PRODUCT

RIEDEL,最新ワイヤレス・インカム・ソリューション『Bolero』を発表

2017-05-29

〈Prolight & Sound 2017〉にて Riedel Communications は最新ワイヤレス・インカム・ソリューション『Bolero』を発表しました。『Bolero』はライセンスフリーの 1.9 GHz 帯を利用する拡張可能な DECT ベースのフルローミング・インカム・システムです。RIEDEL『Artist』デジタル・マトリクス・インカム・プラットフォームと完全に一体化される『Bolero』は,優れたワイヤレス・ベルトパックとしてまたワイヤレス・キーパネルとして,そして業界初でウォーキートーキー無線機としての3通りの使い方を実現できる豊富な機能と接続能力を備えます。

『Bolero』は AES67 規格準拠の IP ネットワーク上で動作します。分散型アンテナが AES67 スイッチに次いで AES67 クライアント・カード搭載の『Artist』フレームにつながって,シームレスなローミング能力を持つ一体型の1対1インカム・システムとなります。システムにとってベルトパックは RIEDEL 製のパネルのように見えますがそれはワイヤレスであり,柔軟にシステムを構築することが可能になっています。

明瞭度の高い『Bolero』のボイス・コーデックは優れた了解度を実現し,RF スペクトルをさらに有効利用できるようにして,他の DECT ベースのシステムと同じ音声帯域幅でアンテナが2倍のベルトパックを扱えるようにしました。このコーデックは優れた遅延特性を持つと同時に処理パワーを極めて効率的に利用し,ベルトパック・バッテリーの持ち長くし,DSP の処理パワーを他の機能用にセーブすることができます。

『Bolero』は,マルチパス RF 反射感度を下げるように特に設計されたダイバーシティ受信回路技術である RIEDEL 独自の ADR(Advanced DECT Receiver)技術を採用して,他のシステムが大いに苦労するような難しい RF 環境でもこのシステムを使えるようにしています。

「『Bolero』を設計するにあたり,私たちは使う人ができる限り楽になるようにしたいと思いました。登録はユーザーにベルトパック・メニューに入り込んで,ベルトパックがアンテナに登録されるように PIN コードを入力することを要求するような複雑な手順になりがちです。この作業はベルトパック毎に優に2分掛かることもあります。25 個のベルトパックにこれを行うことを考えてみてください」と Riedel Communications のプロダクト・マネジメント・ディレクター Jake Dodson。「『Bolero』はベルトパックとアクティブ・アンテナの両方に NFC 技術を実装しています。ユーザーがベルトパックでアンテナにタッチするだけで登録手順は完了します(NFC 認証)」。

ベルトパックは Bluetooth 4.1 をサポートし,Bluetooth ヘッドセットやスマートフォンを接続できます。スマートフォンをつなげばベルトパックは車載ハンズフリー・セットアップのように動作でき,ユーザーは自分のスマホでコールを受けて自分のベルトパック・ヘッドセットを介して通話可能です。またユーザーは電話をかけてその通話先の人物をインカム・マトリクスにつなぐことができます。

レンタル分野での RIEDEL の広範な経験に基づき,ベルトパックは耐衝撃性樹脂とゴムのオーバーモールドを含めて第一級の素材を組み合わせて使用して人間工学に基づいた使い勝手の良いタフな装置に仕上がっています。ディスプレイはどの向きからも読み易いように反転できます。

ベルトパックには6つのインカム・チャンネルそれぞれ用に6個のボタンが,またそれとは別に最後にコールされたチャンネルに簡単に応答できる REPLY ボタンがあります。そして,業界初のこととしてこのベルトパックはヘッドセットなしに内蔵マイクとスピーカーを使ってウォーキートーキー無線機のように使用できます。

「『Bolero』はワイヤレス・インカム・システムというカテゴリーのあり方を変えてしまうでしょう」と Riedel Communications 社長 Thomas Riedel は言います。「沢山の時間と労力が『Bolero』の開発の各段階に投入されています。設計のあらゆる面に触れる正に徹底的な開発でした。BBC さんがすでに『Bolero』のワイヤレス・コンセプトに基づいて新しいスタジオ・インカム・システムを作っているとご紹介できて誇りに思います」。

『Bolero』製品紹介ページ

top_arrow.png
PAGE TOP