トップへ戻るhome
OTARI_LOGOLWB_LOGO

ADS-72 Audio Distribution System

ADS-72

『ADS-72』は LWB シリーズの豊富な I/O モジュールを組み合わせて音声信号のフォーマット変換や分配を柔軟に行うスタンドアローン・システムです。
信号のルーティングは本体前面パネルでの操作で行うことができ,オプションの LWB システム用コントロール/モニター GUI ソフトウェア Lightwinder Commander V2(Lwc V2)を用いても行うことができます。
LWB と同等のマトリクス機能を有していますのでクロスポイントマッピングも自由に設定可能。もちろん COMM. モジュールや MADI I/F モジュールにも対応。スタンドアローンのコメンタリー I/O や MADI ルーターとしても使用可能です。

主な特長

  • ベースユニット:3U ラック・マウント型ユニット(モジュール・スロット数= 9)
  • 多機能/拡張性:LWB シリーズのカード/モジュール資産を利用。一般的な音声入出力以外にインターカム入出力(2W/4W)と LWB コメンタリー&コミュニケーション・システムに対応
  • 電源の二重化:2 台の PSU を内蔵.アラーム用接点出力も装備
  • 様々な現場に対応:LWB 用 GUI コントロール・ソフトウェア Lwc V2 を使った集中管理や LwcV2(PC)を必要としないターンキー・システム(ユニット本体のみで簡単に設定可能)運用が可能。また,モニター用ヘッドホン端子,エラー表示など現場での作業を容易にする機能を搭載

外観と搭載可能な入出力モジュール

フロント接続タイプ・モジュールを用いた構成例
ADS-72 のモジュール構成例(フロント接続タイプのモジュールを使用)  ADS-72 のモジュール構成例(リア接続タイプのモジュールを使用)

MIC IN[CB-7AZC, XLR, 4ch]LINE IN[CB-7AXC, XLR, 4ch]
AES3id IN[CB-7BAC, BNC, 4ch]LINE OUT[CB-7AYC, XLR, 4ch]
AES3id OUT[CB-7BBC, BNC, 4ch]AES3 IN/OUT[CB-7BRC, XLR, 2ch/2ch]
4W INTERCOM[CB-7BNC, XLR, 2ch]COMM.[CB-7BXA, EtherCon]

リア接続タイプ・モジュールを用いた構成例
ADS-72 のモジュール構成例(リア接続タイプのモジュールを使用)  ADS-72 のモジュール構成例(リア接続タイプのモジュールを使用)

LINE IN[CB-79JA, D-sub 25, 8ch]MIC IN[CB-79LA, D-sub 25, 4ch]
AES3 IN[CB-79MB, D-sub 25, 8ch]AES3id IN[CB-79MA, BNC, 8ch]
LINE OUT[CB-79KA, D-sub 25, 8ch]AES3 OUT[CB-79NB, D-sub 25, 8ch]
AES3id OUT[CB-79NA, BNC, 8ch]AES3 IN/OUT[CB-7BSB, D-sub 25, 4ch/4ch]
AES3id IN/OUT[CB-7BSA, BNC, 4ch/4ch]2W INTERCOM[CB-79PA, Single Ch, XLR+D-sub 25, 2ch]
2W INTERCOM[CB-7BMB, Dual/Single Ch, XLR+D-sub 25, 2ch]4W INTERCOM[CB-7BPA, D-sub 25, 2ch]
COMM.[CB-7BYA, EtherCon]MADI IF.[CB-7CMA, Multi mode]
MADI IF.[CB-7CMB, Rear Single mode]

リア・パネルの向かって左側の 2 のスロットはシステムが使用します。

主な仕様

  • 最大アナログ音声チャンネル数:72
  • 音声入出力モジュール用スロット数:9
  • 消費電力:1.6 〜 0.6 A
  • 重量(本体のみ,モジュール無し):5.95 kg
  • 寸法(W × H × D):482 × 132 × 330 mm
  • システムチャンネル数:256(fs 48 kHz)または128(fs 96 kHz).インターカムチャンネルを含む
  • サンプリング周波数,量子化数:96 kHz,48 kHz / 24 ビット
  • 外部同期:BNC × 2.48/96 kHz ワードクロック,48/96 kHz AES3id 基準クロック,ビデオブラックバースト
  • ヘッドホン出力:1/4” ステレオフォーンジャック× 1
  • ホスト接続(PC 接続) シリアル(USB コネクターを使用)
  • 電源:AC 100 〜 240 V,単相50/60 Hz.2 系統のAC 電源ケーブルによる入力
  • 動作環境(温度):-10 〜 +50 °C(コメンタリーシステム使用時は+40 °C まで.コールドスタート時は 0°C 以上.直射日光を避けること)

仕様等は予告無く変更される場合がありますので予めご了承ください。