トップへ戻るhome
各務原市民会館様に d&b audiotechnik と RIEDEL RockNet が導入されました

2013-07-18

1.jpg

2.jpg

プロセニアムには,T10 x 6 本がフライングされ全域をカバーしています。サイドには遠距離用として 12S ,近距離用として 12S-D(広指向性タイプ)と 18S-SUB サブウーハーが採用されました

3.jpg

プロセ・サイドから死角となってしまう場所に T10 ポイントソースが設置されました。T10 は,真ん中にあるホーンを回転するのと音響レンズの組み合わせによりラインアレイ・ポイントソースの両方で使えることが特徴です。固定 PB には 8S が採用されました。

4.jpg

移動型スピーカーには,T10 x 3 と B4-SUB x 2 対向が採用されました。B4-SUB は,世界初のパッシブカーディオイドサブウーハーで,アンプ 1ch でカーディオイドを形成すべくフロントユニットとリアユニットをドライブします。カーディオイドにより,ステージ上の Low の回り込みが激減されています。
これら全ての d&b audiotechnik 社のスピーカーは D12 / D6 のいずれかでドライブされています。

5.jpg

国内のホールとしては,初の導入となった RockNet。デジタル音声ネットワークを導入するにあたって最も重視されたのは,高い安定性です。ワイヤレスマイク・三点吊マイク・エレベータマイクという最も使用頻度が高い入力系統からメインコンソール〜デジタルプロセッサー〜サブコンソールまで正にホールの中核システムとして使用されています。

6.jpg

音響室のモニタースピーカーには,GENELEC 8030A が採用されました。

7.jpg

各務原市民会館
〒504-0813 岐阜県各務原市蘇原中央町2丁目1番地8
Tel 058-389-1818 
Web Site http://www.kakamigahara-bunka.jp/