riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

スロヴァキア Markíza 社の新 OB バン,『MediorNet』を採用

ニュース一覧に戻る

原文公開:2017-07-04

Broadcast Solutions 社によって設計・製造された新しいバンはスロヴァキアの放送局のライブ制作向け HD 能力を高めています。

ヨーロッパで最先端を行く放送制作サービス/ソリューションのプロバイダーの1つ「Broadcast Solutions」社は,RIEDEL『MediorNet』リアルタイム・メディア・ネットワークを,スロヴァキアの大手テレビ・ネットワーク「Televízia Markíza」社に委託された最新 HD OB バン「Alphaline A12」に搭載しました。RIEDEL『Artist』デジタル・マトリクス・インターカム・ソリューションと共に動作する『MediorNet』は Televízia Markíza 社のスポーツ/エンターテインメント生番組放送ラインナップを支える分散化リダンダント通信/信号ルーティング・バックボーンとなります。

「『MediorNet』の分散化ルーティング・アプローチは生放送に最適です。これは故障発生箇所を減らすだけではなく,物理的な入出力を必要なところの近くに配置することで銅線も減らしながら,ものごとをシンプルに,そしてより効率よくしてくれます」と Broadcast Solutions 社 CTO の Rainer Kampe 氏は言います。「Alphaline A12 は『MediorNet』を当社で初めて OB に採用したもので,Televízia Markíza さんが必要とする無敵のコミュニケーション能力をお届けするための適切な選択を行ったと確信しています」。

Alphaline A12 は Televízia Markíza の人気リアリティー・ショー《Let’s Dance》のような制作で 14 台以上のカメラをサポートでき,このネットワークのスタジオ番組に不可欠なバックアップ・サポートも提供できます。Broadcast Solutions 社はスロヴァキアのシステム・インテグレーター「ELEKTRONIKA」と協力して,『MetroN』コア・ルーター1台,『MicroN』高密度メディア・ディストリビューション・ネットワーク・デバイス 16 台,『MediorNet Compact』ステージボックス4台からなるこのバンの『MediorNet』ネットワークの設計と設置を行いました。14 基のキーパネルを備えた『Artist 128』インターカム・システムが柔軟な高品質コミュニケーションを実現します。

「Alphaline A12 は当社の制作能力のミッシングリンクでした。というのもこれによって当社の全生番組をフル HD で撮影できるようになったからです。『MediorNet』と『Artist』のような最新鋭のシステムを持つこの新しいバンは,新規視聴者を集めてマーケット・シェアを維持するという現在進行中の使命に欠くべからざる要素となっています」と Televízia Markíza 社ジェネラル・ディレクター Mattias Settele 氏は語ります。「RIEDEL のソリューションは要求の厳しいライブ制作であっても高品質出力と信頼性の完璧なブレンドをもたらしてくれます」。

「Alphaline A12 で私たちは『MediorNet』を OB に初めて用いました。最も汎用的な OB バンを得るために利用可能な最良のソリューションを手にしようと決断したのです」と Televízia Markíza 社テクニカル・ディレクター Zdenko Ryšavý 氏。「これで Televízia Markíza は本国と欧州の OB 市場において将来も成長してゆくための完璧な位置を占めることができました」。