OTARITEC_LOGODB_LOGO

製品導入事例一覧に戻る

茨城県立県民文化センター 様に d&b audiotechnik が採用されました

2007-06-07

hall.JPG

茨城県立県民文化センターの大ホール改修工事に伴い,d&b audiotechnik『Qi Series』が選定されました。『Q1』の設備仕様である『Qi-Series』は特殊金具によって『Q1』と『Q7』が混在する様々な角度に対応できます。

mix.jpg

プロセニアム LCR に『Qi1』×3 +『Qi7』+『Q-Sub』,サイド LR に『Qi1』×3 +『Qi-Sub』×2,移動型サイド FB として『Q7』+『Q-Sub』が 4 セット,ステージ・フロントに『E0』が導入されました。

rope.JPG

音響室からアンプ・ラックまで CAN-BUS ネットワークが構築され,音響室からすべてのシステムの状態を把握してコントロール/シーン・チェンジが可能です。

デジタル・コンソールには Stagetec Aurus が採用され,d&b『D12』DSP アンプまで 24 ビット 96 kHz AES/EBU でデジタル接続され,驚異的な S/N を達成しています。

logo.jpg

茨城県立県民文化センター
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保697番地
Tel 029-241-1166 Fax 029-244-4747
Web Site http://www.ibarakiken-bunkacenter.com