riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

RIEDEL『Bolero』ワイヤレス・インターカム,自動車レースの音声をBBC Radioのリスナーに伝える

ニュース一覧に戻る

2018-09-14

世界的なオープンホイール・カー・レース・シリーズの「BBC Radio」の放送でユニークな役割を果たしているのがRIEDEL『Bolero』ワイヤレス・インターカムと『Artist』デジタル・マトリクス・インターカム・システムです。『Bolero』の高音質を活用することで「USP Content」社の現地制作人員はベルトパックと外付けマイクを使ってヨーロッパ内外でのレースのラジオ放送向けに生のオンエア音声を転送しています。

この自動車レース・シリーズは一年のかなりの部分にわたっており,オーストラリアでのシリーズのスタートからアブダビでのフィニッシュまでの間に地球上を行ったり来たりします。ロンドンを本拠とするマルチプラットフォームの制作会社「USP Content」は,大人数の技術および制作スタッフをそれぞれの現地に派遣する必要なしに,また音質を犠牲にする必要なしに各レースの模様をBBC Radioのリスナーに届けるコスト効率の高い方法として,『Bolero』を手に入れました。

ヨーロッパ圏内でのレースの場合,USP Content社はBBC Radioのための自社プレゼンターをレース会場に送り込み,そこではRIEDEL『Artist 64』デジタル・マトリクス・インターカム・フレーム1台が管理されたMPLS(Multiprotocol Label Switching)回路を介してフランクフルトに,次いでVPNを介してロンドンにあるもう1台の『Artist』フレームに接続されます。プレゼンターたちはピットやサーキット周辺でのリモート・インタビューに『Bolero』を使用します。ヨーロッパ外のレース・イベントについては,プレゼンターたちはロンドンに留まり,『Bolero』機材と数名のスタッフのみが長旅に出ます。

「レーシング・シリーズの全イベントをカバーするために技術クルーを一人出張させることはBBCさんのような大手ラジオ局でも尻込みするような出費を要することになるでしょう」とUSP Content社フィールド・プロデューサーChessie Bent氏。「私たちはレース・サーキット全体をカバーする能率とコスト効率のもっと良い方法を探していましたが,リモート放送は複数ベンダーとソースからの機材を使うには挑戦的に過ぎました。しかし今ではRIEDEL『Bolero』が私たちの作業方法を完全に変えてしまいました──複雑なケーブル配線やライセンスの購入,アンテナの持ち運び,あるいは骨の折れる周波数調整をもう気に病む必要はありません。おまけに『Bolero』システムの素晴らしい音質がクリアな放送品質の音声をつねに確保してくれます」。

『Bolero』インターカムの使用はUSP Content社のクルーにとって大きな改善となっています。以前はBent氏と同氏のプレゼンターJennie Gow氏は複数ベンダーの高出力RFワイヤレス・システム並びに他の機材と共に物理的に持ち運ばなくてはならない面倒なアンテナに頼っていました。『Bolero』アンテナ1台でピットとレースのバックステージ・エリア全体をカバーできますので,Bent氏とGow氏は意のままに動き回ってインタビューするドライバーとセレブたちを捕まえることができます。『Bolero』ベルトパックと騒音遮断『MAX』ヘッドセットを身に付けたGow氏はONボタンを押すだけでインタビューを開始します。このベルトパックには高品質のインタビュー・マイクが使えると同時にGow氏がBent氏から『MAX』ヘッドセットを使って指示を受けられるようにY字ケーブルを接続してあります。

「『Bolero』のこの巧妙で独創的な使用方法は,どんなワークフローもサポートするその作り込まれた柔軟性の素晴らしいデモ事例であると言えます」とRiedel Communications社のモータースポーツ・ソリューション・スペシャリストJakob Stellbrinck。「使い易さとセットアップのシンプルさ,そして軽さによって『Bolero』はUSP ContentさんのBBC Radio向けリモート・リポートにとってゲームチェンジャーとなりました。優れた音質をもたらし,要求の厳しいレース環境での円滑で機動的な制作を確保することで『Bolero』はUSP Contentさんの期待以上に応えています」。