トップへ戻るhome
KIM 様に d&b audiotechnik MAX Monitor が導入されました

2005-06-23

stage.jpg

「河口恭吾 Live Tour 2005〜旅する十月の息子〜前編」では,KIM PA 事業部 様で御導入頂きました d&b 社のステージ・モニター・スピーカー MAX が使われております。ツアー中盤の 6 月 12 日(日)に富士山のふもと,御殿場市の御殿場市民会館にて行われたライブ会場へお邪魔致しました。

梅雨の最中ということもあり,残念ながら雄大な富士山をのぞむことはできませんでしたが,天気はそれなりに良く,絶好のライブ日和になりました。「音質が良く,アコースティックな音にはちょうど合っている」とモニター・エンジニアの矢野桂一様(KIM)の評価です。また,専用アンプ・プロセッサーを使わずに使用できる 15 インチのモニターであることなどが選ばれた要因のひとつのようです。KIM 様には MAX を 6 本御導入頂き,現在様々なツアーにてお使い頂いております。

drm.jpg

左:ギター用モニター,右:ドラム用モニター

amp.jpg

左:ベース用モニター,右:アンプは CARVER-PM1205 を使用

Live Tour 2005〜旅する十月の息子〜前編
House Engineer 大沢 啓孝 様(ケネックノック)
Monitor Engineer 矢野 桂一 様(KIM)

kim.jpg

KIM(ケーアイエム)PA 事業部
東京都世田谷区奥沢5-2-10
Tel 03-3723-9387 Fax 03-3718-5445