トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

企業情報 Top | ニュース | ユーザー・リスト | ユーザーの一言コメント集 | 導入事例

←プレス・リリース一覧に戻る

高岡ケーブルネットワーク株式会社 様に Jünger Audio ラウドネス・プロセッサーが採用されました

2013-08-01

富山県高岡市の CATV,高岡ケーブルネットワーク株式会社 様に JüngerAudio ラウドネス・プロセッサー『D*AP4 LM2-JS』が採用されました。

takaoka-catv1.jpgtakaoka-catv2.jpg

Jünger Audio 社のラウドネス・プロセッサーは,日本国内のラウドネス規格(ARIB TR-B23)に準拠し,独自のアルゴリズム『Level Magic II™』によって適正なラウドネス処理を自動で行うことができます。

導入時にはお客様の運用状況,ご要望をお聞きして,番組に合わせた音声の調整をさせていただきました。これによって適正かつナチュラルなプロセッシングを可能にしております。

導入前と比べても音質劣化はほとんど感じられないため,導入後もいままでの制作フローを変えることなく運用することができます。

さらに,ラウドネス勧告に対応するだけでなく,過大入力は抑えながら,小さなセリフなどの聞こえづらい音声をクリアにすることもできるため,結果として視聴者のみなさまに自然で安定した音声をお届けすることを実現しています。

takaoka-catv_logo.jpg
高岡ケーブルネットワーク株式会社
富山県高岡市昭和町1丁目2番10号