SLIM LINE Top

Slim Line:Dual Stereo Level Magic™ Audio Processor EASY LOUDNESS

easy_loudness_front.jpg

概説
ステレオ放送と制作に最適な本機『EASY LOUDNESS』は,毎日どんな番組であっても,音声レベルとラウドネスを確実に自動的な管理下に置くために開発されました。 本機は『Level Magic™』ラウドネス制御やフェイルオーバー切り替えやDante™/AES67またAESから信号を受ける2つの独立したステレオ・プログラム用のトゥルー・ピーク・リミッティングを特長とします。

easy_loudness_block.jpg

Level Magic™
独自のマルチループ制御原理に基づく『Level Magic™』アルゴリズムはカラーレーションやポンピングや歪みなどのないクリアーで高音質な適応的広帯域ラウドネス制御を提供します。『Level Magic™』はユーザーが操作する場面が最小限になるように設計されており,設定を簡単に行うことができます。『Level Magic™』はITU-R BS.1770規格に基づく現行のあらゆる放送音声ラウドネス勧告,ならびにATSC A/85やARIB TR-B32,Free TV OP-59,Portaria 354,EBU R128等の規格に適合します。

フェイルオーバー
フェイルオーバー・システムを内蔵した本機は,万一メイン・フィードが途絶した場合にバックアップの信号経路に切り替えることができます。AESステレオ入力をDante™/AES67信号が途絶した場合のフォールバック入力として使用できます。

使い易い新ウェブ・コンフィギュレーション
ウェブ・ブラウザー・ベースのインターフェイスによってネットワーク内のどこからでも簡単で直感的なセットアップとコンフィギュレーションが行え,簡単操作を実現します。参照やタッチスクリーンやタブレットやスマートフォンのアクセス用に特別に作られた専用モバイル・ユーザー・インターフェイスによって,メーター表示と計測を画面上で利用できます。

ラウドネス測定とロギング
地域の規制に適応するために,ラウドネスとトゥルー・ピーク・レベルはウェブ・ブラウザー・インターフェイスから直接計測・監視できます。同時に全データはイーサネットを介して『J*AM』測定/ロギング・ソフトウェア(別売ライセンス)に伝送され,包括的なファイル・ロギングやリアルタイムの監視,オフラインでの分析に使われます。

物理インターフェイス
本機は最大8音声チャンネル(例えばメイン・フィードとバックアップ・チャンネル)用に,ネットワーク制御とローカルなルーティング機能を持つDante™/AES67インターフェイス(オプション)を備えています。また,XLRおよびBNC(AES3id)コネクターを用いたステレオAESインターフェイスも搭載されています。

システム・セキュリティ
デュアル・リダンダント電源ユニットや同期ソース自動切替,停電時バイパス・リレー,SNMP監視を備えた本機は運用の安全度を高く確保します。

システム統合
全システム・パラメーターはEmber+™制御プロトコルを介してリモート・コントロールできますので,どの放送自動化システムも本機を制御・視覚表示可能です。スナップショット機能は,GPIやネットワークやフィジカルなホットキー(別売の『X*AP RM1』)によってプリセットを簡単に素早く読み込みできるように開発されたものです。

easy_loudness_block2.gif

easy_loudness_rear.gif

主な特長:

  • 簡単操作が好評なJünger独自の『Level Magic Ⅱ™』プロセッサー搭載
  • ITU-R 1770-2 対応ラウドネス・コントロール
  • 内部オーディオ・プロセッシングは「2ch(ステレオ)」限定
  • 鉄壁のピーク・リミッター
  • AES I/Oインターフェイスを標準搭載(BNC 75Ω/XLR3 110Ω切替)
  • 3G対応SDIインターフェイスを標準搭載
  • 外部シンク機能搭載(WORD/AES/BB/Tri-Level)
  • PC上の汎用ウェブ・ブラウザーからの設定/制御
  • 別売リモート・コントローラー『X*AP RM1』からの設定/制御
  • GPIインターフェイスを備え,プリセット切替などの外部制御が可能
  • パワー・サプライを2基搭載
  • 電源断時のリレー・バイパス機能あり
  • 『Spectral Signature™』ライセンスには非対応

easy_loudness_remote.gif