OTARITEC_LOGODB_LOGO

製品導入事例一覧に戻る

サンケイホール「ブリーゼ」様に d&b audiotechnik『Q-Series』が導入されました

2009-01-23

2.jpg

サンケイホール 様がサンケイホール「ブリーゼ」としてオープンしました。ブリーゼとは「そよ風」のこと。1952 年に開場し,大阪の劇場文化の基礎を創ったサンケイホール 様が d&b audiotechnik『Q-Series』と共に生まれ変わりました。

4.jpg

プロセニアムには『Qi1』×5 とダウンフィルとして『Qi7』が自動昇降機構にフライングされ,メンテナンスを容易に行えます。ミキシング・コンソールには DigiDesign Profile が導入され,『D12』まで AES/EBU でデジタル接続されています。

3.jpg

サイドカラムにも『Qi1』×3 本がフライング,1F 向けに『Qi1』×2+『Qi-SUB』がスタックされ,別にニアフィールドとして『Qi7』,ステージ・フロントに『E0』×5 がインストールされ,2F 奥から最前列まで会場内をまんべんなくカバーしています。

音響室バックとステージ袖のアンプ・ラックまで CAN-BUS ネットワークが構築され,音響室や客席内で『R1』コントロール・ソフトウェアからアンプをネットワーク監視できます。

1.jpg

ステージ・スピーカーとして『Q-Series』や『J-SUB』,『MAX』Monitor なども常備され,和物や講演会,コンサートからイベントまで対応します。

logomono.jpg

サンケイホール ブリーゼ
〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F
営業時間 11:00〜18:00
Tel 06-6341-8888(11:00〜18:00)
Web Site http://www.sankeihallbreeze.com