RIEDEL RockNet


rocknet_image.jpg

RockNet 300 Series

『RockNet 300』シリーズはライブでの音声と制御データの管理用に発想された拡張可能でコスト効率の高いネットワーク・ソリューションです。160音声チャンネルのいくつでも双方向ネットワーク内で制限なしに最大768の出力にドロップできます。『RockNet』の最重要点はリダンダント・リング・トポロジーで,2台のデバイス間で接続が途絶えても音声伝送やシステム全体の動作には影響しません。このリングは自己修復が可能で,性能と堅実さと柔軟性の面においてかなりの利点を提供します。

『RockNet』のユニークな特長が「インデペンデント・ゲイン」機能です。例えばマイクプリ入力を複数のコンソールやアウトプット・デバイスでシェアする際に,それぞれが独立したレベルの出力を得られます。

どのユニットもコンピューターなしで簡単に設定するためのスイッチ類を前面に備えています。

ワードクロック入出力は背面にあり,前面の10/100BaseTインターフェイスは制御データ伝送に使えるデータ・ポートとなります。

RN.301.MI Microphone/Line Input Interface

rocknet1.jpg

『RN.301.MI』はリモート・コントロール可能な8系統のマイク/ライン入力チャンネルをXLRコネクターを用いて提供します。この最新鋭の回路はダイナミック・レンジとコモン・モード・リジェクションと全体的な音質に対する最高度の要求を満足させるように設計されています。

Gain Range-6〜66 dB(150Ω Source)
Gain Step1 dB
Sensitivity+30〜-42 dBu(max. before clip)
Max. Input Level+30 dBu
Input Impedance5.5 kΩ
Phantom Power+48 V
Delay420 µs(@Fs=48 kHz)
Dynamic Range119 dB(Gain -6 dBu,150Ω Source)

RN.302.LO Line Output Interface

rocknet2.jpg

『RN.302.LO』はアンプやパワード・スピーカーを最大レベルまで駆動できる8系統のアナログ・ライン出力チャンネルをXLRコネクターを用いて提供します。電源のオン/オフ時にはミュート・リレーが作動します。2台の『RN.302.LO』から1台のアンプを駆動するために出力のリダンダンシーが用意されています。

Max. Output Level+24 dBu ±0.2 dB(@digital full-scale)
Output Level Range-9〜+24 dBu(@digital full-scale)
Output Impedance< 1Ω
Impedance Imbalance< 1%
Noise-94 dBu(@+24 dBu Out)
Dynamic Range119 dB(@+24 dBu Out)
Delay330 µs(@Fs=48 kHz)

RN.331.DD/RN.332.DO/RN.333.DI Digital Interface

rocknet3.jpg

『RockNet』のデジタル製品はXLRコネクターを用いた異なる入力および出力構成のAES/EBUインターフェイスを提供します。『RN.335.DI』はオンボードのサンプル・レート変換も装備しています。

InputOutput
Input FormatAES3Output FormatAES3
Input Impedance110ΩOutput Impedance110Ω
Min. Input Level200 mVp-pOutput Level> 5 Vp-p(@no load)
Sample Rate48 kHz,96 kHzSample Rate48 kHz,96 kHz
Resolution24 bitResolution24 bit
Signal Delay150 µsSignal Delay150 µs

RockNet 300 Series General Specifications

Operating Temperature0〜50℃
PowerAC 100 V,25 W
Dimensions483×44×200 mm
Weight3.0 kg

RN.334.MD MADI Interface

rocknet4.jpg

デジタル・ミキサーやDAWや音声ルーター等の接続に最適なBNCおよびオプティカル入出力を装備したインターフェイス。56ch/64ch両方のMADIチャンネルに対応。SSLのコンソールと接続することによりHAコントロールとインデペンデント・ゲインが使用可能になります。

RN.341.MY Yamaha Interface Card

rocknet5.jpg

Yamaha MYカード用拡張スロットに挿入され,16 IN/16 OUTのアクセスを提供。『RN.301.MI』のリモート・コントロールが可能。インデペンデント・ゲイン機能を実装。

RN.343.VI Soundcraft/Studer Interface Card

rocknet6.jpg

コンソールのSCore LiveまたはD21mカード拡張スロットに挿入され,64 IN/64 OUTのアクセスを提供。『RN.301.MI』のリモート・コントロールが可能。インデペンデント・ゲイン機能を実装。

RN.344.SI Soundcraft SI Interface Card

rocknet7.jpg

サウンドクラフトSIコンソールの拡張スロットに挿入され,32 IN/32 OUTのアクセスを提供。『RN.301.MI』のリモート・コントロールが可能。インデペンデント・ゲイン機能を実装。

Options

rocknet8.jpg

RN.362.IR Inline Repeater:2台の『RockNet 300』デバイス間のCAT5接続を450 mまで延長可能。電源は『RockNet 300』デバイスから受けることができます。入出力にはリモート電源とリンク・ステータス用にそれぞれ2個のLEDインジケーターがあります。1台の『RN.362.IR』で接続を150 m延長でき,300 m延長するのに2台使用します。どちらの場合もリピーターは隣に来るネットワーク・デバイスから電源を受けます。

rocknet9.jpg

RN.351.FI / RN.352.FO Fiber Optical Converter:『350』シリーズはネットワーク・デバイス間の距離を延長することが要求される用途向けに設計されており,シングル/マルチモード・ファイバー用のユニバーサル・トランシーバーを備え,シングルモード・ファイバーで20 kmまでの範囲をカバーします。前面には標準RockNet CAT5ネットワーク・インターフェイス入出力があり,背面にはロック式のデュプレクス・ファイバー・コネクターとIEC電源コネクターがあります。

RockNet System Example

RockWorks - RockNet Remote Control Software

『RockWorks』は『RockNet』用のリアルタイムのマネジメント・システムで,複雑な大規模ネットワークのリモート操作を向上させます。

各『RockNet』デバイスを前面パネルでの操作のように画面上で監視・設定できます。『RockWorks』はネットワーク内の各デバイスとチャンネルへのラベル付けやアラーム表示が可能で,ネットワーク全体にわたるチャンネル・パラメーターと名前のデフォルト・リセットもできます。セットアップ準備の柔軟性を高めるオフライン・エディターも備えています。

RockWorksの特長

  • RockNetのリモート・コントロール
  • あらゆるRockNetデバイス(コンソールIFを含む)との接続
  • 複数PC接続
  • インデペンデント・ゲイン
  • オフライン・エディター
  • 全ネットワーク・デバイスおよびルーティングの表示
  • レベル・メーター
  • イーサネット・トンネリング
  • マスター・リゾルブ機能
  • ネットワーク・アラーム・インジケーター
  • RockNetデバイスとチャンネルへのラベル付け
  • ネットワークのデフォルト・リセット
  • ステータス・インジケーター
  • スナップショット
  • チャンネル・パラメーターのリモート制御
  • 対応OS:WindowsおよびMac OS X