トップへ戻るhome
XTA_LOGO

Top
APA-4E8 | DP548/DP544 | 4 Series | 2 Series | INT485 | DS8000 | GQ600 | Audiocore | SiDD | Flash Loader | iCore | DC1048 | Users

XTA Electronics Series 2

C2 デュアル・コンプレッサー

c2.jpg

パワフルなダイナミック・コントロールのための De-EQ を組み合わせ,用途の広いサイドチェーン EQ とルック・アヘッド(先読み型)アタックで,最強のコンプレッション,リミッティングを 2 チャンネル分行います。

主な特長

  • トランジェントのコントロールとハンドリングが即座に行えるルック・アヘッド(先読み型)アタック・タイム方式の採用
  • 自動時定数機能により,ほかのコントロール設定状態に従いながらスマートに調整
  • 周波数反応型コンプレッションを実現する用途の広いサイドチェーン・イコライゼーション
  • 従来のディエッサー効果を上回る周波数限定型コンプレッションを行う De-EQ モード
  • 純粋なヘッドルーム・コントロールを行う,メーター付きの独立したリミッター・セクション
  • ステレオ・モードでは両チャンネルに対してセットアップ状態とパラメーターの設定を正確にリンク

D2 ステレオ・ダイナミック EQ

d2.jpg

最終の仕上げ用に 3 バンド分のダイナミック EQ とフルレンジ・コンプレッサーを搭載し,難しいパートも音質を損なうことなく自在にコントロールできます。

主な特長

  • 各チャンネルについて,全帯域に対して 3 バンドのダイナミック・イコライゼーション
  • 各イコライザー帯域について,エンベロープと周波数を独立してコントロール
  • 外側の帯域は高低域それぞれダイナミック・シェルビングを構成可能
  • 各帯域ごとの分離した “リスン” 機能でチャンネル全体の音声に対する「効き具合」の簡単な確認が可能
  • チャンネル全体のマスター・バイパスはもちろんのこと,各帯域は完全なコントロールのために個別にバイパスが可能
  • 最終段での仕上げのためにフルレンジ・コンプレッサーを追加

E2 ステレオ・パラメトリック EQ

e2.jpg

音づくりのための EQ 機能のすべてを搭載しています。卓越したヘッドルームと精度の高いマッチングを実現した 4 バンド EQ に加え,ハイパスおよびローパス・フィルターを装備。

主な特長

  • 高精度のイコライゼーションを実現するため,4 バンド分を各チャンネルに装備
  • 外側の EQ 帯域は柔軟に対応するため,高低域シェルビング・フィルターに切り替え可能
  • チャンネル全体のマスターはもちろんのこと,各帯域は個別にバイパスが可能
  • 2 次または 4 次の特性切替付き,ハイパスおよびローパス・フィルターを追加
  • ヘッドルームを最大限利用できるようにデジタル・クリップ表示付きの入出力メーターの常時表示の採用
  • 各チャンネルの EQ の設定は精度の高いマッチングを実現

G2 デュアル/ステレオ・ゲート

g2.jpg

クリックのないオペレーションのためのルック・アヘッド(先読み型)アタックや微妙なアプリケーション用のエキスパンション・モードといったユニークな機能を搭載。さらに,用途の広いサイドチェーン EQ 付き。

主な特長

  • クリックなしにすばやくゲートを開くため,ルック・アヘッド(先読み型)アタック・タイム方式を採用
  • ホールド・タイムとレンジ(エキスパンダー・モードではレシオ)を含め,フルに調整できるエンベロープ・コントロール
  • ゲートの開閉状態が離れたところからも視認できるように大型 LED を採用
  • セットアップの簡素化のため,“リスン” 機能付き,ハイパスおよびローパス・フィルターを搭載。
  • “リスン” 付きで C2 と同様のサイドチェーン EQ の多機能なバンド機能を追加
  • エキスパンダー・モードにはフル調整できるレシオ・コントロールとゲイン・リダクションのメーター表示を実現