Video Processing & Core Infrastructure

V__pro8 — The complete 8 channel video processing toolkit.

Closing the gap between video and audio.

v-pro8.jpg

概念的には『V__pro 8』(V line pro eight と読みます)は橋渡し役に似ています。『V__pro8』は放送向け制作のワークフローに通常は必要とされる重要機能すべてを備えたコンパクトなフルデジタルの8チャンネル・ビデオ・プロセッサーです。映像および音声管理を1つのツール内に組み合わせることでスペースとワイヤリングとコストを抑えつつ最大限の効率と安全な運用を保証します。

v-pro8b.jpg

異なる信号世界の完璧な同期のために
『V__pro8』は異なる映像フォーマットの信号や音声と映像間を結び合わせる申し分の無いツールです。高品質の多フォーマット変換や色補正やエンベディング/ディエンベディングを備えることで『V__pro8』は,映像フォーマット間で橋渡しするコンパクトで強力なビデオ・プロセッサーとなっています。RAVENNA や MADI のような最新の高密度音声接続はスタジオのインフラ内に映像から音声への架け橋となります。『V__pro8』は柔軟なマトリクス・システムとして機能します:8×8 映像マトリクスと 384×384 音声マトリクスのおかげで,任意の信号を他の任意の信号にルーティングできます。HTML5 ベースの最新 GUI は日常の作業で取り扱いの非常に楽なインターフェイスです。

『V__pro8』は次のように動作します:ユーザー・プリファレンスに基づいて8基の高品質 3G SDI ディエンベッダーが同数のエンベッダーが結合された8つの映像信号となり,これによって新規音声信号を映像信号にエンベッドしながら映像素材からいくつもの音声信号を使えるようになります。MADI 接続機能のおかげで,このような多数の音声信号の取り扱いも容易になります。さらに,エンベッダー内のサンプル・レート・コンバーターが音声と映像の間の異なる「リファレンス世界」を実現します──シンプルで信頼性が高く効率的なソリューションです。

ビデオ処理用の強力なツール

オプション機能

直感的に使えるコントロール類
革新的な機能はユーザーフレンドリーなコントロール類と組み合わされて初めて役に立ちます。『V__pro8』は制御するための便利な方法を3つ用意しています:

ウェブ GUI
『V__pro8』はウェブ・ブラウザー内で直接動作する HTML 5 ベースの分かり易いタッチスクリーン・インターフェイスを使って設定できます。ソフトウェアをインストールすることは不要です。そのため,ユーザーの方は最先端のユーザー・ガイダンスだけではなくエレガントなアニメーションや GUI 上での映像チャンネルのプリビューのような多数の実用的な機能といった恩恵を受けることができます。さらに,このウェブベースのアプローチによってユーザーはネットワーク内の任意の地点からあらゆる『V__line』デバイスにアクセスできます──これは大規模なセットアップや長い接続ケーブルを使用する屋外中継制作で特に便利な機能です。

Ember+ 制御
『V__pro8』は Ember+ プロトコルをサポートしており,BFE の KSC や Axon の Cerebrum やLAWO の『Virtual Studio Manager』のような外部マスター制御システムによって本機を制御することが可能になっています。このためオペレーターの方は1つに統合されたインターフェイスを使って複数のデバイス・パラメーターや放送設定の他のルーティング・パラメーターに簡単にアクセスできます。さらに,『VSM』のデスクトップ環境内で『V__pro8』のサムネイルとピーク・メーターを見ることができます。

『V__fp1』フロント・パネル
ウェブ GUI に加えて,『V__pro8』はスイッチ・パネルおよびショット・ボックス機能を含む直接的な設定と操作を行うために別売の『V__fp 1』ハードウェア・コントロール・パネルを取り付けることができます。このパネルは設定メニューやビデオ・ソースのリアルタイム表示のための高解像度 OLED カラー・ディスプレイを装備しています。大径ロータリー・エンコーダーと Return/Cancel ボタンの組み合わせによって現地での素早く簡単な設定が可能になります。この他に『V__fp 1』のユーザー・インターフェイスにはソース切替用の 10 個の選択ボタン,フロント・パネルのヘッドフォン・コネクター,コンフィギュレーションのセーブとロード用の USB ポートがあります。

主な機能

v-pro8c.png

仕様

映像インターフェイス

音声インターフェイス

メタデータ

ATC(LTC. VITC1,VITC2)SMPTE12M-2,Binary group data
SMPTE 309,AFD SMPTE2016,Closed-Caption SMPTE334,VBI data services/DTV descr. SMPTE334,Source-ID OBSspecial,Dolby E® Meta data SMPTE2020,ANSI/SCTE 104
SMPTE2010,DVB/SCTE VBI SMPTE2031,Teletext OP-47
(これ以外にも求めに応じます)

IP インターフェイス

処理

制御と監視

電源

環境データ

筐体機構

仕様は予告なく変更されることがあります。

v-pro8d.png