Songwriting Camps - Stockholm

2017-04-03

この数ヶ月にわたってパリ,ロンドン,ストックホルムでのキャンプに『8000』シリーズおよび『M』シリーズ・スタジオ・モニターを提供/セットアップすることで GENELEC は《Songwriting Camps》をサポートしていました。

2015 年にスウェーデンのソングライター/プロデューサー Niclas Molinder 氏によって(Bjorn Ulvaeus,Max Martin 両氏の初期サポートも得て)始められたこのキャンプでは,世界中からソングライターやプロデューサーを選抜し,創造力を集中的に爆発させて一緒に作曲・録音してもらいます。直近のストックホルムでのキャンプは今までの最大規模で,12 ヶ国からの 45 人のライターとプロデューサーがこの街の有名な Pop House Hotel に5日間集いました。今までの参加者には,Katy Perry,Sam Smith,Lorde,Ed Sheeran といったアーティストたちための曲の制作に関わった人々も含めて,Maegan Cottone(英国),Neiked(スウェーデン),Kream(ノルウェー),Tamas Molnar(ハンガリー),Hitimpulse(ドイツ)もいます。

各キャンプでは参加者たちは通常はソングライター,プロデューサー,ボーカリストの3つのグループに分かれます。そして各グループは1日一緒に作業を行い,その後,解散して翌日に音楽的に協力しあうための新しいグループを作ります。新しいグループはそれぞれ「プロデューサー・ルーム」に腰を据えます。そこは曲を捉えて発展させられるようにノートパソコンを使ったレコーディング・システムが設置されたホテルの一室で,このような所にこそ GENELEC のモニター・キャリブレーション機能が欠かせません。

大抵,ホテルの部屋は広さや形や装飾が異なり,また録音システム全体(モニターも含めて)を一般的なテーブルの上に置かざるを得ませんが,キャンプの技術マネージャー Fredrik ‘Polen’ Kurzawa 氏は GENELEC モニターの各ペアを背面のルーム・レスポンス・スイッチを使って個々の部屋に素早く適合させることができました。テーブル上に載せることだけではなく,ほとんどのモニターは壁や部屋の隅の近くに配置せざるを得ません。こうすると低域レスポンスをかなり持ち上げてしまうことになりますので,ルーム・アコースティクスの難点を克服できるようにモニターのレスポンスを調整できる能力は貴重です。

Kurzawa 氏自身が次のように報告していますので,とても上手く機能したようです:「ライターたちが作業している最中のほとんどのプロデューサー・ルームをチェックする機会がありましたが,皆サウンドを気に入っていました。良い感想しか返ってきません」。キャンプ・オーガナイザーの Laura Tomlinson 氏のコメントもこのことを反映しています:「このようなホテルの環境で曲を書くことは,頼れる音の基準を提供できだけではなく,雰囲気を醸し出したりクリエイティブなプロセス全体を鼓舞するようなモニターを必要とします。当キャンプの参加者たちから寄せられたレポートからは GENELEC モニターはピンポイントの精度を提供しただけではなく,どんな音量でも素晴らしいサウンドがしたことを確信できます」。

将来,オーストラリアやアジアや米国でのキャンプも計画されており,GENELEC は《Songwriting Camps》チームとの末永い良好な関係を楽しみにしています。

直近のストックホルムでのキャンプのハイライト:

さらに詳しくは:Songwriting Camps