riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

フランス国会,RIEDEL『MediorNet』を用いた包括的信号/通信バックボーンを採用

ニュース一覧に戻る

2018-09-14

フランスの国会はRIEDELソリューションに基づく包括的な光ファイバー信号伝送通信バックボーンを設置しました。フランス国会は人民と立法を代理し,政府の行動を制御する同国の民主主義の中心にあります。

RIEDEL『MediorNet』リアルタイム・メディア・ネットワークがフランス国会のパリ施設全体にわたってリダンダントかつ分散化された信号ルーティングと伝送をもたらし,フランス国会のスタッフには『MediorNet』と緊密に一体化されたRIEDEL『Artist』デジタル・マトリクス・インターカム・システムと『Bolero』ワイヤレス・インターカムが明瞭で信頼できるコミュニケーションを提供します。

「RIEDEL『MediorNet』は,中央のルーター1台とサードパーティー製伝送および処理装置で組み立てられた信号伝送という伝統的なアプローチからの根本的な決別です。『MediorNet』の分散化アプローチにはリダンダンシーや柔軟性,そして私たちのニーズに応じてシステムを拡大できること等の大きな利点があります」とフランス国会の視聴覚システム技師Christian Castelli氏は語ります。「こう言った理由から『MediorNet』は私たちの複雑なメディア分配/通信要件に適う完璧な選択肢でした」。

この機敏なインフラは,この建物内外あらゆるところにある視聴覚端末との接続能力を含めたフランス国会の視聴覚マスター・コントロール・ルームの完全なアップグレードにおけるコア・コンポーネントでした。このバックボーンは新たな多席映像コントロール・ルームの拡張やさらには衛星委員会室の接続と共に発展を続けます。このRIEDEL『MediorNet』バックボーンは『MetroN』コア・ルーター4台,『MediorNet Modular』メインフレーム3台,『MicroN』高密度メディア・ディストリビューション・ネットワーク・デバイス30台以上,そして『MediorNet Compact』ステージボックス25台から構成されています。分散化コンフィギュレーションで配置された『MediorNet』コンポーネントが建物全体にわたってあらゆる視聴覚および通信信号のフルリダンダントな分配を確保します。

この強固なインターカム・システムはRIEDEL『RSP-2318 SmartPanel』多機能ユーザー・インターフェイスで制御される『Artist 128』メインフレーム1台で構成されます。この『Artist』メインフレームは全『Bolero』ワイヤレス・ベルトパックへのアクセス・ポイントをも提供します。

「当社の著名設置一覧にフランス国会さんのような名声のあるお客様をお迎えすることは名誉なことです」とRiedel Communications社のフランスおよびアフリカ担当ジェネラル・マネージャーFranck Berger。「今回の設置は,私たちの『MediorNet』分散化アプローチの利点を申し分なく強調してくれるRIEDELにとって素晴らしい導入例となります。私たちはフランス国会の信号伝送,ルーティング,処理,そして通信のあらゆる要件を単一のインフラストラクチャーで扱うというRIEDELと『MediorNet』が果たしている重要な役割を誇りに思います」。