2018-02-27

LAWO『V__remote4』,シドニー港での《オーストラリアの日》の祝賀行事にてデビュー

シドニーの「The P.A. People」社はシドニー港での2018年のオーストラリアの日(1月26日)の祝賀行事のサポートに際し,「Barrett Evolution」社と協力してHD-SDI映像およびMADI-over-IPを加えることで大規模なネットワーキング能力を拡張しました。

イベント・ビジョン制御やシドニー・オペラハウスの放送施設,そしてサーキュラー・キー[シドニー港の埠頭]周辺の多数のカメラとLEDスクリーンの間に画像と音声を行き渡らせるために,The P.A. People社は4台のLAWO『V__remote4』IPビデオ・プロセッサーと大規模な10G Brocade IPネットワークを使用するHD-SDIおよびMADI音声伝送を提供しました。

ライブ制作用途では初めてThe P.A. People社は専用の10Gネットワークを介して放送用ビデオ・カメラとLEDスクリーンのフィードをリアルタイムで伝送するのにLAWOの『V_remote4』IPベース・インターフェイスを活用しました。岸壁から約120 mはなれた海上に浮かぶはしけ上の歌手たちはステージ上のオーケストラの奏する音楽に合わせて歌い,映像は放送用に岸壁へと返されました。このはしけへの唯一のリンクはシドニー・オペラハウス近くの放送用バンやIMAG[映像拡大プロジェクション]スイッチング位置やはしけとの間で映像および音声信号を伝送する専用ファイバー・ケーブル1本でした。

LAWO製品はThe P.A. People社所有のRuckus(以前のBrocade)ネットワーク・スイッチや専用シングルモードとマルチモードのファイバー,そして多数のワイヤレス・リンクに基づく仮設10Gネットワーク・バックボーンに接続されました。「このネットワークとLAWO製品はまったく問題なしに動作しました」とBarrett Evolution社代表でこのプロジェクトの技術監督Paul Barrett氏はコメントします。「IPベースなので,The P.A. Peopleさんが提供したこのシステムは他のシステムならば不可能であったようなクリエイティブな自由さをもたらすことができました。放送監督とIMAG監督のどちらもこの結果には大いに満足していました」。

The P.A. People社専務取締役Chris Dodds氏は次のように語っています:「私たちはClearComやMotorolaを含むいくつもの主要サプライヤーと長い独自の関係を持っています。LAWOさんを当社の信頼するサプライヤーの名簿に加え,『V_remote4』製品によって全コミュニケーション・システム用の伝送手段としてのIPへの当社のコミットメントを強めることができて嬉しいです」。

The P.A. People社について
The P.A. People社は制作コミュニケーション/舞台照明/拡声/AVシステム分野専門のインテグレーター/コントラクターです。40余年の歴史を持つ同社はこの分野でのリーダーとしての高い評価を獲得しています。統合されたパッケージを確実に届けることで,スポーツ,音楽,祝賀行事,文化活動からオリンピック・レベルのセレモニーや複数競技のスポーツ・イベントや国際的なメジャーなフェスティバルまでオーストラリア国内の様々なイベントに世界第一級のコミュニケーション・サービスを提供しています。
The P.A. People社はオーストラリア人が所有してシドニーに本拠を置く民間企業で,地元から地球規模まで幅広くビジネスを繰り広げています。その活動は3つの業務グループ:イベント・コミュニケーション,固定設備,貸し出しサービスに分かれ,完璧な永続または仮設ターンキー・ソリューションを仕上げるためにチームには開発・設計,営業,そしてサポート・スタッフがバックアップする技術・組み立て担当がいます。
URL:www.papeople.com.au

写真はAustralia Day Council of NSWのご好意によります