トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

Slim Line:Coding/Decoding Audio Processor D*AP8 CODEC EDITION

このコーディング/デコーディング・オーディオ・プロセッサー『D*AP8 CODEC EDITION』は従来の Dolby® コーディング/デコーディング・ハードウェアの置換となるべく Dolby® Labs との緊密な協力の下に開発されました。本機は圧縮音声とメタデータを扱うために必要なツールをモジュール形式のカスタマイズ可能なユニット内に収めています。

D*AP8 CODEC EDITION (front view) Junger Dap 8 Rear

Dolby® コーディング/デコーディング/トランスコーディングやリアルタイム・メタデータ・エミュレーションが必要な放送部門をターゲットとした本機は必要とする機能を十分に備えています。

Dolby® テクノロジー
『D*AP8 CODEC EDITION』は様々な Dolby® フォーマットを処理するのに必要なハードウェアとソフトウェアを提供します。基本ユニットは 8 つの AES/EBU 入出力および Dolby® デコーディング機能ならびにリアルタイム・メタデータ・エミュレーション機能を有します。必要に応じて希望する Dolby® フォーマット用のエンコーダー・オプションを追加してください。
サポートする Dolby® フォーマットは:
• Dolby® E
• Dolby® D
• Dolby® D+
• Dolby® Pro Logic II

SDI のサポート
2 基までの自動検出 3G/HD/SD-SDI インターフェイスを組み込むことにより,『D*AP8 CODEC EDITION』は 16 チャンネルの SDI エンベデッド・オーディオへのアクセスを提供します。サードパーティ製の機材へ供給するために,エンベッド済みプログラムを『D*AP8 MAP EDITION』の AES 出力に送ることもできます。『D*AP8 CODEC EDITION』の SDI ボードはエンベッダーとして使うこともでき,音声と映像との間のレイテンシーを補正するためのビデオ遅延を装備しています。

ラウドネス計測
番組がラウドネス規制に従っていることをチェックするために,本機は入力信号からラウドネスとトゥルー・ピーク・レベルを分析し,ネットワーク上にあるオプションの計測およびロギング・ソフトウェアへ測定データをイーサネット経由で転送します。この計測は GPI を介してオートメーション・システムによって,ネットワークを介して,あるいは『X*AP RM1』リモート・パネルから手動で開始することができます。『D*AP8 CODEC EDITION』は既定の限度を超えた場合に SNMP または GPIO アラームを生成することもできます。

ラウドネスのロギング
オプションの『Loudness Logger』ソフトウェアによって番組の長期的なロギングと分析が可能になります。

システム統合
全システム・パラメーターはリモート・アクセスが可能ですので放送制御システムに本機を統合してリモート制御できます。

ウェブ・コンフィギュレーション
ウェブ・インターフェイスによって設定はネットワーク内のどこからでも簡単かつ直感的に行えます。

インターフェイスとシステム・セキュリティ
音声入出力の範囲はオンボードの AES I/O からオプションの 3G/HD/SD SDI I/O にわたり,ビデオ遅延やアナログ I/O も利用できます。リダンダント PSU を標準搭載し SNMP 統合機能も用意した本機は運用の安全性を最大限に高めます。

D*AP8 CODEC EDITION Processing Block Diagram
D*AP8 CODEC EDITION 処理ブロック・ダイアグラム

主な特長:

その他の特長:

アクセサリー: