トップへ戻るhome
たんば田園交響ホール 様に d&b audiotechnik 導入

2005-02-17

hall.jpg

ホール内部

兵庫県篠山市のたんば田園交響ホール 様に d&b audiotechnik が導入されました。2000 年に移動型で PM1D を導入し,今回は出力系の更新で Q1 Linarray が採用されました。

prosenium_front.jpg

専用連結金具で美しいアレイを組んだプロセニアム Ci60,Ci90 ラウドスピーカー

tanba.JPG

サイドカラムからスタックしたまま持ち出して移動用システムとしても使える Q1 Linearray System

導入に至るまで数社のシステムを試聴し,d&b の音質,省電力ハイパワー,PM1D と D12 デジタル・アンプとの完全デジタル接続環境が決め手になり,d&b が選ばれました。プロセニアムには Ci60/90,サイドカラムには Q1 Linearray が選択され,ステージ・フロントには E0 が採用されました。同ホールは篠山市民ミュージカルの自主公演を行い,地方ツアーが計画されるまでになっており,大道具や音響システムごとツアーにでかけています。

mixingroom.JPG

音響室に追加導入された CS1D コントロール・サーフェス

今回の改修で CS1D コントロール・サーフェスが追加導入されて音響室に配置されました。移動型コンソールを使用していても音響室とまったく変わらない環境で操作でき,PM1D は d&b audiotechnik D12 DSP 内蔵アンプ・プロセッサーと AES/EBU のままステージ側のアンプに接続され,入力からスピーカー近くのアンプまで完全なデジタル環境が構築されています。Q1 のウェーブ・ガイドに耳をあてても気にならない完全デジタル環境の残留ノイズには圧倒されます。

mobile_cs1d.JPG

音響室とリンクされた移動型 CS1D コントロール・サーフェス

amp.JPG

Rope から監視/コントロールされるアンプ・ラック

RopeMonitor640.jpg

クリックすると元画像が表示されます

すべての d&b アンプは Rope C 上でコントロール/監視できます。アンプ以降のシステムや通信に異常があった場合,ポップアップでエラー・メッセージを出すことができ,テキスト・データでログをとることもできます。All Power や All Mute など重要なボタンに関しては押した瞬間に確認メッセージが出てきて操作ミスによるトラブルも回避できます。

市民ミュージカルや様々な催しものに対応するために移動型で MAX×4,E3×6 をパイプ・クランプに吊ったり,スタンドに立てて使用することもできます。すべて E-PAC DSP アンプでドライブされ,どのアンプでもすべてのスピーカーを鳴らすことができます。

たんば田園交響ホール音響システム

  • プロセニアム:Ci60 Loudspeaker,Ci90 Loudspeaker
  • サイドカラム:Q1 Linearray × 4,Q-Subwoofer × 6
  • ステージ・フロント:E0 Loudspeaker × 4
  • 移動用:MAX Monitor × 4,E3 Loudspeaker × 6
  • DSP 内蔵アンプ・プロセッサー:D12 DSP Amp controller × 3,E-PAC DSP Amp controller × 12
  • アンプ監視/コントロール・システム:CAN Rope Amp remote software with Remote PC system

LOGO

たんば田園交響ホール
〒669-2332 兵庫県篠山市北新町41
Web Site http://www.city.sasayama.hyogo.jp/denen/