OTARITEC_LOGODB_LOGO

製品導入事例一覧に戻る

府中の森芸術劇場に d&b audiotechnik『Q-Series』,『T-Series』が導入されました

2011-10-15

府中の森芸術劇場がリニューアルされ,d&b audiotechnik のスピーカーが導入されました。

大ホールにあたる「どりーむホール」に採用されたのが『T-Series』です。プロセニアムには『T10』のアレイ+『T-SUB』,客席前列をカバーする『Q10』がフライングされ,メンテ時に昇降する開口内に収められています。

dream1.jpgdream2.jpg

中ホールにあたる「ふるさとホール」にはプロセニアム LCR に『Q7』,サイドには『T10』+『T-SUB』に加え,国内初導入となる『E6』スピーカーがインフィルに導入されました。

furusato1.jpgfurusato2.jpg

両ホールとも d&b audiotechnik『D12』,『D6』DSP アンプで統一され,CAN-Bus 経由でシステムのコントロール・監視ができるようになっています。
他にも移動型システムとして『Q-Series』,『MAX12』モニターが用意されています。

wean.jpg

音楽ホールにあたる「ウィーンホール」には移動型で『E6』スピーカーが導入されました。

view.jpg

府中の森芸術劇場
〒183-0001
東京都府中市浅間町 1-2
Web Site http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/index.html