2017-05-30

Qatar TV,新OBトラック2台用にLAWO『mc²36』と『VSM』を発注

ドーハに本拠を置く「Qatar TV」は先頃,新 OB トラック2台のために LAWO の音声/映像/制御インフラを注文しました。

各車両には 24 フェーダーの『mc²36』音声卓,外付けと常設の『DALLIS』I/O ステージボックス,Audio-to-IP インターフェイス『A__madi4』,ビデオ・プロセッサー/ルーター『V__pro8』が搭載されます。OB バン機材の全体的な制御はリダンダント設計の LAWO『VSM』(Virtual Studio Manager)が行います。これらの OB バンはシステム・インテグレーター「Sony Professional Solutions MEA」の監督下で製作中です。

2012 年に既存 OB バンに LAWO『mc²56』コンソールと『VSM』を設置しましたので,新規車両2台によって Qatar TV の LAWO 搭載 OB バンの数は4となります。Qatar TV は長年の LAWO ユーザーです。スタジオ外放送だけではなく,ドーハの新放送センター(2012 年開設。マスター・コントロール・ルームや集中機材室,450 m²のニュース・スタジオ,1,013 m²の制作スタジオと編集スタジオを持つ)でも LAWO システムを使っています。このスタジオ・コンプレックスに納入されたソリューションにはネットワーク接続された『mc²56』音声制作コンソール3台,リダンダントな『Nova73 HD』セントラル・ルーター,全体の制御用の『VSM』が含まれます。

『VSM』は制作ワークフロー管理用の完璧なソリューションで,制作用物理的ハードウェアからの制御を受けながら,ベースバンドから IP へ円滑に移行できます。『VSM』は,映像/音声ルーターやミキサー,インターカム,UMD,マルチビューワー,同期装置等の機材の主要ブランドとモデルが使っている制御プロトコルをサポートします。

LAWO のオールインワン音声卓『mc²36』は妥協を一切排した音質ならびに LAWO グレードのマイク・プリアンプを特長とします。512×512 ポートの内蔵音声マトリクスを持つ強力な DSP マイクロコアと一体型入出力のおかげで,このコンパクトなコンソールはスペースの限られた設置,特にスペースと重量がつねに重要な要素である OB バン,に最適です。RAVENNA/AES67 技術をネイティブ・サポートしていますので『mc²36』は IP インフラストラクチャーにシームレスに融合します。

異なる映像フォーマットを扱い,音声と映像を1つにまとめる作業を行う Qatar TV は,『V__pro8』を主に音声エンベディング/ディエンベディングに,またフォーマット変換とカラー補正に使っています。『V__pro8』は多数の映像/音声機能を1つのツールに入れていますので,Qatar TV は新しい車両のラックスペースを大幅に節約できました。

放送・ライブ・常設用の高品質 Audio-to-IP インターフェイス『A__madi4』は IP ネットワーク環境でのアナログ/デジタル音声信号伝送と IP ベースの音声ネットワークの確立のために設計されています。RAVENNA 技術に基づく LAWO『A__line』デバイスはすべて Audio-over-IP 相互運用規格 AES67 との互換性を有し,標準で『VisCon__navigator』(詳しい IT 知識を必要とせずに直感的操作で IP ネットワーク内での音声/映像ストリームを簡単に設定できるソフトウェア)が付属します。4基の MADI インターフェイス以外に,LAWO『A__madi4』は RAVENNA/AES67 イーサネット・ポートを2基と GPIO を4基も提供します。