独「Chefrock Studios」,すべての部屋にPMCモニターを装備して開設

原文掲載:2017-10-24

pmc-2017-10-24.jpg

PMCは,先頃オープンしたChefrock Studiosの3つの部屋すべてに素晴らしい自社製品がインストールされましたので,ハンブルクにおいてハットトリックを達成したことになります。

この施設のメイン・コントロール・ルームと第2コントロール・ルームはどちらもPMC『IB2S』モニターを備え,小さめの第3のスタジオ/ライティング・ルームにはPMC『AML2』モニターの1ペアと『SB100』サブウーファー1台があります。

「ここのPMCはどれも素晴らしいサウンドです」と,制作上の相棒Peter Keller氏と共にChefrock Studiosのセットアップを行ったTilmann Ilse氏は語ります。「PMCを初めて聴いたのは何年も前,ベルギーのGalaxy Studiosでしたが,そのサウンドにぶっ飛んでしまいました。2013年になって『AML2』と『SB100』のセットアップを購入するまで,私は自分自身用のPMCを手に入れることはありませんでした。このスピーカーは今はここのライティング・ルームにあります。このスピーカーのサウンドは素晴らしく,当時私が持っていた部屋にとって完璧でした。Chefrock Studiosのセットアップを行った際,私たちは特にメイン・コントロール・ルームにはもう少し大きいものが必要なことに気が付きました。そこで私たちはウォールマウントの『IB2』を選んだのです。このスピーカーは優れたイメージングを持ち,歪はなく,音色のクリアさ,どんなレベルでも,たとえ低レベルであっても変わらないサウンドがあります。アドバンスト・トランスミッション・ラインのおかげでサブウーファーを追加する必要はありません」。

ハンブルク=アルトナに位置し,この街の有名なレーパーバーンも近い「Chefrock Studios」は古い工業ビルディングの最上階に収まったプロ用の施設です。Studio Magazineのオーナーで主筆のFritz Fey氏によって設計されたChefrock StudiosにはアナログのNeumannコンソールと数多のアナログ・アウトボード機材を備えたメイン・コントロール・ルームがあります。ここには大きなレコーディング・ルームとボーカル・ブースとクライアント用のラウンジも入っています。

「ここは最新鋭の防音技術を用いて新しく作られ,アコースティクスには一切の妥協を排しました」とIlse氏。「どの部屋も自然な昼光が入り,街の眺めが良い20メートルのバルコニーもあります」。

Ilse氏は必要不可欠なものに関しては氏のPMC『IB2』モニターがトップに来ることを明かしました。というのもこのモニターによってミキシングが楽に,そして速く行えるようになるからです。

「このスピーカーはミックスごとに数時間節約してくれます。聴いているものがそのまま手に入りますから」と氏は説きます。「この大きさのモニターは贅沢な製品であると考える人もいるでしょうが,私にとってこのような優れた質のものを持つことはどうしても必要なことです。これは周波数スペクトル全体をカバーしますので,サブウーファーを追加する必要のないフルレンジのシステムです。私はこのモニターが大好きですし,PMCが作った最高の製品だと考えています。このスピーカーの出すサウンドの鍵となるのは10インチのフラット・ピストン・ドライバーで,これは極めて歪の少ないサウンドや非常に正確なセンターと素晴らしいステレオ・イメージをもたらしてくれます。もっと重要なのは,ごく低い音量で聴いてもサウンドが変わらないことです。PMCの『IB2』モニターならば,I know exactly what今聴いているものを正確に理解することができ,当て推量する必要がありません」。

Chefrock Studiosはプロデューサー/エンジニアのデュオとして仕事を共にし,自身のプロ用スタジオを開くということを長年夢見てきたIlseとKellerの両氏が成し遂げた大きな作品であることは確かです。

「私たちは何年も良い場所を探していましたが,適切なものを見つけられませんでした」とTilmann Ilse氏は言います。「私たちが見てきたところは,高価過ぎたり,ここじゃないというような場所にあったり,部屋の中に部屋を作る構造にするには重量に耐えられないといったものばかりでした」。

その頃Peter Keller氏は小さなスタジオを所有しており,そこで両人は仕事の大半を行っていました。氏のスタジオの上の階が売りに出たとき,IlseとKellerの両氏は理想的なロケーションであると判断してそこを引き続いだのでした。Chefrock Studiosはその結果であり,同所は今ではハンブルクにある最大のレコーディング/ミキシング・スタジオの1つとなりました。

「今は音楽ビジネスにとってつらいときであることは分かっています。しかし人々はどんなときも音楽を聴きたいと思っていますから,音楽を良い音で鳴らせたいのであれば音楽は素晴らしい音のする部屋で録音される必要があります」とIlse氏。「私たちのゴールは可能な限り良い部屋を作ることでした。まさにそのことをやり遂げたのです。このスタジオのサウンドは信じられないほど素晴らしいですから。この投資を行う決断を下す前にかなり考えました。私たちは機材の大半をすでに持っていましたので,最大の出費は建築とアコースティクスのコストでした。その結果,クライアントさんたちの費用は低めに抑えることができています」。

この夏の終わりのChefrock Studiosの開業以来,IlseとKellerの両氏は偶然にも3つの異なるロケーションでPMCモニターを用いて録音,編集,ミックスされたPeter MaffayのMTV Unplugged DVDの作業を行ってきました。両人はMPGアウォーズを獲得したプロデューサー/エンジニアのSylvia Massyのためにミックス・セッションも行っており,そしてすぐにPeter Maffay作の緑色をした架空のドラゴン《Tabaluga》に基づく子供向けのアニメ映画用のサウンド作りを開始することになっています。

「このプロジェクトは1980年代から存在していて,現在までに数百万枚のレコードが売れています」とIlse氏。「しかし映画が作られるのは今回が初めてで,Wisseloord StudiosでのAuro 3D 9.1セットアップのPMCスピーカーを用いてミックスされることになっています」。

写真:Chefrock StudioのPeter Keller氏とTillmann Ilse氏

【ニュース一覧ページに戻る】


pmc_logo_blk.gifプロフェッショナル製品 日本総代理店 otaritec_logo+kabu_bw.gif

 

pmc-speakers.com
www.otaritec.co.jp

Original English Contents Copyright © PMC | Japanese Contents Copyright © OTARITEC Corp. | All rights reserved.