INSTALL REPORT 導入事例

公開日:
更新日:

Bastille Day 2020: Concert de Paris Mixed with Lawo mc² Consoles

カテゴリー:
BROADCASTLAWO
タグ:

エッフェル塔のふもとにあるシャンドマルスで開催された伝統的なパリのコンサートで、LAWOのミキシングコンソールは最高のオーディオクオリティーを提供しました。

毎年7月14日に近代フランス国家の始まりを祝うイベントがフランス全土で開催されますが、今年は世界のいたるところでパンデミックが発生したため、状況はかなり異なりました。LAWOはこの伝統的なパリのコンサートサウンドをライブと放送の両面で6年連続サポートしています。

使用したFOHコンソールは、オーケストラミックス用の48フェーダー mc²56プロダクションコンソールとソリスト用のmc²36オールインワンコンソールでした。48フェーダーのmc²56は、2人のオペレーター間のソーシャルディスタンスを確保するために16フェーダーのmc²エクステンダーサーフェイスを使用しました。
Radio Franceがライブサウンドシステム用に用意したOptocore光ファイバーネットワークを介して、イベントのミキシングコンソールとI/Oシステムを接続した新しいオーディオシステムによって、Concert de Parisのサウンドは全国に届けられました。

FOHとモニターで独立したプリアンプコントロール機能とは別に、放送ミックスに使用されるRadio France(フランス国営放送)のOBバンに搭載されたLAWO mc²66コンソールでは、独自のステージボックスとDALLISマイクプリアンプを使用できるようにしました。

7月14日のConcert de Parisは、世界最大のクラシック音楽イベントの1つであり、パンデミック前の年には500,000人もの観客が会場に集まり、伝統的な花火大会が華やかさを演出します。
フランス国立管弦楽団とフランス放送合唱団をフィーチャーしたこの番組は、国際的に有名なソリストとともに、フランス国内2,840万人の他にヨーロッパ全体で1,000万人以上の視聴者にLAWOがセットアップしたサウンドが届けられました。

関連導入事例

INSTALL REPORT 導入事例

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

TEL03-6457-6021 受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ