Video Processing & Core Infrastructure

V__link4 — All-in-one Video-over-IP solution

V__link 4 ── プロダクション・クオリティの Video-over-IP ネットワーク構築手段

v-link4.jpg

『V__link 4』は映像素材に関する様々な要求に応えるワンボックス・ソリューションとなるように設計されており,Video-over-IP コーディングからテストや処理用ツールまで多岐にわたる機能を内蔵しています。それらはどれも貴重なラックスペースと設定時間と制作費を節約しつつ放送用途の柔軟性を高めるようなツールを提供する,という目的のためにデザインされたものです。バーチャル・ケーブリング機能を備えた『V__link4』は IP インフラの利点と経費節減を,そして優れた柔軟性と拡張性を即座にもたらします。

v-link4b.jpg

信号提供とリモート制作:明日のビジョンを今日実現するために
今日の IP ネットワーク技術の高性能化と成熟のおかげで Video-over-IP,Audio-over-IP,Control-over-IP は多くの用途で選ばれるようになりました。放送制作の発展における次の大きなステップの1つと見做されるようになってきたリモート・ライブ制作では,IP は基本的な要求事項となりつつあります。現場からスタジオへの信頼性のある,低レイテンシーの高品質映像を手頃なコストで獲得することは,このためには絶対に必要です。しかしステージボックスやスタジアムから OB トラックや国際放送センターへの映像送りのような「古典的な」用途でも,IP テクノロジーは経済的かつ運用面の長所を提供してくれます。
LAWO『V__link4』は今日の IP ベースの放送制作が描くビジョンを実現するための理想的なツールで,1系統の双方向4チャンネル Video-over-IP インターフェイス,4系統のローカルな SDI 入出力を放送用映像・音声の制作に通常必要な処理ツール全般と一体化させています。

『V__link4』の主な特長

*)オプション機能

Video-over-IP による映像提供
LAWO『V__link4』は外部映像装置に接続するために 3G/HD/SD SDI 入力を4系統と 3G/HD/SD SDI 出力を4系統備えます。本機はこれらの信号を IP ストリームに変換するように(その逆も)設計されており,このようなストリームを標準的な Layer 3 IP LAN や WAN を介して伝送できます。『V__link4』は低遅延モニタリング用途での MJPEG でのローカルな制作や並行するエンコーディングのために RAW または VC-2(DiracPro)での並列エンコーディングとデコーディングが可能です。この IP ベースのアプローチのおかげで設定用ソフトウェアや LAWO『VSM』等の外部マスター制御システムを使って信号ルーティングを楽に行えます。全機材がネットワークに接続されている限り物理的なつなぎ替えは不要です。本機はマルチキャスト能力を有するリアルタイム・ネットワーク技術に基づいていますのでネットワーク内の複数出力への信号伝送も簡単です。
『V__link4』の4つのコーディング・エンジンは画質と信号伝送の信頼性に対する最高度の要求に応えられるように設計されています。ヒットレス・マージ・スイッチングおよび頑強な J2K CODEC を備えたポート・リダンダンシーによって信号の可用性と質が確保されます。画質,レイテンシー,帯域幅を勘案した最適レシオになるように IP 映像ストリームのフォーマットと質を個別に設定できます。6つのイーサネット・ポートは1つの内部スイッチに接続されていて,カメラ制御や RAVENNA ストリームあるいはオフィスやインターネットの IP トラフィックのような 10GBit の IP トラフィックを素通りさせることが可能です。

サポートする映像伝送モード:

*)オプション機能
**)FECなし

サポートする音声伝送モード:

IP 信号ルーティングのための統一コントロール
『V__link4』と『V__remote4』は LAWO の放送制御/監視システム『VSM』によって管理されますので,『V__line』の全映像ストリームと Audio-to-IP インターフェイス『A__line』からの音声ストリームを統一された制御 GUI から手軽に管理できます。『VSM』では標準的なルーター制御パネルのように動作するルーティング機能を使って映像/音声ストリームを直感的にセットアップすることができます。『VSM』システムは IP ネットワークの複雑さをユーザーから隠して,すぐに分かるような長所を提供します:実際のケーブルには触れずに再構成を行うこと,ストリームを設定すること,そしてパラメーターを制御すること,これらはすべてマウスのクリックやタッチスクリーンのコントロールを使って行います。さらに,『VSM』システムではハードウェア・コントロール・パネルも多種取りそろえています。

映像収集用のパワフルなツール

オプション機能

直感的に行えるデバイス設定

v-link4c.png

仕様

映像インターフェイス

*)将来のソフトウェア・リリース

音声インターフェイス

メタデータ

IP インターフェイス

*)将来のソフトウェア・リリース

処理

管理と監視

*)将来のソフトウェア・リリース

電源

環境データ

フレーム機構

仕様は予告なく変更されることがあります。