トップへ戻るhome
XTA_LOGO

Top
APA-4E8 | DP548/DP544 | 4 Series | 2 Series | INT485 | DS8000 | GQ600 | Audiocore | SiDD | Flash Loader | iCore | DC1048 | Users

GQ600 Dual Channel Graphic Equaliser

gq600.gif

この 2 チャンネル・イコライザーは ISO による 1/3 オクターブ単位 30 ポイント×2 チャンネルのセンター周波数(25 Hz〜25 kHz)を 10 dB ブースト及びカットするもので,このブースト/カットは 45 mm のスライダーにより行われます。
高域をトリムするシェルビング・タイプ・フィルターは,ボリュームにより 2 kHz〜20 kHz の間を連続可変で 8 dB ブースト/カットするものです。
また,このイコライザーはチャンネル毎に 10 Hz〜150 Hz の周波数間可変の 12 dB/オクターブのハイパス・フィルターと HF ドライバー保護のため,固定式 18 dB/オクターブのローパス・フィルターを持っています。
さらに,チャンネル毎に ±10 dB のゲイン調整可能なゲイン・コントローラーが付いています。
ピーク・インジケーターも設けられており,20 dB 以上の入力信号でインジケーターが点灯するようになっています。
コネクターは XLR と KLIPPON クイック・ワイヤー・マルチコネクターの両方が標準で用意されています。
電源供給が何らかの理由により断たれた場合に作動するバイパス・リレーが装備されています。

  • GQ600 は 45 mm ロング・スライダーの採用により,レンジを切り替えることなく分解能の向上を実現。
  • HF トリム・セクションはゲインと周波数が調整可能となっており,オーバーオールの HF 特性の迅速な調整を実現。例えば湿度や観客の大幅な変化により再調整が必要となった場合にきわめて有効です。
  • 各チャンネルに装備されたピーク・インジケーターにより 20 dB 以上の信号入力でクリッピングを警告。
  • スイープ可能なハイパス・フィルターを装備。電源 OFF 時にはバイパス・リレーが作動します。
  • オプションにて入出力トランス(工場出荷時オプション)及びセキュリティ・カバーを用意。

定格

  • 入出力:アクティブ・バランス
  • コネクター:XLR(3 ピン,2 番ホット)または Kippon
  • ゲイン調節範囲:±0 dB
  • 周波数特性:20 Hz〜20 kHz,±0.5 dB
  • ハイパス・フィルター:10 Hz〜150 Hz(連続可変),12 dB/oct.
  • ローパス・フィルター:27 kHz にて -3 dB(18 dB/oct.)
  • フィルター ON/OFF:基板上のスイッチにて
  • イコライザー:30 バンド,1/3 oct.,25 Hz〜20 kHz
  • フィルター・タイプ:シミュレーテッド LCR ネットワーク
  • 周波数公差:±3%
  • レンジ:±10 dB
  • 電源:110/220 V ±15%,50/60 Hz
  • 消費電力:約20 W
  • 寸法,重量:W 482 × H 133 × D 237 mm,5 kg