な固定設備向けの設計になっていました。

LW-50(1997年)
LW-50とLW-10:長野県での冬季スポーツ競技会(1998年)

LW-55(2004年)

LW-55(2004年)
LW-55:愛知県での「愛・地球博」(2005年)

歴代Lightwinderの設計で得た様々な経験とノウハウやお客様の声を反映させて、シンプルで機動性の高い放送中継用途の小型軽量な音声・映像信号伝送システムとしてデザインしたのがLightwinder Broadcasting — LWBシリーズです。

LWB-16:デイトナでのカーレース(2007年)

最初のモデル「LWB-16」/「LWB-64」は2006年に発表され、最新世代の「LWB-24」/「LWB-72」が2019年に登場しました。

LWB-16-A, LWB-16-B, LWN-16-C
LWB-16/LWB-64(2006年)
LWB-24/LWB-72(2019年)

その他の LWB Installations

イベント情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

サポート情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

更新情報

  • ---

    現在、更新情報はありません。

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

TEL03-6457-6021 受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ