トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

Software Applications:J*AM Jünger Application Manager

『J*AM:Jünger Application Manager』はネットワーク内の Jünger Audio 社製機材を管理して現行および将来の Jünger Audio ソフトウェア・アプリケーションを起動させることのできるパワフルな MS Windows™ ソフトウェア・プラットフォームです。

この強力なアプリケーションによって最新の Jünger Audio 社製機材の DSP 処理をより良く利用できるようになります。『J*AM』は評価・分析・比較に必要なツールを提供しますので,ユーザーの方々はパラメーター設定を改善して最良の結果を引き出せます。

『J*AM』は現在のところ,レベル・メーター等の「モニタリング・ツール」および「ラウドネス管理ツール」(例えば Log Monitor,Live Plot,Log File Analyzer を持つ LoudnessLogger)をサポートしています

モニタリング・ツール
『J*AM』には自由に拡大縮小が可能なレベル・メーター・ウィンドウがあり,次のものを表示します:入力と出力のピーク・レベル,リミッター値,短期ラウドネス(LUFS/LKFS),2 チャンネルまたはサラウンド(6 チャンネル)音声プログラムに対するレベラーのゲイン・リダクション。

ラウドネス管理ツール
『J*AM』のラウドネス管理ツールセットは「LoudnesLogger」ライセンス・パッケージの一部で,Jünger Audio 社の最新のレベリング・プロセッサーの動作を簡単に監視・分析する手段を提供します。ライブ・プロットとしてトゥルー・ピークとラウドネス・レベルの進行具合を監視すること以外に,入力と出力のラウドネス分布に関する役立つ統計的な情報が得られます。システム動作を明確に把握するために,全測定結果はさらなる解析が可能なログ・ファイルに記録されます。

J*AM Application Manager - screen-shots
J*AM のスクリーン・ショット例

主な特長:

その他の特長: