riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

Telegenic 社,MediorNet を採用

ニュース一覧に戻る

原文公開:2017-05-09

《American golf》の中継をヨーロッパの視聴者に届けるのにRIEDEL『MediorNet』リアルタイム信号伝送/処理/ルーティング・ネットワークが一役買っています。

メイン・オフィスを英国にそして新たな米国オフィスをアトランタに持つ大手 OB(スタジオ外放送)制作会社「Telegenic」は放送に必要なリダンダント分散化信号ルーティング/伝送インフラストラクチャーを提供するために『MediorNet』を選択しました。

「『VSM』ハードウェア/バーチャル・パネルで制御される『MediorNet』は技術と制作のクルーに今までなかったような柔軟性を提供します。様々な個々の機材で信号の出入りをルーティングしないで済むこのオールインワン・アプローチはセットアップを劇的にシンプルにしてくれます」と Telegenic 社米国事業監督 Andrew Wisniewski 氏は語ります。「RIEDEL のネットワーク・ベースの設計のおかげでトラックの接続やリソースの共有がはるかに簡単で分かり易いものになります」。

HD 映像や様々な音声信号の伝送を容易にするために Telegenic の現場の『MediorNet』ネットワークは『MediorNet MetroN』コア・ルーター1台,『MicroN』高密度メディア・ディストリビューション・ネットワーク・デバイス 10 台,『MediorNet Compact Pro』メインフレーム4台から構成されています。これは RIEDEL の新たな『MediorNet MultiViewer』ソフトウェア・アプリケーションの北米初の使用でもあります。2台の『MicroN』上で動作するこのアプリは最高 18 の映像信号で4つのマルチビューワー・スクリーンを作る強固なマルチビューイング能力を持ちます。マルチビューワー信号はローカルに用いたり,あるいは任意の『MediorNet』ノードから再度分配できます。この統合ソリューションは『MediorNet』バックボーンの上に乗る RIEDEL『RockNet 300』リアルタイム・オーディオ・ディストリビューション・ネットワークも含みます。

「複数のフォーマットや低遅延の SRC,そして豊富な MADI によって,十分に相互運用が可能な音声が得られます」と英国 Telegenic 社の音声部門長Simon ‘Foz’ Foster 氏は言います。「『MediorNet』システムと『RockNet』システムを Telegenic のプロジェクトに組み込むのはシンプルかつ効果的なプロセスでした」。

各ゴルフコースでは『MediorNet』コンポーネントはどれも 10 Gbps の光ファイバー・ネットワーク1つにつながれて分散化ルーティング・マトリクスを形作ります。システム内の WDM マルチプレクサーによって,RIEDEL『MediorNet Compact Pro』のために必要な光ファイバー接続の数はシングルモードのコア6つからわずか2つに低減されました。『MediorNet』の自動信号再ルーティング能力のおかげで,Telegenic のチームはわずか4つのコアで光ファイバーのフルリダンダンシーを作ることができました。

1台の『MediorNet Compact Pro』がインタラクティブな選手インタビューやコース周辺からの分析が簡単に行える大型の高輝度モバイル・タッチスクリーン・システムに信号を提供し,現地スタジオやホスト OB トラックへの信号伝送は他の『MediorNet』ノードが取り扱います。

「どんな規模・複雑さであっても高品質サービスとフェイルセーフな野外中継を 30 年来行ってきたことへの評判も高い Telegenic さんとご一緒に仕事ができて誇りに思います」と Riedel Communications 英国担当セールス・ディレクター Paul Rivens。「Telegenic さんがゴルフ中継放送に『MediorNet』をお選びくださったことは分散化ルーティングという私どものコンセプトがまた1つ認められたことになります」。