トップへ戻るhome
OTARI_LOGOLWB_LOGO

LWB サポート情報:ファームウェア/ソフトウェア・ダウンロード

最終更新:2016 年 12 月 9 日

LWB システム用ファームウェアならびにコントロール GUI ソフトウェア LwcV2 の最新バージョンをダウンロードいただけます。

最新リリース・ノート

LWB Commentary Box Program Ver.B/ Audio Box Program Ver.A リリースノート(約 578 KB。発行:2016-12-06)
LwcV2 Ver.2.4.4 リリースノート(約 673 KB。発行:2016-05-16)
LWB ファームウェア Ver.3.6.3 / ADS ファームウェア Ver.1.4.2 リリースノート(約 675 KB。発行:2016-10-12)

参考:過去のリリース・ノートが必要な場合は弊社の担当者までお問い合わせください。または【こちら】までご連絡ください

LWB/ADS システム用ファームウェア最新版

PGE1122C.ZIP:LWB Firmware Ver.3.6.3(約 258 KB。公開:2016-10-12)
PGE0522G.ZIP:ADS Firmware Ver.1.4.2(約 239 KB。公開:2016-10-12)
上記リンクをクリックしてダウンロードした後,解凍してください。
ZIP ファイルは通常,解凍ツールをインストールしていなくても解凍することができます。

ファームウェアをダウンロードしたあとのアップデート手順については LwcV2 取扱説明書の「§3.5 ファームウェアの更新」を参考にしてください。サポートが必要な場合は弊社の担当者までお問い合わせください。

LWB/ADS コントロール GUI ソフトウェア LwcV2 最新版(公開:2016-05-16)


重要!
・ドングルについて:
 LwcV2 Ver.2.3.1 より,コントロール・モードにする場合に必要なドングルが新しいタイプへと変更されています。従来のドングルを使用する場合には,従来のドングル用ドライバー・ソフトウェアが必要になりますのでご注意ください(LwcV2 Ver.2.3.1 から当該ドライバーのインストーラーを起動することができます。詳細は「LWB コメンタリー&コミュニケーション・システム用コントロール・ソフトウェア ユーザー・マニュアル 第3.3 版(以降):9 ページ ■ 旧タイプ・ドングル用ドライバーのインストール」を参照してください)。

・設定ファイルの「保存」と「開く」について:
 LwcV2 Ver.2.3.0 より,設定ファイルの形式が“LwcV2 V230”と“LwcV2 [legacy format]”の 2 種類となりました(拡張子は共に CSV)。前者の形式で保存されたファイルを Ver.2.2.1 以前のバージョンで開くことはできませんのでご注意ください(詳細は「LWB コメンタリー&コミュニケーション・システム用コントロール・ソフトウェア ユーザー・マニュアル第 3.3 版(以降):14 ページ 3.1.3 設定ファイルを保存する」を参照してください)。

LwcV2 Setup.msi:LwcV2 Ver.2.4.4(32 ビット OS 用。約 20.2 MB)
LwcV2 Setup (x64).msi:LwcV2 Ver.2.4.4(64 ビット OS 用。約 21.0 MB)



PC 要件:Windows Vista / Windows 7 / Windows 8/8.1 / Windows 10。ただし,すべての環境においての動作を保証するものではありませんので予めご了承ください。Windows XP については,マイクロソフト社のサポートが終了しておりますので動作保証外といたします。
LwcV2 のアップデート手順については同ソフトウェアの取扱説明書をご覧ください。


 
 

Ver.2 モードを含むファームウェアの最終版(MADI モジュール,GPI モジュール,オーディオ・ボックス非対応)はこちらになります:
PGC5522P.ZIP:Firmware Ver.3.1.2/2.2.5(約 233 KB)