PRODUCT

Point Source Audio 社のマイクを《王様と私》に使用

2015-06-05 原文の公開2015-05-12

サウスイースト・ミズーリ州立大学が制作した 52 人の出演者を擁する大規模なミュージカル《王様と私》で Point Source Audio(PSA)社の SERIES8 が活躍しました

king_I_kids.jpg

サウスイースト・ミズーリ州立大学(SEMO)の技術監督で照明デザイナーでもある Jonathan Allender-Zivic 氏が初めて PSA 社のマイクを使ったのは 2014 年に開催されたあるカンファレンスでした。評価を行った後,SEMO の「Holland School of Visual and Performing Arts」は感銘を受けて,学園での来たるべき制作のために最終的に同社の SERIES8 ヘッドセットおよび耳掛けマイクを大量に購入したのでした。

2015 年 2 月,《王様と私》のメイン・ステージ制作に際してマイクには厳格なロード・テストが行われました。出演者は 52 人で子供たちも含み,ステージ・クルーは 20 人を要しました。「照明も大がかりでしたし,900 席がすべて埋まっていました」と同氏。「すごく重くてとても暑い衣装を着た何人かの俳優は暑くて汗だくでしたが,汗でマイクを落とした人はいませんでしたし,マイクを正しい位置に固定するのに顔面へのテープ止めに頼りませんでしたので,汗でテープが剥がれるということはありませんでした」。予算制約の非常に厳しいこの時代にひとつのマイクも紛失しなかった──過去の制作では起きていたことですが──ことに同氏は大満足です。

SEMO にはミュージカル・シアター,ダンス,デザイン/テクノロジー等で 160 の専門コースを提供する Bachelor of Fine Arts(美術学士)課程があり,この部門は毎年メイン・ステージでミュージカルを 2 作,ダンス・コンサートを 2 回,演劇を 2 回,また学生による小舞台作品を上演しています。新たなマイクを選ぶにあたって,もちろん音質は大切でしたが,この機材購入にとっては耐久性が最重要でした。予算上の制約のため Allender-Zivic 氏は交換用マイクを買う余裕はありませんでした。

PSA のマイクは目立つことはないでしょうが優れた性能を持っています。同シリーズのマイクは IP57 レーティングです。つまり高い防塵・防水機能を有し,水深 1 メートルに最長 30 分沈められていた後でも正しく動作します。同氏は PSA のマイクが今まで使ったことのある他のブランドのヘッドセット・マイクよりも耐久性が高く柔軟である点を気に入っています。「良くある故障箇所はブーツ部(ケーブルの付け根)ですが,PSA のものはこの致命的な接続部分がはるかに丈夫です。耳の後ろの接続部も同様に頑丈だと言えます」と同氏。

どの演者に片耳掛けマイクを,または両耳掛けヘッドセット・マイクを装着するかの判断は主に衣装と頭髪に拠っていました。良く動き回る人物は両耳掛けヘッドセット・マイクを着けました。Allender-Zivic 氏曰く「フィッティング作業はほどんど不要でした──舞台の最後まで正しい位置に着いていました。耳掛けマイクは耳に良く固定されていましたので耳の後ろと首の付け根でテープ止めを行いました。使ったことのある他のブランドのものはもっと飛び撥ねてしまい,柔軟性も装着し易さもそれほど良くありませんでした。本当は両耳掛けヘッドセットのマイクの方が望ましいのですが,予算の都合で片耳掛けと両耳掛けを混ぜて購入しました。頭を剃った王様役には視覚的に片耳式がピッタリでした」。

今回は PSA マイクのみに頼った SEMO の初めての制作でしたが,この決断によって音質に関して過去にあった多くの問題が解消されたのでした。SEMO は今秋の《アダムズ・ファミリー》と次春の《踊る大紐育(オン・ザ・タウン)》に PSA マイクを再び使用する予定です。

top_arrow.png
PAGE TOP