アルゴリズム解説

単にラウドネスだけではありません...
Jünger Audio の先進的なアルゴリズムは,アップミックスやイコライジング,フィルタリング,ダイナミクス等の処理をもカバーします。

Leveling

Level Magic™ Loudness Leveling

Level Magic™ Loudness Leveling

聴いても分からないような『Level Magic™』アルゴリズムを使ってラウドネスをフルに制御してください。『Level Magic™』が提供するテレビ放送とラジオ放送用のステレオ/サラウンドでの直感的かつ適応的ラウドネス処理はクラスをリードするものです。

内容に合った大きいまた小さなレベルのパッセージを損なうことがあってはいけませんが,心地よい再生レベルを見つけた後にボリューム・コントロールを再調節する必要性をリスナーに感じさせてもいけません。これこそ『Level Magic™』がその力を発揮するところです。

知覚されるラウドネス・レベルは既定目標値に合わせて自動的に調節されます。

Jünger Audio Leveler
Jünger Audio のレベラー動作概念図

このシステムは多段階で動作するように設計されています。第一段階は信号の短時間のバーストいわゆるトランジェントによる問題を扱う「Transient Processor」です。トランジェントはエネルギーをほとんど伝達しませんので知覚されるラウドネスへの影響は極めて限られています。

第二段階は全体的な信号エネルギーを均してラウドネスを一定にする「AGC(Adaptive Gain Control:適応的利得制御)」ネットワークです。入力されてくる音声信号にこのアルゴリズムが自身のパラメーターを自動的に適用させつつ,ユーザーはシステムの全体的な性格をリラックスしたものから攻撃的なものまで調節可能です。これによってポンピングやブレシングのような人工的な副産物なしにあらゆる条件下で最高の性能を確実に発揮させることができます。

『Level Magic™』テクノロジーの効率の良さと優れた音質は世界中で 25,000 例を超える設置で実証されています。

『Level Magic™』は 1 つの連続音声ストリームや切り替える複数ソースに一貫性を作り出すのに使用でき,また適応的な能力ゆえに,声や楽器の入力のような単一チャンネルのソースだけではなく,機能の決まっているバスやマルチチャンネル出力にも適しています。

『Level Magic™』は無人で自動動作するように設計されていますが,自動または手動のパラメーター調節と制御も可能ですので,スタジオからライブ制作や放送のマスター・バスや分配経路,消費者のセットトップボックスや再生装置,PA システム等までにわたる様々な用途に使うことができます。

『Level Magic™』はほぼあらゆる国内/国際的ラウドネス規制や要件に準拠するプロフィールを備えています。このような規制の大半は,地域的な規格すべてが必ず 1 つの共通な基盤に立つように,知覚されるラウドネスの計測の基本的な方法を記述する ITU 勧告 ITU-R BS.1770 に基づきます。

あるいは規格の準拠が不要な場合は『Level Magic™』アルゴリズムは特許取得の強力な「Level Mode」で動作することができます。

複数のソースの場合,全入力チャンネルが Level Mode で動作するインスタンスと,サミングされた出力側でのラウドネス規格の平準化インスタンス 1 つとを組み合わることで優れた結果を生み出すことができます。

『Level Magic™』の主な特長

  • 高性能のラウドネス管理
  • 邪魔になる副産物のない優れた音質
  • スタンドアローン運用に最適
  • 国際的なあらゆるラウドネス規制に最適化済み
  • ITU-R BS.1770(全バージョン),EBU R128,ATSC A/85,ARIB TR-B32,Free TV OP-59,Portaria 354 他に準拠

関連製品

Audio Leveler

Audio Leveler

ハイファイ再生装置のある静かなリビングルームであれ,移動中や車中でのモバイルであれ,どんな条件下でも快適に聴くことができるようにするには,処理が耳につかない Jünger Audio のレベラー・アルゴリズムを用いてレベルを制御してください。

Jünger Audio Leveler
Jünger Audio のレベラー動作概念図

内容に合った大きいまた小さなレベルのパッセージを損なうことがあってはいけませんが,心地よい再生レベルを見つけた後にボリューム・コントロールを再調節する必要性をリスナーに感じさせてもいけません。これこそ『Level Magic™』がその力を発揮するところです。

音声ソースの知覚されるレベルは,特許取得の強力な「Level Mode」で動作する『Level Magic™』アルゴリズムによって既定目標値に合わせて自動的に調節されます。

このシステムは多段階で動作するように設計されています。第一段階は信号の短時間のバーストいわゆるトランジェントによる問題を扱う「Transient Processor」です。トランジェントはエネルギーをほとんど伝達しませんので知覚されるラウドネスへの影響は極めて限られています。

第二段階は全体的な信号エネルギーを均してラウドネスを一定にする「AGC(Adaptive Gain Control:適応的利得制御)」ネットワークです。入力されてくる音声信号にこのアルゴリズムが自身のパラメーターを自動的に適用させつつ,ユーザーはシステムの全体的な性格をリラックスしたものから攻撃的なものまで調節可能です。これによってポンピングやブレシングのような人工的な副産物なしにあらゆる条件下で最高の性能を確実に発揮させることができます。

『Level Magic™』テクノロジーの効率の良さと優れた音質は世界中で 25,000 例を超える設置で実証されています。

『Level Magic™』は 1 つの連続音声ストリームや切り替える複数ソースに一貫性を作り出すのに使用でき,また適応的な能力ゆえに,声や楽器の入力のような単一チャンネルのソースだけではなく,機能の決まっているバスやマルチチャンネル出力にも適しています。

『Level Magic™』は無人で自動動作するように設計されていますが,自動または手動のパラメーター調節と制御も可能ですので,スタジオからライブ制作や放送のマスター・バスや分配経路,消費者のセットトップボックスや再生装置,PA システム等までにわたる様々な用途に使うことができます。

複数のソースの場合,全入力チャンネルが Level Mode で動作するインスタンスと,サミングされた出力側でのラウドネス規格の平準化インスタンス 1 つとを組み合わることで優れた結果を生み出すことができます。

『Level Magic™』の主な特長

  • 高性能のラウドネス管理
  • 邪魔になる副産物のない優れた音質
  • スタンドアローン運用に最適
  • 国際的なあらゆるラウドネス規制に最適化済み
  • ITU-R BS.1770(全バージョン),EBU R128,ATSC A/85,ARIB TR-B32,Free TV OP-59,Portaria 354 他に準拠

関連製品

Voice Leveler

Voice Leveler

どんなに経験豊富なプレゼンターでもときには声の音量が変わってしまうことがあります。スポーツのコメンタリーならば声のレベルが変わらないなどと言うのはまずあり得ません。ラウドネス制御された番組作りを支援するために,番組の他の要素と組み合わせる前に声の成分を整えるのにボイス・レベラーを使うことができます。

Jünger Voice Leveler and Voice Audio-Processor at The Voice Of China (Mr. Lou Wei  with Sound Engineer)
The Voice Of China での Jünger Audio ボイス・レベラーとボイス・音声プロセッサー(Lou Wei 氏とサウンド・エンジニア)

音声ソースの知覚されるレベルは,特許取得の強力な「Level Mode」で動作する『Level Magic™』アルゴリズムによって既定目標値に合わせて自動的に調節されます。このシステムは多段階で動作するように設計されています。

第一段階は信号の短時間のバーストいわゆるトランジェントによる問題を扱う「Transient Processor」です。トランジェントはエネルギーをほとんど伝達しませんので知覚されるラウドネスへの影響は極めて限られています。

第二段階は全体的な信号エネルギーを均してラウドネスを一定にする「AGC(Adaptive Gain Control:適応的利得制御)」ネットワークです。入力されてくる音声信号にこのアルゴリズムが自身のパラメーターを自動的に適用させつつ,ユーザーはシステムの全体的な性格をリラックスしたものから攻撃的なものまで調節可能です。これによってポンピングやブレシングのような人工的な副産物なしにあらゆる条件下で最高の性能を確実に発揮させることができます。

『Level Magic™』テクノロジーの効率の良さと優れた音質は世界中で 25,000 例を超える設置で実証されています。

『Level Magic™』は1つの連続音声ストリームや切り替える複数ソースに一貫性を作り出すのに使用でき,また適応的な能力ゆえに,声や楽器の入力のような単一チャンネルのソースだけではなく,機能の決まっているバスやマルチチャンネル出力にも適しています。

『Level Magic™』は無人で自動動作するように設計されていますが,自動または手動のパラメーター調節と制御も可能ですので,スタジオからライブ制作や放送のマスター・バスや分配経路,消費者のセットトップボックスや再生装置,PA システム等までにわたる様々な用途に使うことができます。

複数のソースの場合,全入力チャンネルが Level Mode で動作するインスタンスと,サミングされた出力側でのラウドネス規格の平準化インスタンス 1 つとを組み合わることで優れた結果を生み出すことができます。

『Level Magic™』の主な特長

  • 高性能のラウドネス管理
  • 邪魔になる副産物のない優れた音質
  • スタンドアローン運用に最適
  • 国際的なあらゆるラウドネス規制に最適化済み
  • ITU-R BS.1770(全バージョン),EBU R128,ATSC A/85,ARIB TR-B32,Free TV OP-59,Portaria 354 他に準拠

関連製品