INSTALL REPORT 導入事例

公開日:
更新日:

札幌文化芸術劇場hitaru様へd&b audiotechnik V-Seriesが導入されました

札幌文化芸術劇場

札幌市にオープンした札幌文化芸術劇場様へd&b audiotechnik V-Seriesが導入されました。

札幌文化芸術劇場“hitaru”はさっぽろ創世スクエア内にある3層バルコニー構造の劇場です。

オペラ・バレエなどの舞台芸術に対応できる北海道初の多面舞台を備え、幅広い演出を実現できます。
音響反射板を使用した各種コンサートに加え、大規模な会議や式典など、さまざまなジャンルの催しの開催が可能です。

プロセニアム・スピーカーはV8×6本がLCR、ダウン・フィルとしてV7PがLCR 3本インストールされています。
プロセニアムからは狙え切れない4F客席後方はV10PがLCR3本でカバーしています。

サイド上段にはV8×5がLR、サイド下段にはV8×2、V12×2、V-SUB×2がLR、サイドカラムにはインフィル用開口部が設けられ、適切な位置からV10PがLRで前列をフォローします。

ステージ・フロントやアンダー・バルコニーは5S×52本がフォロー。
バルコニー補助として各階にT10PS×6本が、持ち込み時に抜けるバルコニー前方をフォローします。

R1

これらのd&bを鳴らすアンプとしてD80×16、30D×3、10D×7がR1リモート・ネットワークで監視され、客席でもリモートすることができます。

オープンして9ヶ月が経ち、音響スタッフの皆様にお話を伺いました。

写真 : 左から大江様、佐々木様、佐藤様

Q:hitaruについて教えてください
施設全体の設立構想が大きく動き出したのは2002年でした。
当劇場は、市内に点在する各劇場の老朽化問題とも相まって「新劇場を札幌に」と、建設地である創成川周辺地域の再開発の目玉のひとつとして2018年10月に開館しました。
今までニトリ文化ホール(旧厚生年金会館,2018年9月閉館)が担ってきた文化芸術の発信の場を引継ぐため、客席数はそのままに、大物アーティストによるライブ・コンサートや本格的なオペラやバレエ、ミュージカルなどの舞台作品が上演できるよう、北海道初の多面舞台が採用されています。

Q:d&bについて感想をお聞かせください
音質はナチュラルな感じがでフラットですね。ロック、落語、ダンスなど色んな演目がありますが、自然にオペレートできます。
ラインアレイとポイント・ソース・スピーカーの混じりについてもうまく繋がっていて違和感がありません。
特にステージ・フロントやアンダー・バルコニーの 5S は小さい割によく鳴ってくれます。
コントロール・ソフトウェア R1 も持ち込みシステムに合わせるために、自分たちで使いやすいレイアウトを作って使用しています。

カスタム・レイアウトされたコントロール・ソフトウェア R1

〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西1丁目5-4F
札幌文化芸術劇場 hitaru
Web:https://sapporo-community-plaza.jp/theater.html

ヤマハサウンドシステム(株)様による 札幌文化芸術劇場 hitaru導入事例【外部リンク】
https://www.yamaha-ss.co.jp/halls-in-japan/hokkaido-sapporo-community-plaza.html

関連導入事例

INSTALL REPORT 導入事例

オタリテックは映像機器、音声機器からIP機器までプロユースの機材を取り扱う商社です。

取扱製品は全国の放送局、ポストプロダクションの映像・音声設備に納入されています。また主要なレコーディングスタジオやホール設備、ライブサウンドマーケットにも多くの導入実績を積み重ねて参りました。

40年間現場第一主義を貫いてきたお客様からの信頼

オタリテックはこれからも世界の一流製品をプロフェッショナルの皆様にお届けして参ります。

CONTACT US お問い合わせはこちら

TEL03-6457-6021 受付時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

メールフォーム

メールアイコン

メールで製品リリース情報などをお届け。

製品のリリースなど、耳寄りな情報をメールで配信しています。
メールの配信を希望するお客様は、どなたでもご登録いただけます。
ご登録は簡単。フォームに必要事項を入力するだけ。

ご登録はこちら

このページの先頭へ