トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

Slim Line:Monitoring Audio Processor D*AP8 MAP EDITION

『D*AP8 MAP EDITION』は音声モニター・コントローラーとネットワーク化されたラウドネス測定機能,そしてオプションの Dolby® リアルタイム・メタデータ・エミュレーション機能とをひとつのユニットに統合した画期的なツールで,放送番組の制作やポストプロダクションや送出に携わる方々に包括的な品質管理とラウドネス監視機能をお届けします。

D*AP8 MAP Edition (front view)
Junger Dap 8 Rear

サラウンド(5.1/7.1)やステレオ・プログラムの品質管理(QC)をターゲットとした『D*AP8 MAP EDITION』は ITU-BS.1770 規格(改訂 1,2,3)や推奨慣行である ATSC A/85(2011/2013),ARIB TR-B32,Free TV OP-59,Portaria 354,EBU R128 を含むラウドネス規格や規制に基づいたリアルタイム監視やコンプライアンス測定が行えるように設計されています。

モニタリング・コントローラー
ラウドネス測定以外に『D*AP8 MAP EDITION』はモニタリング制御機能も提供します。この機能は代替スピーカーやフロントの左右スピーカーを通してのサラウンド・ダウンミックスのステレオ互換性のA/Bチェックが行えるように8本までのスピーカーをサポートします。Dolby® 制作ツールセットによって音声ストリームに対するリアルタイムの Dolby® メタデータ・エミュレーションが可能になりますので,家庭でリスナーが受ける印象をシミュレートすることができます。

SDIのサポート
2 基までの自動検出 3G/HD/SD-SDI インターフェイスを組み込むことにより,『D*AP8 MAP EDITION』は 16 チャンネルの SDI エンベデッド・オーディオへのアクセスを提供します。サードパーティ製の機材へ供給するために,エンベッド済みプログラムを『D*AP8 MAP EDITION』の AES 出力に送ることもできます。『D*AP8 MAP EDITION』の SDI ボードはエンベッダーとして使うこともでき,音声と映像との間のレイテンシーを補正するためのビデオ遅延を装備しています。

ラウドネス計測
番組がラウドネス規制に従っていることをチェックするために,本機は入力信号からラウドネスとトゥルー・ピーク・レベルを分析し,ネットワーク上にあるオプションの計測およびロギング・ソフトウェアへ測定データをイーサネット経由で転送します。この計測は GPI を介してオートメーション・システムによって,ネットワークを介して,あるいは『X*AP RM1』リモート・パネルから手動で開始することができます。『D*AP8 MAP EDITION』は既定の限度を超えた場合に SNMP または GPIO アラームを生成することもできます。

ラウドネスのロギング
オプションの『Loudness Logger』ソフトウェアによって番組の長期的なロギングと分析が可能になります。

システム統合
全システム・パラメーターはリモート・アクセスが可能ですので放送制御システムに本機を統合してリモート制御できます。

ウェブ・コンフィギュレーション
ウェブ・インターフェイスによって設定はネットワーク内のどこからでも簡単かつ直感的に行えます。

インターフェイスとシステム・セキュリティ
音声入出力の範囲はオンボードの AES I/O からオプションの 3G/HD/SD SDI I/O にわたり,ビデオ遅延やアナログ I/O も利用できます。リダンダント PSU を標準搭載し SNMP 統合機能も用意した本機は運用の安全性を最大限に高めます。

D*AP8 MAP EDITION Processing Block Diagram
D*AP8 MAP EDITION 処理ブロック・ダイアグラム

主な特長:

その他の特長:

アプリケーション:

『D*AP8 MAP EDITION』モニタリング・オーディオ・プロセッサーは MS Windows™ 用の『J*AM Application Manager』をサポートしています。

アクセサリー: