Video Processing & Core Infrastructure

V__link4 — All-in-one Video-over-IP solution

V__link 4 ── プロダクション・クオリティの Video-over-IP ネットワーク構築手段

v-link4.jpg

『V__link 4』は映像素材に関する様々な要求に応えるワンボックス・ソリューションとなるように設計されており,Video-over-IP コーディングからテストや処理用ツールまで多岐にわたる機能を内蔵しています。それらはどれも貴重なラックスペースと設定時間と制作費を節約しつつ放送用途の柔軟性を高めるようなツールを提供する,という目的のためにデザインされたものです。バーチャル・ケーブリング機能を備えた『V__link4』は IP インフラの利点と経費節減を,そして優れた柔軟性と拡張性を即座にもたらします。

v-link4b.jpg

信号提供とリモート制作:明日のビジョンを今日実現するために
今日の IP ネットワーク技術の高性能化と成熟のおかげで Video-over-IP,Audio-over-IP,Control-over-IP は多くの用途で選ばれるようになりました。放送制作の発展における次の大きなステップの1つと見做されるようになってきたリモート・ライブ制作では,IP は基本的な要求事項となりつつあります。現場からスタジオへの信頼性のある,低レイテンシーの高品質映像を手頃なコストで獲得することは,このためには絶対に必要です。しかしステージボックスやスタジアムから OB トラックや国際放送センターへの映像送りのような「古典的な」用途でも,IP テクノロジーは経済的かつ運用面の長所を提供してくれます。
LAWO『V__link4』は今日の IP ベースの放送制作が描くビジョンを実現するための理想的なツールで,1系統の双方向4チャンネル Video-over-IP インターフェイス,4系統のローカルな SDI 入出力を放送用映像・音声の制作に通常必要な処理ツール全般と一体化させています。

『V__link4』の主な特長

*)オプション機能

Video-over-IP による映像提供
LAWO『V__link4』は外部映像装置に接続するために 3G/HD/SD SDI 入力を4系統と 3G/HD/SD SDI 出力を4系統備えます。本機はこれらの信号を IP ストリームに変換するように(その逆も)設計されており,このようなストリームを標準的な Layer 3 IP LAN や WAN を介して伝送できます。『V__link4』は低遅延モニタリング用途での MJPEG でのローカルな制作や並行するエンコーディングのために RAW または VC-2(DiracPro)での並列エンコーディングとデコーディングが可能です。この IP ベースのアプローチのおかげで設定用ソフトウェアや LAWO『VSM』等の外部マスター制御システムを使って信号ルーティングを楽に行えます。全機材がネットワークに接続されている限り物理的なつなぎ替えは不要です。本機はマルチキャスト能力を有するリアルタイム・ネットワーク技術に基づいていますのでネットワーク内の複数出力への信号伝送も簡単です。
『V__link4』の4つのコーディング・エンジンは画質と信号伝送の信頼性に対する最高度の要求に応えられるように設計されています。ヒットレス・マージ・スイッチングおよび頑強な J2K CODEC を備えたポート・リダンダンシーによって信号の可用性と質が確保されます。画質,レイテンシー,帯域幅を勘案した最適レシオになるように IP 映像ストリームのフォーマットと質を個別に設定できます。6つのイーサネット・ポートは1つの内部スイッチに接続されていて,カメラ制御や RAVENNA ストリームあるいはオフィスやインターネットの IP トラフィックのような 10GBit の IP トラフィックを素通りさせることが可能です。

サポートする映像伝送モード:

*)オプション機能
**)FECなし

サポートする音声伝送モード:

IP 信号ルーティングのための統一コントロール
『V__link4』と『V__remote4』は LAWO の放送制御/監視システム『VSM』によって管理されますので,『V__line』の全映像ストリームと Audio-to-IP インターフェイス『A__line』からの音声ストリームを統一された制御 GUI から手軽に管理できます。『VSM』では標準的なルーター制御パネルのように動作するルーティング機能を使って映像/音声ストリームを直感的にセットアップすることができます。『VSM』システムは IP ネットワークの複雑さをユーザーから隠して,すぐに分かるような長所を提供します:実際のケーブルには触れずに再構成を行うこと,ストリームを設定すること,そしてパラメーターを制御すること,これらはすべてマウスのクリックやタッチスクリーンのコントロールを使って行います。さらに,『VSM』システムではハードウェア・コントロール・パネルも多種取りそろえています。

映像収集用のパワフルなツール

オプション機能

直感的に行えるデバイス設定

v-link4c.png

V__link 4 仕様

  • 映像信号入出力:BNC コネクターを介する 3G/HD/SD-SDI 入力×4,BNC コネクターを介する 3G/HD/SD-SDI 出力×4,BNC コネクターを介する 3G/1080i MV/QS 出力×1,DisplayPort(ローカルな MV/QS モニタリング用)×1
  • 映像基準信号入出力:BNC コネクターを介する BB/Tri-Level 入力,Loop thru 出力,BB/Tri-Level 出力.IP
  • 映像規格:
    2.97Gbps 映像規格(1080p):
    1080p 60Hz SMPTE-424M, 425M Level A & Level B
    1080p 59.94Hz SMPTE-424M, 425M Level A & Level B
    1080p 50Hz SMPTE-424M, 425M Level A & Level B
    1.485Gbps 映像規格(HD):
    1080i 60Hz SMPTE-274M(4),-292M(D)
    1080i 59.94Hz SMPTE-274M(5),-292M(E)
    1080i 50Hz SMPTE-274M(6),-292M(F)
    1080p 30/29.97/25/24/23.976sf
    1080p 30Hz SMPTE-274M(7)-292M(G)
    1080p 29.97Hz SMPTE-274M(8)-292M(H)
    1080p 25Hz SMPTE-274M(9)-292M(I)
    1080p 24Hz SMPTE-274M(10)-292M(J)
    1080p 23.976Hz SMPTE-274M(11)-292M(K)
    720p 60Hz SMPTE-296M(1),-292M(L)
    720p 59.94Hz SMPTE-296M(2),-292M(M)
    720p 50Hz SMPTE-296M(2),-292M(M)
    270Mbps 映像規格(SD):
    576i 16:9 and 4:3 SMPTE-259M(C)
    480i 16:9 and 4:3 SMPTE-259M(C)
  • 映像基準:Analog Genlock High definition tri-level sync SMPTE-274M/296M または SD 1V BB SMPTE-170M/318M または SDI または IP-VidStream,IEEE1588 PTPv2+VideRef(RV または SMPTE2059*)             *)将来のソフトウェア・リリース
  • リターン・ロス:SD > 15 dB,HD > 15 dB,3G-HD > 15 dB(5 MHz〜1.485 GHz),> 10 dB(1.485 GHz〜2.97 GHz)
  • ケーブル長(Belden1694A 使用):SD < 350 m,HD < 180 m,3G-HD < 120 m
  • 映像解像度:10ビット 4.2.2
  • 音声信号入出力:前面 LC コネクターを介する MADI/AES10 オプティカル入出力×2(リダンダント・モード選択可).BNC コネクターを介する SDI エンベデッド・オーディオ,イーサネット
  • 音声基準信号入出力:BNC コネクターを介する BB/Tri-Level 入力,WordCLK 入力.BNC コネクターを介する WordCLK 出力
  • 音声規格:SMPTE 299/48,MADI/AES10,RAVENNA/AES67
  • 音声解像度:24 ビット
  • ATC(LTC.VITC1,VITC2)SMPTE12M-2,Binary group data SMPTE 309,AFD SMPTE2016,Closed-Caption SMPTE334,VBI data services/DTV descr. SMPTE334,Source-ID OBSspecial,Dolby E® Meta data SMPTE2020,ANSI/SCTE 104 SMPTE2010,DVB/SCTE VBI SMPTE2031,Teletext OP-47,User App ID DID C1&C4(Y-HANC)(これ以外も要求に応じます)
  • ギガビット・イーサネット:RJ45 100/1000Base-T×4,POE×2,2+2 リダンダント動作選択可*
  • 10G イーサネット:SFP+×2,リダンダント動作選択可*                     *)将来のソフトウェア・リリース
  • プロトコル:IPv4/UDP/TCP/RTP/RTCP,ARP,RSTP,LLD P,IGMPv2,DiffservTOS,IEEE1588 PTPv2(トランスペアレント・クロック)
  • VLAN:ポート・ベースの VLAN1 および VLAN2.割り当て可能な管理ポート
  • スイッチング容量:最大 40Gbps,映像および音声コンテンツのストリーミング=最大 10Gbps
  • 映像のカプセル化(10 ビット 4:2:2):Raw(Uncompressed)エンコーディング/デコーディング(SMPTE2022-6 vs. RV)または VC-2(DiracPro-LL)圧縮エンコーディング/デコーディング
  • シームレスな保護切替(SMPTE2022-7 準拠のヒットレス・マージ)
  • Raw エンコーディング/デコーディング:4×映像エンコーディング・ビットレート 2.5 Gbps,1.25 Gbps.レイテンシー < 1 ライン
  • MJPEG エンコーディング(8ビット 4:2:2):4×映像エンコーディング(ステレオ音声付き).不定ビットレート/定画質レベル.レイテンシー< 2フレーム
  • サムネイル表示および PPM:入出力 JPEG サムネイルと PPM データ
  • 音声のカプセル化:AES67 および RAVENNA 音声ストリーム(エンコーディング AM824,デコーディング L16,L24,AM824).エンコーディングのビットレートはストリーム依存.同期動作レイテンシー < 2 ms
  • 音声映像同期(Audio/Video):同期動作 < 2 ms
  • 映像/音声出力同期:外部クロック基準,IP PTP マスター・クロックベースの基準,SDI または IP 入力にゲンロック
  • レイテンシー:映像処理レイテンシー=最大 100 ピクセル,クアッドスプリット・モニタリング=1 フレーム,音声レイテンシー(SRC 停止,同期動作)< 2 ms
  • プロトコル:HTTP,SNMPv1,Ember+,NMOS IS-04*,Syslog                          *)将来のソフトウェア・リリース
  • ユーザー・インターフェイス:Embedded HTML5ユーザー・インターフェイス.オプションで『V__fp 1』コントロール・パネル
  • GPI:フィジカルおよびバーチャル GPI(Ember+ を介する)
  • IEC コネクター使用の自動検出式 AC 100〜204 V,50/60 Hz 電源入力×2,< 130 W(30 W PoE を含む)
  • 保管温度:-20〜+70℃
  • 動作温度:0〜+40℃
  • 相対湿度:≦ 90%,結露なきこと
  • 電磁環境:E2(EN55103-1,-2)
  • 寸法(H×W×D):44(1RU)×481(19")×458 mm
  • 重量:4.9 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。