トップへ戻るhome
劇団☆新感線 様 d&b audiotechnik Q1 Linearray System を導入

2005-01-31

stage_view.jpg

劇団☆新感線 様のサウンド・デザインを手がける井上哲司様が Q1 Linearrary System を導入し,ロック・ミュージカル「SHIROH」にて使用されました。2004 年 12 月の帝国劇場公演,2005 年 1 月の梅田コマ劇場公演は大好評のうち完了しました。

Q1 ラインアレイ・モジュールを 6 本,トップに Q-SUB×2 本をフライングし,上下レイヤー内に C7-SUB×4 本と 1F 前を C7-TOP がカバーしています。

front_view.jpg

FOH System:Q1×12・Q-SUB×4・C7-TOP×2・C7-SUB×8

客席最前列にはブロードウェイやウェストエンドで定番化している E3 を 6 本並べ,すべての客席で明瞭なセリフを再生。ステージ前には MAX×4 本がメインフット・モニターとしてセッティングされ,サイドフィルに C7-TOP,後方サイドフィルに C6×4 本でカバーされ,複雑な舞台上を綿密なプランの元でセッティングされています。

Stage Front:E3×6
Foot Monitor:MAX×4
Side Fill:C7-TOP×2・C6×4,etc.

mixing_booth_view.jpg

FOH:DM2000・O2R96・PM3500,Monitor Console:DM2000・ML5000

logo.jpg