PRODUCT

RIEDEL製品のクリーニングおよび消毒に関するご案内

2020-04-16

本資料はRIEDEL製品をクリーニングし,細菌やウィルス感染症のリスクを下げるためのアドバイスをご提供するものです。
しかしながら,RIEDEL社は,すべての細菌やウィルスを除去するための手順や液体の有効性を保証するものではございませんので,ご留意願います。

予防のために
予防対策は必ず行うことをお薦めいたします。詳しくは世界保健機関のホームページをご確認ください。
一般的には,こまめに手洗いをし,くしゃみや咳をする際には表面や機器の汚染を減らすために,ハンカチなどを口に当ててください。汚れが少ないほど掃除も少なくて済みます。

返却された商品(レンタル品)の検疫について
もし,RIEDEL製品をレンタル機材として貸している場合は,各機材が返却された後に検疫をするのが良い習慣です。
機器の表面上の細菌やウィルスの場合は,これにより感染のリスクを大幅に減らすことができます。

クリーニングについて
RIEDEL製品のクリーニングと消毒は,常識的なルールに従って行ってください。

適切なクリーニング液,消毒液について
各液は目的に応じて選択してください。

1)クリーニング液
きれいな水または蒸留水を使用してください。石鹸か穏やかな家庭用洗剤を加えることは有益かもしれません。

2)消毒液
脅威となる細菌やウィルスによって適した液体が異なります。

下記のどちらの液体もアルコールですので,アクリルガラスに使用したり,印刷やタイプのラベルシールの部分に強くこすったりしないでください。
下記の消毒液に関しては,無線機,ヘッドセット,インカムパネル,BOLEROベルトパック本体に使用しても問題ないことは確認済みです。

不適切な液体について
アセトン(プロパノン),ベンゼン,トルエン,酸類(クエン酸など),塩素,過酷な洗浄剤や研磨剤,腐食性のある液体は使用しないでください。

※この案内はRIEDEL本社(ドイツ)から発信されたものです。記載されているクリーニング液や消毒液に関しては,日本の法令に基づき,ご使用願います。

top_arrow.png
PAGE TOP