Audio Production Consoles

mc²36 — All-in-One Production Console

Slideshow Image 2
Slideshow Image 3
Slideshow Image 4
Slideshow Image 5
Slideshow Image 6
Slideshow Image 7
Slideshow Image 8
Slideshow Image 9
Slideshow Image 10
Slideshow Image 11
Slideshow Image 12
Slideshow Image 13
Slideshow Image 14
Slideshow Image 15

Easy - versatile - reliable

40 年以上にわたって積み重ねた経験を持つ LAWO 社は,先進的な高信頼性オーディオ・ミキシング・コンソールの開発製造で高評価を獲得しています。故障の許されない放送環境向けに本来開発された LAWO 社のコンソールはその音質ゆえに劇場やスタジオやライブ・パフォーマンス用途にも広く採用されています。

『mc²36』はこのドイツのメーカーの最初のオールインワン・コンソールであり,同社の豊富な専門知識の利点をより多くのユーザーの方々にご利用頂けるように,最大限の使い易さと優れたコストパフォーマンスを目指して設計されています。コンパクトなサイズそして DSP と入出力を内蔵したことによって,この新コンソールは限られた空間内での常設と輸送の多いレンタル会社のどちらにも最適です。

top viewside view

能力と適応性

LAWO Quality──妥協のないオーディオ
他の LAWO コンソールと同様に『mc²36』は妥協のない音質と最大限の信頼性をお届けするべく設計された精密ツールです。フル装備のオーディオ・コンソールの機能セット以外に『mc²36』は放送,劇場制作やライブ・パフォーマンスのワークフローとクオリティを改善する LAWO 独自機能をも備えています。

LAWO Openness──作り込まれた将来対応
『mc²36』はスタンドアローン運用に即応できる状態で納品されますが,拡張や他の『mc²36』『mc²56』『mc²66』コンソールや LAWO『Nova』オーディオ・ルーターとのネットワーキングへの備えも万全です。MADI タイライン・ポート1個と RAVENNA/AES67 Audio-over-IP ポート3個によって,将来,入出力デバイスやネットワーキングを追加する際も確実に接続が可能です。

LAWO Flexibility──真の汎用性
『mc²36』は即戦力ですが,それは固定コンフィギュレーションに限ってのことではありません。コンソールのあらゆる面をユーザー独自のニーズに合わせることができます。プロダクション・データはすべて USB メモリー上に簡単に保存でき,他のコンソールに移動できます──これは特にレンタル用途に便利です。

Slideshow Image 1

驚きの使い易さ

ハードウェアとソフトウェア・コントロールの完璧な調和
LAWO『mc²36』は使い易さに主眼を置いた真の汎用コンソールとなるように設計されました。コンソールの美しいレイアウトは完璧に統合されたディスプレイとコントロール類と一体化して,様々な用途に対する理想的なツールとなります。21.5 インチのフル HD タッチスクリーンはタッチセンス式の多色自照ロータリー・エンコーダーと連携して動作します。例えばイコライザーのエンコーダーに触れると,イコライザー・ウィンドウが自動的にポップアップし,パラメーターを調整したら,全体表示にユーザーが戻す必要なしに,オートクローズ機能がウィンドウを閉じます。

フィジカル・ユーザー・インターフェイス
LAWO『mc²36』は新設計のコンソール・レイアウトを採用しました。今までの『mc²』ユーザーの方々には見慣れた感じですが,このコンソールは経験の浅いユーザーの方でもより直感的にお使いいただけるようになっています。新しいセントラル・ユーザー・セクションはきわめてコンパクトで,全パラメーターへの簡単なアクセスと強化された全体表示とを組み合わせています。

タッチスクリーン・ユーザー・インターフェイス
超高輝度 21.5 インチ HD タッチスクリーンはコンソールのあらゆる面の優れた全体像を提供し,タッチ操作向けに最適化されたダイアログ・ウィンドウを介してダイレクトな操作が可能です。例えば入力パッチングは画面上で希望するフェーダー・ストリップの入力セクションに触れてソースを直接選択するだけです。VCA 割り当てやバス/AUX 割り当て,ミックスマイナス設定のような作業もタッチスクリーンを使って直感的に行えます。ここでも『mc²36』はチャンネル表示を調整することでユーザーの要求に応えることができ,重要なパラメーターだけを選択表示し,不要あるいは邪魔になる要素は隠します。例えばトラック・バスの選択を解除したり,AUX バス8本ではなく 16 本を表示させることができます。メーター表示は HD ディスプレイ上にすべてのフェーダー・レベルがつねに表示されるように利用可能な最大サイズまで自動的に拡大されます。さらに,多段メーター表示によって別レイヤーやバンクの信号のメーター表示を常時出しておくことができます。

Slideshow Image 4Slideshow Image 6

豊富な機能

『mc²36』は放送や劇場,ライブ,固定施設等の様々な用途向けの包括的な機能セットを持つ汎用コンソールです。LAWO 社では1つの用途だけではなくどんな用途にも利点を提供するようにコンソールの機能を最適化することでこれを実現しました。共通する点が1つあり,それは要求の厳しい環境下での素早い操作が行えるようにすべてのものが最適化されていることです。

ロードに即応
オールインワン・アプローチを採用したコンパクトな『mc²36』は特にモバイル制作やレンタル会社にとって魅力的です:コンソールと DSP コアと入出力にはフライトケースを1つしか必要としません。ドイツ製の高品質のシャーシとエレクトロニクスを備えた『mc²36』は,すぐにロードに出ることができるヘビーデューティなフライトケースに収納されたバージョンでもご注文頂けます。しかし『mc²36』をレンタル会社にとって理想的な選択肢にしているのはハードウェア的な要因だけではありません──USB メモリーを介してコンフィギュレーションとショー用のファイルの保存と読み込みを簡単に行えることなどは,複数のコンソールやユーザーが関わってくるレンタルやツアー業にとって特に価値のあるものです。

優れた音質

LAWO サウンドがお求めになりやすく
40 年以上にわたって LAWO のコンソールすなわち高音質でした──『mc²36』も例外ではありません。入力から出力まで,そのマイク・プリアンプから DSP 処理アルゴリズムまで,『mc²36』は音声制作のための精密ツールであり,この価格帯では実現されたことのない水準の音質をお届けします。

オンボード入出力
LAWO『mc²36』は様々な放送/固定設備用途のみならず FOH やモニタリングにも対応できる入出力接続能力を持っています。32 個の LAWO マイク・プリアンプは『DALLIS』システム用の名高い 941/55 マイク・カードにあるものと同じで,20 Hz〜20 kHz でわずか 0.03 dB というきわめてリニアな周波数特性ならびに 0.0006% という驚異的に低い THD を実現しています。

入出力概要

オンボードの入出力に加えて,MADI タイライン接続1個と RAVENNA/AES67 Audio-over-IP ポート3個によって将来的に 384 までの外部入出力に接続でき,その場合,全部で 496 個の物理入出力という容量が実現されます。他の『mc²36』『mc²56』『mc²66』コンソールとの高度なネットワーキングに対する『mc²36』の備えは万全です。LAWO『Nova』オーディオ・ルーターとの組み合わせでも運用でき,何千もある音声チャンネルに即座にアクセスすることが可能です。LAWO『mc²』コンソールは複数コンソール間での入力共有を可能にするユーザー権限管理を含む優れた仕組みを備えています。

チャンネル数がさらに必要ならば...
『mc² Compact I/O』は『mc²36』の接続能力を高め,またオンボードの入出力に加えて遠隔ステージボックス・ソリューションを提供するための手軽でコスト効率の高い方法です。CAT5 または光ファイバー(オプション)を介して接続されるこの頑丈な 5RU のステージボックスが備えるのは,32 系統のマイク/ライン入力,32 系統のライン出力,8系統のデジタル AES3 入力,8系統のデジタル AES3 出力,8系統の GPIO および1系統の MADI(SFP)ポートです。『mc²36』は『mc² Compact I/O』を3台まで接続できます。

Slideshow Image 5

内蔵 DSP マイクロコア
LAWO『mc²36』は内蔵 512×512 ポート音声マトリクスを有する新開発の一体型 DSP マイクロコアを備えます。これは超コンパクトで静音低回転冷却ファンを使って低消費電力用に最適化されています。ファン・ノイズが気になるコンサート・ホールのような環境では特に重要なことです。最高度の信頼性をお届けするために『mc²36』はリダンダント電源だけではなくリダンダント DSP カードも装備します──これはこの価格帯では今までなかったことです。DSP リソースはきわめて柔軟であり,用途に応じて割り当てることができます。選択された DSP モードに従って,処理能力は 48 DSP チャンネル(レコーディング・モード,96 kHz*/48 kHz にて DSP リダンダンシーあり)から 192 DSP チャンネル(ブロードキャスト・モード,48 kHz にて DSP リダンダンシーなし)まで変わります。選択された DSP モードとは別に,このエンジンはたとえ全チャンネルが使われても,完全に独立したアルゴリズムを妥協のない品質で常時提供します。1,000 dB を越える内部ヘッドルームと LAWO アルゴリズムのおかげで,信号経路全体にわたってさらに処理を行ってもその音質は劣化しません。DSP の柔軟さと内的な音質の優秀さによってこのコンソールは真の汎用性を獲得しています:ある日は交響楽団のレコーディング用にセットアップしてあっても,その翌日には TV 制作を行うことができます。
*)将来オプション対応

Slideshow Image 8Slideshow Image 9

仕様

コントロール・パネル

信号処理

Slideshow Image 10

ルーティング・マトリクス

Waves Soundgrid® の統合

インターフェイス

同期

リダンダンシー

制御ユニット

外部制御システム

リモート・メンテナンス

Compact I/O

仕様は予告なく変更されることがあります。

Slideshow Image 2

mc²36 紹介ビデオ(日本語字幕版)