Audio Production Consoles

mc²56 / mc²56 xt / mc²56xc - Audio Mixing Console — Performance, pure and simple or performance plus


Slideshow Image 1
Slideshow Image 2
Slideshow Image 3
Slideshow Image 4
Slideshow Image 5
Slideshow Image 6
Slideshow Image 7

密度を高めた高性能コンソール

コンパクトで柔軟で多機能。ボンネットの下に強力なエンジンが備わっているように,どんな状況もあつかえる豊かなパワーがあります。理解しやすく直感的に使える──これが『mc²56』です。このコンソールは LAWO コンソールの実証済みの高品質と新機能や機能の改良,巧妙な技術革新が一体となった性能を発揮します。

そして新製品『mc²56xt』は同じ占有面積でフェーダー数を倍にすることで限界をさらに遠くに押しやりました。つまり『mc²56xt』は最も高いフェーダー密度と柔軟性をお届けできます。最高の性能のさらにその上のパフォーマンスです。

RAVENNA によってミキシング・コンソールは IP を扱えるようになりました:RAVENNA スロットイン・カードについて詳しくは【こちら】をお読みください。

コンソール・デザイン

極小から特大まで:2つのタイプに5つのフレーム・サイズをご用意
タスクの大きさがツールの大きさを決定します(そしてその逆も)。そのため,『mc²56』は5つのフレーム・サイズがあります:例えば小型の屋外放送車両用に 16 フェーダー,あるいはもっと複雑な作業向けに 80 フェーダー,等です。そして同じ専有面積内でさらに多くの制御が可能なように『XT』モデルは高密度のデュアル・フェーダー・レイアウトで 48〜144 フェーダーを提供します。16 または 32 フェーダーのスタンドアローン・エクステンダーを使ってさらなる拡張も可能。『mc²56』と『mc²56xt』によってユーザーの方々は自らの要求に正確に応えることのできるミキシング・コンソールを手に入れることができます。

フォルムは機能に従う:セントラル・コントロール・セクション
この LAWO コンソールは音質と信頼性だけではなく操作の面でも優秀です。構成の明確なセントラル・コントロール・セクションを備えるこの卓は最適なワークフローを提供しますので,オペレーターの方々は厳しい状況下でも全体像を見失うことがありません。入念に考え抜かれた多数のディテールや革新的な機能のおかげでこのコンソールは理解しやすく極めて直感的に操作できます。すぐ手の届くところにある個々の機能割当式ユーザー・ボタンで重要なパラメーターに直接的なアクセスができ,大型のトラックボール・ボタンや自照式ロータリー・ノブや HD 解像度のタッチスクリーンなども直感的な操作の流れを支援します──『mc²56』の前に座った人はすぐに習熟できるでしょう。

その他の特長:

フォルムはやはり機能に従う:分散化コントロール・セクション

この分散コントロール・セクションは必ず受け容れられるでしょう:コントロール要素の意味あるレイアウトが,細部に対して豊富に行われた実用的な洗練と相俟って,厳しい制作現場でも最高度の効率をお約束します。

主な特長:

mc²56仕様

  • 16〜144 フェーダーのフレーム
  • 16/32 フェーダーのリモート・スタンドアローン・フレーム
  • それぞれが2つのレイヤーを持つ6つのバンク
  • mc²56:100 mm フェーダー+機能割当式ロータリー・ノブ×2+入力ゲイン・コントローラー+各フェーダー用のチャンネル・ディスプレイ(タッチセンスでモジュール・ディスプレイを変更)
  • mc²56XT:100 mmフェーダー+60 mmフェーダー+入力ゲイン・コントローラー+各フェーダー用のチャンネル・ディスプレイ(タッチセンスでモジュール・ディスプレイを変更)
  • モノ/ステレオ/7.1 までの TFT メーター表示(バス割り当て,ダイナミクスのゲイン・リダクション,AfV ステータス,VCA 割り当て,ミックスマイナスを含む)
  • GUI ページ出力(例えば外部モニター上でのメーター表示)
  • 9個のユーザー・ボタン
  • オプション:一体型ユーザー・パネル×1(オートメーション,40 個のボタン,サラウンド・フェーダーの展開(Reveal),トークバック),RTW ゴニオメーター搭載,台本トレー
  • 888 チャンネルおよび 144 サミング・バス,40 ビット浮動小数点
  • 最大 760 入力(A/B 入力切替付き),最大 64 サブグループ,32 AUX センド,最大 96 トラック・バス,最大 48 メイン・サム
  • モノ/ステレオ/サラウンドへの素早いチャンネルおよびバス切替
  • 最大 96 サラウンド・チャンネル,128 VCA グループ(メーター表示付き),256 GPC チャンネル
  • サラウンド・フォーマット:DTS/Dolby Digital 5.1,Dolby Pro-logic 4.0,DTS ES/Dolby EX 6.1,SDDS 7.1,DTS-HD 7.1.多様なパンニング特性,サラウンド AUX バス
  • AFL×2:サラウンド8チャンネル×1,ステレオ×1
  • PFL ステレオ×2
  • Audio-follow-Video(「Remote MNOPL」や GPI やマトリクス接続を介して制御される 128 個のイベント,最長 10 秒の可変フェード時間を持つエンベロープ)
  • Solo In Place
  • フェーダー横の常設入力メーター(INPUT,PF,AF,DIROUT の各メーター地点はチャンネル・ディスプレイ内で選択可能)
  • EBU R128 および ATSC A/85 準拠のラウドネス・メータリング。各チャンネルでモメンタリーまたはショートターム測定,サム・チャンネルで平均測定が可能。ヘッドライン部に LUFS 値表示を統合
    ラウドネス・メーターリングについて詳しくは【こちら】をお読みください
  • モジュール:INMIX(MS デコーダー搭載),デジタル・アンプ,2バンド・フルパラメトリック・フィルター,4バンド・フルパラメトリックEQ,2バンド・フルパラメトリック・サイドチェーン・フィルター,インサート,ディレイ(最長1,800 ms,単位切替可能:メートル/ミリ秒/フレーム),4個の独立ダイナミック・モジュール(Expander/Gate/Compressor/Limiter),イメージ,メーター,ダイレクトアウト
  • インライン・コンフィギュレーション(チャンネル毎またはグローバルなセンド/リターン切替機能付き)
  • フル装備のサラウンド・チャンネル(全チャンネル・パラメーターの連結およびハイパー・パンニング機能付き)
  • 各 5.1 チャンネルに利用可能な「AMBIT」アップミックス.ダウンミックス互換
  • モノ/ステレオ/サラウンド・チャンネルに8つのオートミックス・グループが利用可能.それぞれに参加するチャンネルは無制限
  • 最大 8,192 個のクロスポイント(ノンブロッキング方式)
  • 96 kHz,24 ビット
  • フルリダンダントな信号経路
  • 全入力および出力のレベル調整
  • サラウンド(最大 7.1)からステレオへのダウンサイジング
  • 離れた場所(例:ディレクターの部屋)用のモニタリング・デバイスを内蔵
  • 1,016 個の内部ループバック
  • 最大 14 台の『Nova73』コアのネットワーク化,ソースとデスティネーションの共有と取り込み,スタジオへの割り込み機能
  • マトリクスと DSP のサイズを問わないスナップショットとプロダクションのポータビリティ
  • MIC/LINE,LINE OUT,AES,SDI,HD-SDI,MADI,ATM,GPIO,Serial,MIDI,ADAT,RAVENNA/AES67,Audio-over-IP(詳細は『DALLIS』製品情報を参照)
  • ステレオおよびサラウンド・モニタリング・システム
  • 2系統のリダンダント入力(ブラックバースト,ワードクロック,AES3,MADI の自動検出付き)
  • 電源ユニット,DSP ボード,ルーター・ボード
  • フルリダンダントな信号経路
  • リダンダントな制御システム,動作中に交換可能,データのフルリダンダンシー
  • ベイのアイソレーション(独立レイヤー/バンク切替および第2 PFL/AFL バス機能付き)
  • グローバルな A/B 入力切替
  • 強化されたミックス・マイナス制御(独立オフエア・カンファレンス付き)
  • 全レベル・パラメーターのフェーダー制御
  • 多様なタリーおよびフェーダー・スタート・モード
  • プログラム・スイッチ
  • マシン・コントロール
  • Audio-follow-Video:最大 128 個のカメラ・タリー,イーサネットまたは GPI による制御
  • GPI または電圧制御によるカメラ・マイクのリモート・コントロール
  • 全ルーティング・パラメーターのネットワークを介するリモート・コントロール
  • Ember+ 制御プロトコルの統合
  • 内蔵マトリクス・モニタリング・ユニットのリモート・コントロール
  • 「AdminHD」によるオンライン・コンフィギュレーション,『Nova73』コンポーネントのグラフィカルなコンフィギュレーション
  • 外部マトリクス・コントローラー:『VSM』,Evertz,Ross Overdrive,Quartz,BFE,Pharos 他
  • インターネット・リモート・ソフトウェアを介する接続
  • ソフトウェアのアップデート,エラー診断,遠隔支援

仕様は予告なく変更されることがあります。