2017-06-22

ドバイの DCN 社,使用中の LAWO『V__pro8』に続けて2台の新 OB バン用にLAWO『VSM』を発注

手始めは『V__pro8』ビデオ・プロセシング・ツールキット,今度は『VSM』です:ドバイの公式メディア組織「Dubai Channels Network」(DCN)は LAWO に信頼を寄せています。

いくつもの印刷やラジオ/テレビ・チャンネルを傘下に収める同社は,すでに OB 部門にエンベディング/ディエンベディングやフレーム同期やカラー補正等の作業のために LAWO『V__pro8』ビデオ・プロセシング・ユニットを設置して,貴重な重量とラックスペースと電源への要件を緩和させていました。

さらに,DCN は先頃,2台の新しい OB バン用のリダンダント設計のサーバーにインストールすべく,LAWO の放送制御/監視システム『VSM』を発注しました。これは洗練された柔軟な IP ベースの放送制御と監視を提供し,すべての車載および外部機材の管理を1つのシステムに統合します。

『VSM』は TCP/IP バックボーンを採用しており,メーカーに依存しないプロトコルを用いることで最大限の相互運用性を提供し,主要ブランドの映像/音声ルーターや映像/音声ミキサー,インターカム,アンダーモニター表示(UMD),マルチビューワー,同期装置,そして他のサードパーティー製機材を制御します。ユーザー・パネルとインターフェイスは様々なワークフローや用途の要求に応えるように自由に構成でき,その一方でシステム全体はリダンダント制御下にあります。OB バン全体にわたる設定はボタンの1押しで保存/呼出できます。このようなことは最先端のワークフローとシンプルな操作という他に例を見ない恩恵を制作にもたらします。