PMCスピーカー,英国サルフォード大学の学生たちに絶対的にクリアなサウンドを提供

原文掲載:2017-05-02

pmc-2017-05-02.jpg

サルフォード大学の音楽学生たちは同大学の「New Adelphi」ビルディング内の6つのスタジオの3つに設置されたPMCモニターを用いて自身のレコーディング・スキルに磨きをかけることができるようになりました。

5500万ポンドをかけて建築された「New Adelphi」芸術&メディア・ビルディングは英国に新築された最大のスタジオ・コンプレックスの1つです。この場所は同学の創造性の本拠地となり,音楽やポストプロダクション業界でのキャリアに進むと遭遇するであろう最新鋭の設備と機材へのアクセスを学生たちに提供します。

スタジオ4と5のコントロール・ルームにPMC『IB2S-A』モニターが設置され,コントロール・ルームがより大きいスタジオ2には同学はPMC『IB2S XBD-A』システムの伸びたレスポンスを選択しました。

サルフォード大学芸術&メディア学校の技術マネージャーAndrew Davison氏は次のように語ります:「これらのスペースにPMCモニタリングを使用するという決断を下せば,スピーカー・モデルの選択は主に各部屋にとってどれが最も適切かということに基づくことになります。以前のスタジオでPMC『IB2』スピーカーを使っており,それらの評価はとても高かったですので,デジタルの『IB2S-A』スピーカーを選ぶのはかなり当然の流れでした」。

Davison氏はPMCがもたらす音質こそこのスピーカーが選ばれた重要な理由だったと言い添えます。設置後,最高の性能を確実に引き出すために同学はPMCが提供するキャリブレーション・サービスを利用しました。

「このサービスは非常に価値のあるもので,コントロール・ルームと現場でのスピーカーのパフォーマンスの査定をしてもらったのはとても良かったです」とDavison氏。「キャリブレーション後のこのスピーカーが生み出す音声のクリアさは本当に素晴らしいものです。平坦なレスポンスと豊かなサウンドは『IB2S-A』スピーカー自身からのものも実に卓越したものです。当校のスタジオはそれぞれに第2のニアフィールド・モニタリングを持つという贅沢なことを行っています。スピーカーはそれだけで優れたものですがPMCのユニットは確かに別の水準にあります」。

New Adelphiビルディング内のスタジオは去年の9月に段階的にスタートしていましたが,今では全館が稼動しました。このビルディング内の他の施設としては,絵画スタジオや写真スタジオ,工業機械を備えた工房,声優と俳優用のスタジオ,大きなアンサンブル用の部屋,300席の劇場,スタジオ・シアター,ダンス・スタジオ,リハーサル室があります。

「初めてNew Adelphiプロジェクトによって広範な学科が1つにまとまりました」とDavison氏が説明します。「このビルディングはまさにパフォーマンスのための場所であり,このような沢山の実習をサポートすることは至難の業なのですよ」。

クリエイティブ・ミュージック・テクノロジー&ポピュラー・ミュージック/レコーディング・コースの学生たちが取り組む課題範囲は多岐にわたります。ある日はボーカルを録音し,また別の日にはソロ・ギターやヘビーメタル・バンドのサウンドを収録しているというようなこともあり得ます。

「当校のレコーディング・コースはジャンルについてはわざと中立的になっており,それ独自の価値に基づいて評価されますから,レコーディング・スタジオではほぼどんな種類の音楽でもあり得るのです」とDavison氏。「6つのスタジオはどれも同じデジタル・インフラを使用するように設計されていますので,学生たちはこのセットアップに慣れることができますが,ライブ・ルームやブースやアウトボード機材や楽器やメインのモニターの構成には変化を付けてあります。私たちの主な狙いはアカデミックな優秀さを伸ばし,学生の就業機会を高めるような環境を作ることにあります」。

【ニュース一覧ページに戻る】


pmc_logo_blk.gifプロフェッショナル製品 日本総代理店 otaritec_logo+kabu_bw.gif

 

pmc-speakers.com
www.otaritec.co.jp

Original English Contents Copyright © PMC | Japanese Contents Copyright © OTARITEC Corp. | All rights reserved.