GENELEC SAM™ Studio Subwoofers

7350a
7350A
7360a
7360A
7370a
7370A

GENELEC の『SAM™』スタジオ・サブウーファーは要求の極めて厳しいプロフェッショナルなモニタリング環境内でスマート・アクティブ・モニター(SAM™)をサポートするものです。

『SAM™』スタジオ・サブウーファーは効果を実証されている『LSE™』(Laminar Spiral Enclosure:積層スパイラル・エンクロージャー)テクノロジーを採用して作られており,高いダイナミック能力を備えて歯切れの良い正確な低域再生が可能です。また,マルチチャンネルのベース・マネジメント・システムを搭載しており,メイン・モニター・システムとのクロスオーバー周波数を調節することができます。

『SAM™』スタジオ・サブウーファーは GENELEC 独自のスピーカー管理ネットワークおよびソフトウェア(『GLM™』)を使って制御されます。GLM™ ソフトウェアは自動音響キャリブレーション『GLM AutoCal™』を含んでいます。これはモニタリング・セットアップ内の各モニターとサブウーファーの測定と音響特性の分析,そして個別調整一式を行う業界初の統合されたキャリブレーション処理です。

ルーム・アコースティクス・デザインの質は正確な再生の基盤です。音響的な問題点を抱える部屋であっても,GENELEC のインテリジェントな『GLM AutoCal™』テクノロジーはリスニング環境の短所を補正することでモニタリング精度を改善できます。サブウーファー帯域での室内の残響の影響は音響的に優れた部屋においても非常に重要なことがあります。自動キャリブレーション後,システム内の全コンポーネントは同一のレベルで再生を行い,サブウーファーの音響的なカラーレーションはイコライゼーションによって除去され,サブウーファーはリファレンス・モニターと正しい位相関係に合わされています。

GENELEC のインテリジェントな『GLM AutoCal™』テクノロジーは音響的に難点のある部屋内でもモニタリングの精度を改善できます。『SAM™』スタジオ・サブウーファーはリスニング環境の短所を補うことができます。これは複数のリスニング・ポジション,あるいは選択した1つのリスニング・エリアに対して行うことができます。

『SAM™』スタジオ・サブウーファー・システムは使い易いだけではなく様々な設定に対応でき,どんな環境にも音響的に適応して信頼できるクリアで精緻でニュートラルなサウンドを生み出します。GENELEC『SAM™』は今日利用できる最も先進的なモニタリング・テクノロジーです。